当ソーシャルレンディングブログをビッグトゥモロウ(2015年5月号)でご紹介いただきました。 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング » 当ソーシャルレンディングブログをビッグトゥモロウ(2015年5月号)でご紹介いただきました。

当ソーシャルレンディングブログをビッグトゥモロウ(2015年5月号)でご紹介いただきました。


 当ブログを本日(2015/3/25)発売の月刊「ビッグトゥモロウ」(5月号No.419)に取り上げて頂きました。

 発行部数が10万部を余裕で超える、超有名ビジネス雑誌です。もっともメインで取り上げられたのはソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)についてです(雑誌上では「クラウドファンディング」として紹介)。

ビッグトゥモロウ掲載記事

 同誌の特集記事「一口オーナー生活のはじめ方」にて取り上げていただいております。「1口オーナーはソーシャルレンディングとはちょっと違うのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この場合の「一口オーナー」の概念とは「資産家では無い人が小口で何かを共同購入して特典をわかちあう」、「たくさんの人から小口のお金を集めることで、高級品の購入や事業投資を実現するもの」として定義されているので、無理がなく取り上げられています。
 それどころか他の一口オーナー投資を差し置いて「進化した一口オーナー」とまで有り難い言葉で表現、紹介していただいております。なおその他取り上げられている1口オーナー制度は資金支援型ファンド、馬主、お酒の蔵元、別荘、食材などです。

 記事の詳細については是非、ビッグトゥモロウ5月号をお買い求めください。全国の書店にて販売されております。

 お読みになって疑問に思ったこと、お尋ねになりたいことがございましたら当ブログにコメントをいただければ喜んで回答いたします。お待ちしております。


BIG tomorrow(ビッグトゥモロ 2015年 05 月号 [雑誌]BIG tomorrow(ビッグトゥモロ 2015年 05 月号 [雑誌]
(2015/03/25)
不明

商品詳細を見る


 記事をお読みになって当ブログをご訪問頂いた方に、簡単に当ブログのご案内をさせていただきます。

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)についての全般的なニュース、コラムについては
ソーシャルレンディング」のカテゴリで紹介しております。

投資履歴については
ソーシャルレンディング収益報告

ソーシャルレンディングサービス会社比較、その提供商品比較については
ソーシャルレンディングサービス比較

各社個別の記事については
AQUSH」、「maneo」、「クラウドバンク」、「ラッキーバンク」、「SBISL」、「クラウドクレジット」、「AQUSH、maneo」をご参照ください。

 ソーシャルレンディングに全く関係のない雑事や私憤をぶちまけている記事もありますが、ご容赦いただければ幸いです。最後にソーシャルレンディングを素晴らしい記事に仕上げて頂きました百瀬康司様、布施綾子様に篤く御礼を申し上げ記事の結びとさせていただきます。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
ラッキーバンク

ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額820億円は伊達じゃない

関連記事
コメント
非公開コメント

一口オーナーの記事について

ファイアフェレット様。
月刊「ビッグトゥモロウ」最新号を拝見致しました・・・蔵根と申します。
私も一口オーナー生活を始めたいと思いましてご質問を致します。
①月刊「ビッグトゥモロウ」でファイアフェレット様がお勧めの「クラウドバンク」と「MANEO(マネオ)」で口座開設をしたいのですが、スムーズ・確実に口座開設できるコツや注意点とかあれば教えて頂けますか?
お手数ですがよろしくお願いします。

2015-03-30 23:42 │ from 蔵根淳URL

特にコツや注意点はありません。

新しくソーシャルレンディング投資を始める仲間が増えることを本当に嬉しく存じます。

私がmaneoの口座を開設したのは2011年末、クラウドバンクでは2014年7月ごろですが記憶を頼りにお応えします。

結論から申し上げますと特にスムーズにとか、確実性を増大させるコツや注意点はありません。
下記の最低限のモノ、注意点を満たせば口座は開設できると思います。


両サービスとも申し込みフォームから簡単に申し込みが行えます。
下記のものが必要です。

1身分証明書(私は免許書を使いました、お持ちでない場合は住民票などになると思います。写真も必要だったと記憶しています)。

2メールアドレス

3あと印鑑が必要だったかもしれません。

ちょっと無責任で申し訳ありませんが、本当にお気軽に申し込みフォームに求められる情報を入力していけば、必要なもの、情報は明確に示されますので、ためらわずににまずは行うことをおすすめします。

maneo、クラウドバンクだけではなく現行私のブログで紹介しているソーシャルレンディングサービスはすべて口座開設料、維持料は無料です。

では私がおそらく明確に示されない注意点を申し上げます。
それは反社チェックに関することです。

反社チェックについてはこのURLをご参照ください。
https://www.businesslaw.jp/bohai/QA01.html

maneoもある程度の反社チェックは行っているものとおもわれますが
証券会社であるクラウドバンクは特に反社チェックが厳しいです。
警視庁のデーターベースに照合が行われます。

逆を言えば蔵根さんが反社チェックにひっかかる要素がなく、身分がはっきりした方でしたらまず問題なく口座は開設できます。

本当にアドバイスらしいアドバイスができなくてすみません。

ただ本当にソーシャルレンディング独特の口座開設の際の注意点等はありません。蔵根さんが以前証券会社などの口座を開設されたことがあるようでしたらそれと同様とお考えください。

ご疑問にはお答えできたでしょうか。




2015-03-31 00:26 │ from ファイアフェレットURL Edit

一口オーナーの記事について

ファイアフェレット様。
月刊「ビッグトゥモロウ」最新号を拝見致しました・・・蔵根と申します。 質問のご回答をありがとうございました。昨日に「クラウドバンク」に口座開設手続きを致しました。
再度、ご質問を致します。
①「クラウドバンク」と「MANEO」以外で1万円からできる一口オーナーを申し込むことができる証券会社を教えて頂けますか?

2015-04-08 13:06 │ from 蔵根淳URL

SBISLしかありません(クラウドバンク以外では)

蔵根淳さん

またご質問いただきうれしく存じます。

当ブログで扱っている6社(サービス)の中で最低投資額が1万円からできる、サービス提供会社はどれか?という意味かと思いますので、それに沿ってご回答いたします。

当ブログで扱っている結論から申し上げますと最低投資額が1万円で現実的に投資できるものはクラウドバンク以外ではSBISLしかありません。
1万円から投資できます。と謳っているサービスが多いのですが現実的には以下の様になっています。

AQUSHは現在不動産担保ローンファンドだけを扱っておりこのファンドには1000円から投資できますが現在ほとんど募集していない状況です。投資は無理でしょう。

maneoは私が始めた頃は最低投資額1万円から投資できる案件を用意していたのですが、最近は最低投資額5万円という案件がほとんどで、ごくたまに2万円という案件があるくらいです。

クラウドクレジットは現状最低投資額は10万円です。

ラッキーバンクはサービス立ち上げの頃は1万円から投資できますと謳っていたのですが、いつのまにか「数万から」と変わってしまい、これまで提出した案件を見る限り最低投資額は3万円です(実際には5万円以上が多いです)。

というわけでSBISLの「不動産担保ローン事業者ファンド」が最低投資額1万円で投資できる商品です。SBISLにはもうひとつ「証券担保ローンファンド」というものも募集していますが、これは募集額が少なく、申し込んでもロールオーバーされてほとんど受け付けてくれません。不動産担保ローンファンドでしたら、そのようなことはなく全額投資できるはずです。

いかがでしょう。ご回答になったでしょうか。

2015-04-08 17:20 │ from ファイアフェレットURL Edit

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/202-d8ea867e