FC2ブログ

    SAMURAIセミナーに参加して参りました。新生maneoについての情報も教えてもらいました。 その2 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » SAMURAI » SAMURAIセミナーに参加して参りました。新生maneoについての情報も教えてもらいました。 その2

    SAMURAIセミナーに参加して参りました。新生maneoについての情報も教えてもらいました。 その2


     2019年9月25日に開催されたSAMURAIのセミナーに参加報告、その2です。その1については

    SAMURAIセミナーに参加して参りました。新生maneoについての情報も教えてもらいました。 その1

    をご参照ください。その1の終わりから続けさせていただきます。


    maneoマーケットについて


    ※maneoマーケットの主要株主がNLHD株式会社(藤澤信義氏が100%株式を保有する企業)になったこと、Jトラストグループにおいての取り組みにおいても、教えてもらうことができました。

    SAMURAIのmaneoグループへの取り組み

    maneoマーケットだが、IRにあるとおり、藤澤のNLHD株式会社が筆頭株主となった。

     巷では、せっかく立ち上がってきたクラウドファンディング市場が様々な不祥事の影響を受けて潰れてしまうのでは?という懸念が広がっている。我々は投資家の保護、市場の信頼回復を掲げ、クラウドファンディング市場の信用回復と信頼拡大に努めていく。

     それが出来て初めて新たなスタートラインにたち、新しいクラウドファンディング市場をつくっていけると思っている。

     そのために、当社から塩澤(塩澤拓也SAMRUAI&JPARTNERS取締役、SAMRUAI証券取締役)をmaneoマーケットの取締役として出させてもらった。

     我々は、クラウドファンディング運営業者というよりは、証券会社がやらなければいけない直接金融の新しい世界を作っていく。これは他のどこもやっていない、全く新しいクラウドファンディングの姿だ。

     これから実際に投資家に受け入れられ、信頼される、新しい商品を沢山出していき、クラウドファンディング市場の信頼を取り戻す。新しいクラウドファンディングの世界をつくり、投資家が未来に資産をつくれる会社を目指す。

    SAMURAI公式サイトへ

    質疑応答


     セミナーの終了後、質疑応答となりました。その様子をお伝えします。私からではない質問については割愛している箇所もあります。

    質問1遅延案件の回収について


     さきほどmaneoの新体制では投資家保護、債権回収を第一とし、そこから新しいクラウドファンディングを始められる、という話があった。maneoファミリーの遅延案件は最大の関心事だと思うが、そこをもっと具体的に教えてほしい。

    回答1それぞれの強みをもつ各社が回収に全力をあたる、債権の安値売却、いいとこ取りは絶対にしない


     プレスリリースにあるとおり、債権審査に強みを持つ日本保証の藤原(専務)がmaneoマーケットの取締役となった。また債権回収(サービサー)に強みをもつJトラストグループのパルティール(債権回収会社)もmaneoマーケットの業務支援を行う。我々(SAMURAI証券)も直接金融のプロとして支援する。
     債権審査、回収、直接金融にそれぞれに強みをもつプロフェッショナルが入っていって、信頼回復、投資家にとって良い形を模索していく。

     日本保証が、パルティールが、SAMURAI証券がそれぞれのプロとしての領域を発揮してmaneoマーケットを支援していく。

     グループでフォーメーションを組んでこの問題に対処できるのは日本広しと言えど、Jトラストグループしかないと思っている。

     (国内最大の)maneoマーケットを支援するにあたっていいとこ取りは絶対にしない。投資家が保護されてこそ、クラウドファンディングの未来があると思う。そういう信念と方向性に基づいてやっていく。

    質問2将来的にmaneo、SAMUAI合併するのか?



    回答2 今のところはそういう体制ではなく、決定したことはなにもない


    現時点では合併とか、決まっていることは何一つない。明確に何かが決まればリリースは出していく。


    質問3 SAMURAIの保証付き案件について


    05SAMURAI_大手保証会社による債務保証商品

     先程、SAMURAIの保証付き案件のロット(量)を増やすという話があった。SAMRUAIの保証付き案件は大人気で、募集後あっという間にうまってしまうので詳しい話を聞きたい。

    回答3 日本保証を中心に他の保証案件も増やしていく


     グループ会社の日本保証は現在、銀行を中心に多くの保証を引きうけているこれらのノウハウと実績をベースとして、しっかりとした債権には審査や査定を行い、保証をつけられる場合がある。
    また、日本保証以外の他の保証会社の案件も検討している。また客観的な保証力を有する上場企業の保証がついた案件も検討している。

     保証がつけられるのは良い債権なので相対的な投資家金利は下がる。しかし長期的にもっていれば利益が得られる可能性の高い案件となる。(株や投信のような)キャピタルゲイン狙いではない、おちついた投資をしたい方向けとなる。

     現在案件募集は少なく、募集額は1、2千万円といったものが多い。これからもっとロット(量)を増やしていく。融資先のラインナップも増やしていく。そこに当社の特長でもある、様々な保証がつけられた案件を考えている。

    SAMURAI公式サイトへ

    質問4 Jトラストの海外案件について


    Jトラストはアジアの金融に強い会社とのことだが、スマートレンドの案件(消費者金融向け)と同じようなものになるのか

    06SAMURAIは様々な企業との提携による商品組成

    回答4 消費者金融ではなく銀行案件となる


     若干異なると思っている。Jトラストは韓国、インドネシア、カンボジアに銀行を近年作っている。その銀行をテーマとした案件が考えられる。さらに銀行が保証をつける商品も考えられる、またそれらの海外銀行テーマの商品がクラウドファンディング市場で市民権を得ていく中で、さらに様々な海外案件を出していくことになると思う。


    質問5コンテンツ、メディア案件とはどういうものになるのか



    回答5 購入・寄付型と投資型の合わさったようなものを想定している


     思い描いていることをざっくり述べたい。 購入型(クラウドファンディング)のCAMPFIREさん、MAKUAKEさんのようなコンテンツ型を考えている。新しい映画や音楽の制作などでは国内では資金調達に課題がいろいろある。海外では映画制作のファンドが存在するが国内にはない。コト消費に投資できる機会が少ない。

    これは国内の映画制作における製作委員会など独自のルールや法律面でも難しいところがあるためだ。
    ※金銭的リターンを得られる形の募集は金商法に縛られます。そのため映画製作などでお金を安易に集められません。金銭的リターンにしないならば募集自体は容易ですが、金銭的リターンの魅力がないとなかなかお金が集まらないという現実が国内にはあります。

     投資型として資金を調達してその利益を分配する。ただし映画がヒットするかどうかは未知であり、事業計画(投資計画)書には正確なものは載せられない。そこを補うプラスアルファで購入型が現在提供している前売りチケット、先行試写会、エンドロールへのクレジットという特典もつけたい。投資する側とされる側が様々にリンクできる形を考えたい。

    日本のソフトコンテンツは世界にも強みを持つ分野だ。その育成に資金調達の面で協力できればと思っている。

    投資型と寄付・購入型が合わさったものがあってよいと思う。

    最後に



    セミナーの様子は以上となります。

    SAMURAIの目指す方向性

     SAMURAIについては第一種金融商品取引業登録の登録とグループ会社との提携をフルに活かした新しい直接金融を提供するというビジョンを聞かせてもらうことができました。

    maneoマーケットについてはスポンサーが決まり、投資家保護を第一とする決意を聞かせてもらえました。

     もちろん上記のことはこれからのことです。これからのSAMURAIに、より一層の期待をもって見守らせていただきたいと考えています。

    SAMURAI公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村


     SAMURAIでは新規投資家登録だけで、Amazonギフトカード500円をもらえるキャンペーンを実施中です。

    SAMURAIが新規口座登録、500円のキャンペーンを開始!

    新規会員登録キャンーペーンはノーリスクで投資家が儲けられる少ない機会です。

    どうかお見逃しなく!

    参考
    SAMURAIが新規会員登録でAmazonギフト券500円プレゼントキャンペーン開始!

    SAMURAI公式サイトへ

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    情報ありがとうございます。直接聞いた話は信頼できる情報なので、大変ありがたいです。回収活動がよい形で進むことを願います。

    2019-10-09 12:52 │ from サラダURL

    これからに期待したいと思っています

    サラダさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    メールによる質問とその回答と違って、
    直接問い合わせた話はやはり情熱がこもっていて
    内容も踏み込んだもの、詳細なものになりやすいと感じています。

    maneoの遅延案件回収については、
    じつに情熱的な話がありましたが、
    筆力の至らなさゆえに十分に表現できてないかもしれません。


    ただ、maneoファミリーの遅延状態については、
    現状よいニュースはあまり聞けてはいないようです。

    これからに期待したいと思っています。

    2019-10-09 17:38 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    SAMURAIのセミナーの様子がよくわかるレポートでした。
    お疲れ様です。

    ファイアフェレットさんからの質問でない箇所を割愛したとありましたが、他にどのような質問があったのでしょうか?

    2019-10-10 13:32 │ from URL

    1つだけ覚えています

    2019-10-10 13:32にコメントを頂いた方へ

    コメントをどうもありがとうございます。

    省いた質問としましては、SAMURAIの過去の
    不動産案件について、その利回りの妥当性を鋭く追求したものがありました。

    大変熱心に言葉を交わしていたので、いずれその方(質問者)が
    記事にされるのではないかと考えています。

    すみません。

    その他の質問については、よく覚えていません。

    2019-10-10 17:42 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1934-d39ae10c