FC2ブログ

    maneo川崎案件、販促活動成果なし、競売入札者も現れず、特別売却へ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » maneo » maneo川崎案件、販促活動成果なし、競売入札者も現れず、特別売却へ

    maneo川崎案件、販促活動成果なし、競売入札者も現れず、特別売却へ


    maneo、川崎案件ですが、本日(2019/11/29)15時に進捗報告がmaneoマーケットからありました。

    maneoマーケット_川崎案件競売不調

    1.販促活動(11月中旬まで)の成果はなかった
    2.競売は落札者が現れず不買となった(10月30日より入札)
    3.以降は特別売却の手続きとなる(期間の決定待ち)
    4.11月18日にパルティール社に回収業務を委託


    と書かれています。
    ※全文を追記部分に添付します。

    特別売却とは

    裁判所が決めた価格を提示し、最初に手を挙げた人が入札できる

     という仕組みとのことです。売れなかったら競売を再び行うとのことですがガンガン価格は下がって行くみたいです。

    はっきり言って絶望しか感じません。今更パルティール社が出てきてどうなるのか?と思います。

     しかしこの状況においてパルティール社が見事、maneoが出した土地担保評価16億円の3割でも取り返してくれたら、拍手喝采です。
    なにしろ、売れても1割(1億6千万円)程度という評価もあるのですから。

    ひょっとしたら「(どんな安値でも)売れること」だけでも、拍手喝采なのかもしれません。

     安値でしか売れなかった場合、多くの投資家が損失を被ることになります。この案件は優先順位が決まっているので全損となる人が多くでるでしょう。

    この案件、当ブログの(記事1記事2)でアルデプロ、コシオさんに対する疑問を呈しています。

     大損を与えた場合、投資家には、maneoマーケットの外部調査委員会は上記疑問に対して、しっかりとした説明をしてくれるものと思っています。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    上場企業の収益事業で資産運用できるFundsに注目
    Funds

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額700億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    投資家の皆様へ

    maneo株式会社より、2018年11月1日にご報告いたしました延滞発生の融資案件につきまして、回収活動状況をご報告させていただきます。
    該当の投資家の皆様への続報となります。

    11月1日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=7549


    1.回収活動状況について

    10月2日掲載「業務提携契約締結に関するお知らせ」(https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=8283)でご報告しましたとおり、
    maneoマーケット株式会社(以下、「maneoマーケット社」といいます。)は、パルティール債権回収株式会社(以下、「パルティール社」といいます。)との業務提携契約を締結いたしました。
    これを受け、事業者C社はmaneoマーケット社及び当社と合意の上、本件債権回収の早期解決を目的として、11月18日にパルティール社へ回収業務を委託いたしました。
    今後当社及び事業者C社は、パルティール社の回収業務に協力し、本件債権回収を図ってまいります。

    販売促進策として実施しておりました医療法人へのダイレクトメールの送付及びテレコールにつきましては、競売の開札までを目安として11月中旬で終了しております。
    現時点で反響はありませんが、これまでの営業活動により問合せがありましたら、応対をすることに変更はございません。

    10月30日から入札が開始された競売につきましては、落札者が現れず不売という結果となりました。
    これ以降は、競売手続き上において入札によらず購入者を募る特別売却という手続きに入ります。
    現在は特別売却の期間の決定を待つ状況であり、次回のご報告においては明確にお伝えできる見込みです。
    現時点では、競売による回収が一番具体性のある回収方法となっております。

    パルティール社には、本件概要及びこれまでの回収経緯の説明を終え引継ぎいたしました。


    2.今後の状況報告について

    該当投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。
    次回は12月下旬を目途にご報告いたしますが、お伝えすべき事項がございましたら、上記期日に係わらず速やかにご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年11月29日
    匿名組合契約における営業者 maneo株式会社
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)
    関連記事
    ここは記事下のフリースペースです
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2013-97fd560c