FC2ブログ

    2019年11月時点、ソーシャルレンディング遅延報告 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング収益報告 » 2019年11月時点、ソーシャルレンディング遅延報告

    2019年11月時点、ソーシャルレンディング遅延報告


    2019年10月は特に変化がなくてサボったので1月ぶりの遅延報告です。

    ソーシャルレンディング2019年11月時点出資額

    ソーシャルレンディング2019年11月時点投資割合

     CREALネクストシフトファンドSAMURAIFundsへの出資額を増やしたことにより、中利回りファンドへの投資割合が70%を久しぶりに超えました。2019年2月以来です。

     そのほとんどが遅延状態である、高利回り運営会社から償還が大量にあって中利回り運営会社における70%を超えたのならばよかったのですが、残念ながらそうではありません。

    遅延額一覧です。

    ソーシャルレンディング2019年11月時点遅延案件一覧

     AQUSHは上記表ではもっとも古い遅延発生業者ですが、地道に返してくれています。前回よりも2万円ちょっと減りました。4、5年もすれば完済してくれるのかもしれません。

    maneo、maneoファミリー、トラストレンディングもそのようには返せないのでしょうか?

    私より多額のお金を遅延により拘束されている人が詐欺だ、裁判だと騒ぎ立てるのはもっともです。

     もっとも、私がしてもいない、問題業者の擁護をしたとのフェイクニュースを流され、それに騙された人から非難の矛先を向けられるのは、まっぴらごめんですが

    宝塚案件は一部返済があり、元本が約5万円減りました。

     ただし、この宝塚案件、融資先との関係が悪化したようで、残りの約17万円が返ってくるのか危ぶんでいます。

    参考
    2019/12/10 maneo宝塚遅延案件、融資先が遅延損害金支払いを拒絶?関係悪化か?裁判か?

    ソーシャルレンディング2019年11月時点遅延割合

     遅延額が多少は減り、中利回り業者への投資額が増えたことにより、前回よりは遅延割合、遅延額が多少ましになりました。

    遅延業者の中でも、多少は返す動きが認められ実際に返しているところ
    AQUSH、maneo、クラウドリース、キャッシュフローファイナンス、アメリカンファンディング

    ほとんど、まったく返す動きが認められないところ
    グリーンインフラレンディング、ガイアファンディング、トラストレンディング

    というのが私のこの1年の感想です。

     この状態をみるにつけ、遅延業者にも頭にきますが、金融庁もしっかり監督、返却するように指導しているのか?と頭にきます。

     みんなのクレジット、ラッキーバンクの時も結局、金融庁はなにもせず、投資家資金の大半が失われるのを見過ごしました。想像したくありませんが、ショック死しないように、その覚悟はしておいた方がよいのかもしれません。

     見過ごしたことも大罪ですが、匿名化指導によりそれらの事態を引き起こしたこと、それをイヌの日経新聞に忖度させてひた隠しにしていること、これは万死に値すると思っています。

     来年あたりにグリーンインフラレンディング、ガイアファンディング、トラストレンディングが一発逆転して、大量の返済をしてくれれば、このような呪詛を唱えずに済むのですが。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額700億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績1000億円超え!SBIソーシャルレンディング

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2037-7354890b