FC2ブログ

    ソーシャルレンディング2019年12月募集額発表 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング2019年12月募集額発表

    ソーシャルレンディング2019年12月募集額発表


    元気のある業者のおかげでソーシャルレンディング市場は回復傾向


    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)2019年12月の募集額発表を行います。

     なお、明日(2020/1/12)にはここ5年の各投資型クラウドファンディングの募集額全般も交えた考察発表を予定しています。お読みいただければば幸いです。

    ソーシャルレンディング2019年12月募集額実績

     2019年12月の募集額は124億9,352万円となりました。2ヶ月連続で100億円超えをするのは2019年3、4月以来です。2019年に入ってから3ヶ月連続で100億円を超えたことがありません。ぜひ、2020年は頑張って欲しいです。

     日経ウーマンのように、投資商品において安全さが重視される雑誌でソーシャルレンディングが取り上げられる、(maneo以外では)期失がこのところ報告されていないなど、ソーシャルレンディングは落ち着きを取り戻しているかのようです。このまま回復していくことを期待です。

     クラウドバンクの募集額が52億6,374万円と大変好調であり、過去最大の月募集額となりました。また4ヶ月連続で月募集額が首位となりました。老舗の実績。投資したい時にいつでもファンドが用意されていることが、募集額に大きく貢献しているものと思われます。

    クラウドバンク公式サイトへ

     SBIソーシャルレンディングもなかなか好調です。ただ、狙い目のオーダーメイド型ファンドがすぐに埋まってしまい、常においしいファァンドが用意されているわけではないことが一番を維持できない理由かもしれません。

     私もこのところオーダーメイド型ファンドのクリック合戦には立て続けに敗れております。しかし、めげずにがんばります。

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ

     クラウドクレジットの募集額は当ブログの集計では13億4,550万円となり、これまた過去最大記録です。なお、1月6日に投資家に送られてきたクラウドクレジット坂本隆宣CFOからのメールではファンド販売額は16.8億円で過去最高とあります。

    もちろん、16.8億円の方が公式記録です。

    クラウドクレジット公式サイトへ

    1月6日に投資家に送られてきたクラウドクレジット坂本隆宣CFOからのメール

    日頃よりクラウドクレジットをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

    クラウドクレジットCFOの坂本です。

    2019年6月に、キャッシュフロー上の単月黒字を達成致しましたことをご報告させて頂いて以来、2回目のお便りとなります。

    当社は皆様のおかげで、2018年2月に記録した単月でのファンド販売額「12.9億円」を、2019年12月25日をもって塗り替え、当該月のファンド販売額は「16.8億円」に達しました。

    前回は「ガイアの夜明け」出演によるものでしたが、今回は、

    ・分散投資環境を推進するためのファンド供給キャパシティの増加
    ・複数のキャンペーンによる新規獲得/償還分の再投資促進効果
    ・匿名化解除を含む、継続的な情報発信による皆様からの信頼獲得

    など、複合的な要因が背景であるものと理解しております。

    ※坂本CFOメールより

     キャンペーンの効果ももちろんあったでしょうが、坂本CFOの分析にあるように確実にクラウドクレジットの信頼が高まっていることを感じます。テレビ出演による「瞬間風速」でない本記録。2020年も継続することを期待します。

    クラウドクレジット公式サイトへ

     LENDEXの募集額は3億3,200万円と歴代2位となりました。10%以上の高利回りかつ、運用期間が6ヶ月以下のファンドの募集額も大きいですが、不動産担保付きローンファンド85号(利回り8%、運用期間12ヶ月)のファンドが募集額が1億6,000万円と一番貢献しています。こうした長期の案件に募集が集まるのは、そのサービスの信用の証と言えます。

     東急リバブルと、フェアネス法律事務所との提携と、案件の担保価値、コンプライアンス両面から信頼性を確立する姿勢が評価されているものと思われます。

    LENDEX公式サイトへ

     CREALの募集額は8億3,800万円と、これまた歴代2位です。全額がサービス開始1周年記念のSOLA沖縄学園による募集です。1周年記念として利回りを上乗せするキャンペーンが好調を博し、堅調に募集が集まりました。

    CREAL30億円突破

     累計調達額30億円突破をアピール、近日中にQ Stay and lounge上野案件の募集4億6,500万円が控えており、CREALは最も勢いにのる不特法不動産投資型クラウドファンディングと言えます。

    CREAL公式サイトへ

     株式型クラウドファンディングで勢いに乗るのがFUNDINNO、12月の募集額は1億9,080万円と歴代3位となりました。株式型クラウドファンディング全体の累計募集額は当ブログの集計では約19億6,300万円ですが、そのうち16億7,588万円(約85%)がFUNDINNOによるものです。

     株式型は事実上FUNDINNOの寡占状態ですが、現状唯一のライバルともいえるユニコーンも、2号案件を準備しており、追撃の狼煙を挙げました。適度な競争が存在することこそ営業者、投資家、資金を募る企業全てに良い結果となると思われますので、FUNDINNO、ユニコーン双方の頑張りに期待しています。

    参考
    2020/1/6 ユニコーン2号案件は人類の希望、抗酸化技術のオリーブ技研

    FUNDINNO公式サイトへ

    ユニコーン公式サイトへ

    クラウドリアルティ_1万円相当プレゼント01

     クラウドリアルティの募集額は0ですが、1万円相当のポイントがもらえる豪華キャンペーンを開始し、次回案件募集予告を行いました。いよいよ2020年は大々的な募集を開始するのではと考えています。

    参考
    クラウドリアルティが会員登録だけで1万円相当のポイントプレゼントキャンペーンを実施中

    クラウドリアルティ公式サイトへ

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    2020-01-11 13:57 │ from URL

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    2020-01-11 22:54 │ from URL

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2053-ee0390c8