FC2ブログ

    maneo基本方針にある「遅延発生経緯調査」に期待 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » maneo » maneo基本方針にある「遅延発生経緯調査」に期待

    maneo基本方針にある「遅延発生経緯調査」に期待


    新経営陣によるmaneoマーケット基本方針発表


    新経営陣maneoマーケットから本日(2019/10/15)基本方針が発表されました

    maneo マーケット株式会社における基本方針についてのお知らせ(2019/10/15 maneoマーケットPDF)

    ※このお知らせ、メールでは私にきておらず、まさおさんのツイートで知ることができました。メールではお知らせをしなかったのでしょうか?

     私にとっては、ほとんどが以前も聞いた内容でしたが1点「各延滞案件が起こった経緯の調査」の項目だけは、以前の発表ではここまで明言されていなかったと記憶しています。

    maneo原因調査発表

    4. 各延滞案件が起こった経緯の調査
    当社グループ及び営業者によるファンド運営において、多くの延滞が発生している状況に鑑み、これまでの経営体制及び事業運営に関して、公正性を確保した調査が必要であると考えており、独立した立場にある有識者で構成される外部委員会の設置を計画しております。計画している調査により責任の所在等を明らかにしてまいります。



    FANTAS funding公式サイトへ

    maneoマーケット旧経営陣は一切その杜撰さの詳細を投資家に知らせなかった


    maneoマーケットの融資審査、担保評価、ファミリー管理全てが杜撰だった

     償還された遅延案件のいくつかでで、投資家に提示された担保評価を大きく下回る価格でしか販売できなかったものがある。いつまでたっても売却できないものがある。グリーンインフラレンディング(JCサービス)、クラウドリース、ガイアファンディング、キャシュフローファイナンスが一斉遅延し、その運営会社とも没交渉、係争状態、なかには裁判まで至ったものまである。

     そのことからmaneoマーケット旧経営陣、旧ファンド組成メンバーの上記杜撰さについて投資家はは承知していました。しかし、具体的にどのように杜撰だったか、について一切maneoマーケットから発表はありませんでした。

     なぜ土地担保評価を誤ったのか、不動産案件がうまくいかないのか、ファミリーはなぜ一斉遅延したのか、どのようにmaneoマーケットと争うことになったのか?

    一切説明はありませんでした。

    当ブログではその杜撰さの要因の一つが、東証二部上場アルデプロにあるとFACTAが報道したことを伝えました。

    maneo川崎案件、maneoは東証二部上場アルデプロにハメられたとFACTAが報道!
     
    「張本人」のmaneoマーケット「ではなく」アウトサイダーのマスコミ、1個人のブログの方がよほども、その「説明」を果たしてきました。

    Funds 公式サイトへ

    アルデプロについては明日続報を出す予定


     明日、上記maneoとアルデプロについて、投資家に損失を与えることになった案件組成について、続報を出す予定です。川崎案件以外の、アルデプロが絡む遅延案件に少しでも光を当てたいと思います。

    maneoマーケットの旧経営陣、ファンド組成陣はそれなりに頑張っていた。

     それがFACTA記事を読むまでの私の感想でした。しかし実際に私が投資した案件の元本の半分以上の損失が(ほぼ)確実となり、FACTA記事を読んでからは、そのあまりの「愚劣さと杜撰さ」に怒りを抑えられなくなっています。

     新生maneoマーケット経営陣には「過去のこと」は「過ぎたこと」として、不必要に追求しようと思いません。ただし上記、「各延滞案件が起こった経緯の調査」は徹底したものを行ってくれることが条件です。

    まさか当ブログのような個人ブログに遅れをとるようなもので、ないことを期待しています。

    調査はしましたが、投資家には知らせません。というのはなしです。

    6.情報の開示について
    上記の各方針に基づく具体的な対応につきましては、適宜状況を報告いたします。また、当社の経営改善に係る対応状況や延滞案件の回収状況に係る情報開示につきましては、お知らせでの公表・投資家説明会の開催・メルマガの配信等を通じて、適切に情報開示を行い、投資家保護に努めてまいります。


    とは書いてありますが、念のために釘を差しておきます。

    遅延案件の、最大限投資家への償還はそれ以上に頑張ってください。

     繰り返しになりますが明日、上記maneoとアルデプロについて、投資家に損失を与えることになった案件組成について、続報を出す予定です。川崎案件以外の、アルデプロが絡む遅延案件に少しでも光を当てたいと思います。

    2019/10/16 上記続報を投稿しました

    maneoがアルデプロにハメられたのは川崎案件だけではなく、レオパレス施工不良アパートもか

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績1000億円超え!SBIソーシャルレンディング

    1万円から始める新しい不動産投資クラウドファンディング
    CREAL

    在住外国人支援案件、アジアビジネスに特化したCOOLで最先端の投資体験をCOOL

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額600億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    ブログを定期巡回させていただいていいる、maneoで被弾しているものです。

    「遅延発生経緯調査」に期待、ですが。
    悪者見つけて、そいつらに責任被せて新経営陣は関係ないです。
    遅延案件は回収不可能なのでチャラにするしかない。
    これから頑張るからよろしく。

    という筋書きにしか見えないです。

    遅延案件の償還の為に、地の果てまで行く覚悟を示してほしい。

    2019-10-16 08:19 │ from maneoで被弾してますURL

    No title

    いつも記事のご提供有難うございます。
    maneoにおいて川崎案件以外にもアルデプロが絡む案件が存在するのでしょうか?
    だとしたらその案件も元本回収の見込みは悲惨なものになりそうで怖いです。
    もし情報お持ちでしたら記事にしていただけると助かります。
    よろしくお願いいたします。

    2019-10-16 08:59 │ from kitURL

    債権回収が一番の鍵でしょう。

    maneoで被弾してますさんへ

    コメントをどうもありがとうござます。

    旧経営陣に責任を押し付け、新経営陣が保身を図る。

    私もそのような気がしないでもありません。ただし、ことがここに至った以上
    このまま責任の所在が有耶無耶にされるよりは、
    そちらの方がよほどもマシだというのが正直なところです。

    新経営陣に責任の一端がありながら、
    旧経営陣、旧ファンド組成陣を尻尾切りする

    もちろん、それは許されません。

    しかし新経営陣に責任がまったくないのならば、
    旧経営陣がなし得なかったmaneo再建、債権回収に
    有効な手段を施してくれるならば
    彼らを厳しく処断することで
    maneoマーケット再建の礎とすることは、私の心情的には許せます。

    遅延案件回収はチャラにする。これから頑張るからよろしく。

    ですが、可能性は否定しきれません。

    ただし、旧経営陣によるファンド組成はあまりに杜撰なものがあり、
    ある程度の損失はやむを得ないものがあると思っています。
    いくらかの我慢はしなければいけないと思っています。

    もっともあまりに都合のよいやり方は、投資家の反発を招くでしょう。

    多くの遅延案件を抱えている投資家にとっては、

    自分のお金が返ってくれさえすればその他のことはどうでもよい

    でしょうから。maneoで被弾してますさんがおっしゃるとおり

    遅延案件の償還の為に、地の果てまで行く覚悟を示してほしい。

    を示すことこそ、maneo再生の鍵となると思っています。

    2019-10-16 09:38 │ from ファイアフェレットURL Edit

    傍証はそれなりに集めて、説得力をもたせたつもりです

    kitさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    はい、ほぼ間違いなくアルデプロがからみ
    川崎案件よりも、すでに悲惨であることが
    わかりつつある案件があります。

    川崎案件のような具体的には示せませんが、
    傍証はそれなりに集めて、説得力をもたせたつもりです。

    本日投稿する記事でそれを示せれば幸いです。

    2019-10-16 09:41 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1951-aa7d80db