FC2ブログ

    FACTAが伝えるLCレンディングゴルフ場いわくつき案件はエグジットしたのか? - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » LCレンディング » FACTAが伝えるLCレンディングゴルフ場いわくつき案件はエグジットしたのか?

    FACTAが伝えるLCレンディングゴルフ場いわくつき案件はエグジットしたのか?


     凡百のメディアが報じようとしない、皆様が「知りたいこと」「本当のこと」を書き続ける、「反骨」の編集方針と貫くFACTA。販売形態が特殊なため、なかなかお目にかかる機会がありません。同誌はソーシャルレンディングについて報道することもあります。

    トラストレンディングの報道については

    トラストレンディング遅延案件で暗躍する山本幸雄は良い意味で意外と大物だった?追求により償還に有利になるか!(同誌2019年7月号より)

    同誌のmaneoの報道については

    maneo川崎案件、maneoは東証二部上場アルデプロにハメられたとFACTAが報道!(同誌2019年2月号より)

    maneoがアルデプロにハメられたのは川崎案件だけではなく、レオパレス施工不良アパートもか(同誌2019年2月号より)

     maneo川崎案件に触れられた箇所は上記記事ですでに紹介しましたが、他の部分も紹介したいと思います。原文を読みたい方は有料ですがオンラインで

    ソシャレ最大手maneoの最終章(FACTA ONLINE DEEP 有料会員登録しないと全部読めません)

    をご覧ください。

    クラウドクレジット公式サイトへ

    やり玉はLCレンディングゴルフ場案件


     同誌2019年2月号よりでは、LCレンディングのゴルフ場案件についても、川崎案件と同じくらいの文量を割かれて紹介されています。なお、この案件は川崎案件と違って今の所遅延は報告されていません。

    FACTA_LCレンディング01

     この案件の投資対象は山梨県都留市にある富士リゾートカントリークラブであり、2019年3月頃「不動産担保付事業再生ローンファンド」で8億3千万円が集められたとのことです。以下

    ゴルフ場は事件屋やブローカー間で有名ないわくつき物件
    優良ゴルフ場だがオーナー一族経営の結果、高利貸しや事件屋により閉鎖状態に
    残土受け入れ事業への活用(転用)も検討されたが頓挫
    ゴルフ場を債権者から競売にかけられ、それをLCレンディングの案件募集で回避
    集めた8億3千万円の大半が借金返済に充てられた
    現在ゴルフ場は競売妨害で逮捕された人物の支配下に
    ゴルフ場運営会社の株式が譲渡担保となっており割合は3/4
    しかしこの会社が増資し、担保株の割合が過半数を下回る
    融資後に実態不明の会社が抵当権をつけるなど不穏な動きを見せている
    上記案件は2018年5月に償還
    ただし同時期に「LCセレクトファンド」で8億円を募集、リファイナンスと見られる


    と書いてあります。

    上記2019年3月に募集された「不動産担保付事業再生ローンファンド」へのリンクを一つだけ貼ります。

    【不動産担保付】事業再生ローンファンド1号

    FACTA_LCレンディング02

    今回の融資先であるP社は、ゴルフ場、ホテル、レストランなどの
    管理・運営等を行う事業者です。
    今般、P社は東京100km圏内に所在するゴルフ場を新たに取得致します。


    とあるので間違いないでしょう。総融資額は8億3千万円です。

     1号案件の募集額は5千万円ですが、確認できる限り2号、4号、5号、9号10号、11号、15号が融資先がP社の同一のゴルフ場案件です。

    オーナーズブック公式サイトへ

    投資家に事業再生案件と伏せられた上でリファイナンスされた?


    FACTA_LCレンディング06

     2018年5月で8億円がリファイナンス(再募集・おかわり)されたとありますが、該当するのは下記4ファンドです(4つ合計すると募集額8億20万円になります)。

    1.LCセレクトファンド295号(2019年5月返済完了予定)

    2.LCセレクトファンド296号 13か月運用型(2019年6月返済完了予定)

    3.LCセレクトファンド299号 14か月運用型(2019年7月返済完了予定)

    4.LCセレクトファンド300号 15か月運用型(2019年8月返済完了予定)

    FACTA_LCレンディング03

    今回の融資先であるAC社は、主に不動産関連事業を営む事業会社です。

    AC社は首都圏で娯楽関連施設を運営する企業(仮称:X社)が保有する不動産に係る権利を取得致します。


     とあり、P社ゴルフ案件のりファイナンスとは全くわからなくなっています。総融資額は約8億円です。FACTAの記事が真実であるとすると、閉鎖したいわくつきのゴルフ案件ということが投資家に伏せられたうえで募集が行われたことになります。

    Intermission


    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    SAMURAI公式サイトへ

    HNH氏と山中社長への言及


    LCレンディング_HNH氏

    この4案件「あの」HNH氏が8億20万円全額を飲み尽くしています。

    以前の8億3千万円よりも3千万円も募集額がなぜ少ないの?と思って調べると

    富士リゾートカントリークラブ代表を辞任したLCレンディング山中健司社長(敬天新聞)

    には

    FACTA_LCレンディング04

    2~3億しか価値がないと評価されてる所に、8億3000万円も投資(融資?)して、そこの社長に就任するというのも、おかしな話ではあったけどね。まー、投資の中から3000万円は山中社長がキックバックとして、受け取ったというから、実質8億円の融資というべきかな?


    と、とんでもないことが書かれています。

     FACTAと敬天新聞の記事が大間違いならばよいのですが、もし真実であれば匿名化の問題点を実によく浮かび上がらせる事例です。

    なお、最初に募集されたゴルフ場P社案件では

    従って、再生後は営業休止前を超える来場者数を確保できる見込みが高く、優良な融資先だと考えられます。


    と書かれ、担保もついていますが、リファイナンスされたAC社案件では

    今回の融資先であるAC社は、主に不動産関連事業を営む事業会社です。
    AC社は首都圏で娯楽関連施設を運営する企業(仮称:X社)が保有する
    不動産に係る権利を取得致します。


    とだけ書かれ、「優良」の「ゆ」も「ゴルフ」の「ゴ」も書かれていません。担保も保証もついていません。HNH氏はその優良案件を独占するスピードから私はLCに関係のある人物だとばっかり思っていました。

     この案件はいわくつきゴルフ場案件のリファイナンスとはHNH氏は承知していたのでしょうか?それともFACTAの報道が誤りだったのでしょうか?

    ポケットファンディング公式サイトへ

    リファイナンスされたのか、ゴルフ場案件そのものがエグジットしたかは不明


     なお、上記4案件はすでに完済(償還)時期を迎えており、遅延の話も聞かないので、無事償還されたものと思われます。ただし、再度リファイナンスされ、別の案件として「おかわり」されている可能性があります。
    (ノーヒントでは特定に時間がかかりすぎるので断念しました)

     ゴルフ場が無事エグジットしてればよいのですが、敬天新聞は最近の記事でも、この件については意気盛んであり、エグジットには疑問が残ります。
    (LC側も敬天新聞の白倉氏を訴えたとのことで、意気盛んはお互い様のようですが)。

     このゴルフ場のリファイナンス案件、投資しているのはHNH氏だけなので、たとえ遅延していようとLCレンディング、HNH氏の双方が合意のうえ、口をつぐんでいれば外部には遅延とわかりません。

    参考
    が深まるカラクリ道場LCレンディングの現状①(2019/9/30 敬天新聞)

    謎が深まるカラクリ道場LCレンディングの現状②(2019/10/2敬天新聞)

     なお、私が見た限り上記おかわり4案件の償還時期に「保証・担保なし」で同額を集めている、該当しそうなファンドはないようです(信用しないでください、ざっと見なので)。

    投資家に損害を与えない形で無事エグジットしていればなによりです。
    (たとえ誰かが損失を肩代わりする形であっても!)

    安心安全のLCで今日も穏やかな朝

    の勝手応援団のフレーズが印象的なLCレンディング。

    FACTA_LCレンディング05

    これまで約308億円を募集しましたが、未償還額はわずか31億円です。

    安全神話が続くかに注目しています。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    LENDEX公式サイトへ

    在住外国人支援案件、アジアビジネスに特化したCOOLで最先端の投資体験をCOOL

    株式型クラウドファンディングユニコーンでベンチャー企業投資に注目
    ユニコーン

    みんなのFXはトルコリラスワップ最高額、投資家に有利なスプレッドを用意
    トレイダーズ証券[みんなのFX]
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    ゴルフ場は既に全額償還もとっくに終わってますし申し訳無いですが正直話題としては今更感があります。

    LCレンディングの残り31億の内8億は11/27に北京北大青鳥投資有限公司からの借入が確定済みですから実質23億。
    また先週繰り上げ通知が来てアメリカシアトルの物件が売却されたようですので現時点での実質残りは多くても20億を切ってます。

    このレベルならグロームHDの保有現金を下回りますし販売用不動産がまだ56億あるので返済は全く問題無く事実上返済の懸念問題は既に終了していると考えます。
    グロームのGC注記も近いうちに消えるでしょう。
    金子社長は事業継続の意思が無いようですのでこのまま事故率ゼロで事業終了になると思います。


    投資はあくまでも結果が全てでありその点で個人的にはLCには感謝の念しかありません。


    2019-11-12 08:53 │ from SL投資家URL

    ご興味をもっている読者様がいることを願って

    SL投資家さんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    今更感があるとのご意見、同意いたします。
    もう少し早くFACTAの記事を知っていればと悔やむことしきりです。

    「事故率ゼロで事業終了」、私もそうなって欲しいと思っています。

    ただ、本記事ではLCレンディングにおいても、

    匿名化により問題のある募集が行われた可能性があること
    LCレンディングにおいてビッグネームであるHNH氏の登場


    というトピックを提供しており、償還の是非に関わらず、
    興味を抱いていただける読者様がいらっしゃるかと思います。

    またゴルフ場においては、たとえLCレンディングの案件でさらなる
    リファイナンスが行われておらず、投資家が損失を被らないとしても
    だれかしらが負の債権を抱えている可能性が高いと思っています
    (ゴルフ場案件自体がエグジットしているようには思えないので)

    後日問題が顕在化するかもしれず、奇貨として発表しておくのは
    当ブログの運営上有益と思った次第です。

    最後にLCレンディングについては、全案件の償還が私は終わっており、
    税引前利益は約29万円となります。

    私からもLCレンディングに対しては感謝の念しかありません。

    2019-11-12 13:04 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    言ってる先からGC解消のIRが出ましたね(笑)

    2019-11-12 19:10 │ from SL投資家URL

    悩んでしまいます

    LCレンディング、グロームホールディングス双方の投資家にお祝いを申し上げます。

    ただグロームホールディングス株が15%近い大幅安とのこと、
    お祝いを申し上げるタイミングとしては適当なのか悩んでしまいます。

    ゴルフ場案件の状況について、SL投資家さんが何かご存知でしたら
    教えていただければ幸いです。

    2019-11-13 13:25 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    私が認識しているのはLCの残っている未償還ファンドでこの物件を対象にしているものは既に存在しない。
    この一点だけです。
    お役に立てず申し訳ありません。

    2019-11-13 17:20 │ from SL投資家URL

    ご回答をどうもありがとうございます

    SL投資家さんへ

    ご回答をどうもありがとうございます。

    ゴルフ場については敬天新聞が続報を出すかと思います。
    それを参考にしたいと思います。

    2019-11-14 10:50 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1986-711f7240