FC2ブログ

    ソーシャルレンディング2019年9月時点遅延報告 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング収益報告 » ソーシャルレンディング2019年9月時点遅延報告

    ソーシャルレンディング2019年9月時点遅延報告

    ファイアフェレットの2019年9月時点における遅延(被弾報告)をいたします。

    2019年時点ソーシャルレンディング投資額

    2019年時点ソーシャルレンディング投資額

    現在、中利回り案件、高利回案件運営会社で約2,068万円を運用中です。

    遅延状況です。

    2019年時点ソーシャルレンディング遅延一覧

    maneoおいては

    maneo で約5万6千円の損失が確定しました。maneoにおける初損失です。

     に書いたとおり、「【事業者C社向け 第3682弾】愛知県・茨城県内エリア 不動産担保付ローン」にて償還があったので、延滞額を約4万4千円減らしています。

     記事で説明したとおり未償還額の約5万6千円は損失が確定してないので、まだ残しています。「事業者C社向け 第3633弾】埼玉県内エリア 不動産担保付ローン」の約9万6千円も同じような状態です。

     maneoがなぜ損失を確定させないのか?担保を処分してなお、まだ取り立てられる見込みがあるのか、それとも別の思惑があるのかは不明です。

    2019年時点ソーシャルレンディング遅延円グラフ

    全体の遅延額は約715万円、全体の35%です。

     新たな遅延はなく、償還により遅延額は約4万4千円減りました。しかし、損失を伴う(と見られる)償還です。

     それも投資元本の6割が失われるという、担保付きの案件としてはありえない!と思わせる償還率です。
    ※融資額(投資元本)を十分にカバーできる担保評価額が投資家には提示されていました

     担保つきの案件でこれならば、他の担保がついていない案件が償還されるとき、どれほどの損失が伴うのか、気分が暗くなります。これはmaneoファミリーだけではなく、トラストレンディングの遅延案件においても同じです。

     実際には遅延後に満額償還された案件も2案件、約23万円分ありますが、損失を嫌う人間の脳の構造上ゆえか、どうしても悪いことばかり考えてしまいます。

    ソーシャルレンディング初心者の方は、はじめは上記表にある、下記の中利回り案件運営会社から始めることをおすすめします。

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ

    クラウドバンク公式サイトへ

    クラウドクレジット公式サイトへ

    オーナーズブック公式サイトへ

    ポケットファンディング公式サイトへ

    SAMURAI公式サイトへ

    ネクストシフトファンド公式サイトへ

    Funds 公式サイトへ

    CREAL公式サイトへ
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1937-e86875e9