FC2ブログ

    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)2019年9月期募集額速報 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)2019年9月期募集額速報

    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)2019年9月期募集額速報


     2019年9月期のソーシャルレンディング)投資型クラウドファンディング)の募集額速報をお伝えします。

    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング) 2019年09月期募集金額

    同月における募集額は73億7,772万円となりました。

     このところ100億円を超えたその次の月は100億円を割り込む。あるいは100億円を2月連続で超えたその次の月は100億円を割り込む、という奇妙なアノマリーが2回ずつ繰り返されています。

     安定的に100億円を上回り、回復していき、かつての200億円超えに挑戦してほしいのですが、maneoファミリーが休止状態の今、なかなか難しいのかもしれません。

     SBIソーシャルレンディングクラウドバンククラウドクレジットオーナーズブックの老舗4社の合計額が約64億円、全体の87%と、寡占がますます強まっている気がします。

     SBIソーシャルレンディングクラウドバンククラウドクレジットは相変わらず堅調、特にオーナーズブックは、過去2番目の大型案件、大阪市中央区ホテル素地第1号第1回(募集額7億5千万円)により、過去2番目の月募集額を記録するという、一層際立った堅調さを見せました。

     LENDEXは短期、高利回り案件の募集により過去最大の月募集額を記録しました。FANTAS fundingは案件募集が活発であり歴代2位の記録です。CREALは大型案件組成がなかったので、来月に期待です。

     ソーシャルレンディングが底堅くも、なかなか募集額が回復しないのに対して、不特法不動産投資型クラウドファンディングはますます好調であり募集額を伸ばしつつあります。

     2017年全体の募集額は約6億5千万円。2018年では約43億円(月平均3億6千万円)、そして2019年9月時点では約34億円(月平均3億8千万円)と、規模においては小さいですが、着実に伸びています。

     CREALFANTAS funding、Renosy、Bit Realty、そして最も新顔のジョイントアルファが着実にその認知度を高め、募集につなげています。

    参考
    穴吹興産、ジョイントアルファ、ビッグウェーブに乗って投資します!

    30%の投資損失を東証一部上場穴吹興産引受るジョイントアルファで少額不動産投資検討を
    Jointoα(ジョイントアルファ)


    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング) 2019年09月末時点累計募集金額

    2019年9月末時点累計募集額は5,288億1,900万円となりました。

     先日SAMURAIのセミナーで聞いてきました。maneoファミリーにおいては、まず投資家保護の視点から、遅延案件回収に集中するとのことです。本格的な案件募集はそれからの話となるそうです。ですから募集額回復にはもう少し時間がかかるかもしれません。

     全く正しい判断かと思います。投資家への誠意は遅延案件償還で示してもらうしかないというのが、投資家の総意ではないでしょうか。

    maneoファミリーの復活を期待します。

    Funds 公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1921-01145b83