FC2ブログ

    オーナーズブックがますますエクイティ型に力をいれてくれることに期待 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » オーナーズブック » オーナーズブックがますますエクイティ型に力をいれてくれることに期待

    オーナーズブックがますますエクイティ型に力をいれてくれることに期待


    エクイティ型案件を長期的に育てる方針


     オーナーズブックを運営するロードスターキャピタルがエクイティ型にますます力を注ぐ姿勢であることが、財経新聞の記事から読み取れます。

    オーナーズブックエクイティ型案件財経新聞

    初のエクイティCFに乗り出したロードスターの意図(2019/11/20 財経新聞)

    オーナーズブックの目玉商品である、エクイティ型案件を投資家に(ネットで)販売するには

    1. 第二種金融商品取引業
    2 電子申込型電子募集取扱業務
    3. 投資運用型許認可登録


    の3つ認可が必要であり、そ全て揃えているのは現状ロードスターキャピタルだけであること。

    オーナーズブックのエクティ1号案件の「秋葉原オフィスビル」につぐ、2号案件「US非上場eREIT第1号ファンド」は初の海外案件。

    US非上場eREIT第1号ファンドは運用期間が長いためか様子見が多く満額成立とはいかなかったが、最低募集額は突破

    様子見が多いことは注目度が高いことだと思われる、実際に個人・法人ともに投資会員は増えている

    第1号の運用を介してエクイティ型案件を長期的に育てていく


    とエクイティ型に力をいれるオーナーズブックの意気込みと決意が読み取れます。

    オーナーズブック公式サイトへ

    Intermission


    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    アンケート実施とエクイティ型1号秋葉原オフィスビルの報告


    上記記事発表と同日に、オーナーズブックから会員向けにアンケートも実施されています。

    オーナーズブックエクイティ型案件アンケート20191120

    「US非上場eREIT第1号ファンド」についての意見、感想が質問の中心ですが、オーナーズブック全般についても意見を募っています。

     次回エクイティ型案件組成の際の参考にしてもらえるのかと思っています。次回海外エクイティ型案件については満額成立を目指して、よりよい条件での募集が行われるのかもしれません。

     上記「第1号(秋葉原オフィスビル)の運用を介して」とありますが、私はその1号案件に投資しています。よって1年目に配布される「年次運用報告書」を見ることができます。

    オーナーズブックエクイティ型案件秋葉原ビル運用レポート

     非常に丁寧に、論理的にわかりやすく書かれているレポートであり、投資商品はかくあるべきというものです。

     情報開示は匿名組合契約約款で禁じられているのですが、差し支えのない(だろう)程度に少しだけ内容に触れていただければ

    ・報告書提出日時点で満室稼働
    ・賃料増額に成功
    ・営業収入、利益ともに予算を突破


     とあり、調子が良さそうです。まだ分配はありませんが、運用終了となる2021年7月末日には、予想(利回り7%)以上の分配がいただけるのではないかと、期待しています。

     上記「第1号の運用を介して長期的に育てていく」とはこのように実際の運用実績で投資家に魅力を伝えるという意味かと思います。

     匿名化が解除され細かな報告が行われ、しかも貸付型よりも予定利回りが高いオーナーズブックのエクイティ型案件は、投資家にとって注目の的かと思います。

    オーナーズブックがますますエクイティ型案件に力をいれてくれることに期待です。

    オーナーズブック公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2002-55d0c044