非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?⑧ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » 投資型クラウドファンディング versus 非投資型 » 非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?⑧

非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?⑧


 前回までは、雑誌、書籍、WEBで投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)が冷たい目で見られている、敵視されているのではないかと私が感じる事例を述べました。今回は非投資型が投資型を露骨にネガティブに表現したと唯一示せる例から始めたいと思います

非投資型が投資型をネガティブに表現した例、そこで推測されている理由

 いくらタイトルに「非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?」、とは謳って、前回までの記事で傍証を散々積み重ねても、本当に彼らが敵視していると明確に示せる例は流石に挙げられません。

 そのような発言は流石にライバル会社同士とはいえ大問題でしょう。政治家が如何に憎かろうと隣国の悪口を公式の場で言えないのと同じです(経営者も政治家も飲み会などのプライベートな場では盛大にぶちまけているとは思いますが)。

 そんななかで唯一私が挙げられるそれに近い表現はこのPRESIDENTOnlineのクラウドファンディングの記事における、セキュリテの発言です。「他のクラウドファンドと同じと誤解されたくない」、ここでいう「クラウドファンディング」は後に続く文章を読むとソーシャルレンディングのことだと解ります。

2016y01m20d_132042839.png
2016y01m20d_132052982.png

 「同じと誤解されたくない」という表現は「同じではありません」という意味とは異なり、明らかに相手を敵視、または卑下した表現です。私が唯一挙げられる「非投資型」が「投資型」をネガティブに捉えていると示せる例がこれです(本当にくり返しになりますが、私のイメージではセキュリテは投資型ではなく購入型です、本人が希望しているので投資型とは違うということで良いと思います)。

 このPRESIDENTの記事、上記のセキュリテの発言の理由を推測しているのですが、セキュリテが投資型のうちファンド型で、貸付型と投資スキームが異なること、高金利、業者の不透明さなどを理由だとしています。

 全否定するつもりはありませんがこれは私が後述する「非投資型が投資型を敵視する理由」とは異なります。まあ、どちらも「推測」ですので、妥当性の判断は読んで頂いた方にお任せします

 さてここからいよいよ、私が推測する非投資型クラウドファンディングが投資型を敵視する理由を述べさせて頂きます。これについては「クラウドファンディングで世界を変えよう!」を再び取り上げるとします。

 このシリーズはこの本に掲載せれていた図が日経ビジネスに転載された際に投資型のうち融資型(AQUSHmaneo)が削除された事を紹介したことから始まりました(記事1記事2)。そして私の推測を裏付けてくれる本なのです。



……というところで今回はここまでにさせていただき、次回への続きとさせていただきます。

非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?⑨

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額820億円は伊達じゃない


日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
ラッキーバンク

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/195-a95923cb