FC2ブログ

    maneo 川崎遅延案件、不動産販売を積極的に行う方針に変更! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » maneo » maneo 川崎遅延案件、不動産販売を積極的に行う方針に変更!

    maneo 川崎遅延案件、不動産販売を積極的に行う方針に変更!


    maneoの川崎遅延案件。

    利回りにより償還の優先返済順位が異なるという設定の珍しさ

    募集額約12億円、担保価値が約16億円と硬いと思わせる大型案件

    しかしその不動産担保が競売の最低売却価格約4億2千万円でも売れなかった


    といういわくつきの案件です。

     maneoの担保価値評価に疑念を抱かざるを得ない案件として、まず間違いなく最も注目されている案件かと思います。

    maneo川崎遅延案件

    なお、私は約25万円投資しており、元本償還はほとんどない状態です。

    maneo川崎遅延案件

    償還優先度は1位であり、(誰が付けたか知りませんが16億円と評価された)担保が2億円未満で売れるようなことがない限り、損はしないはずです。

     本日(2019/9/30)その川崎案件案件においてmaneoマーケットから連絡がありました。販売促進方法が変更となり、主幹事である大手不動産会社が主体となりダイレクトメールやテレコール、直接営業などの手法を組み合わせて医療法人への販売促進を集中的に行う方針で調整するとのことです。

     ただ次の競売を中止するわけではなく、10月30日が入札開始日になったとのことです。競売、任意売却、どちらでも良いのでなるべく投資家の元本償還につながる形となればよいと思います。

    maneo川崎遅延案件

    1.回収活動状況について

    本件融資の担保対象となる不動産は、神奈川県川崎市内の土地及び建物です。

    事業者C社の任意売却の状況について、大手不動産仲介会社を主幹事とした現地内覧会及び入札につきましては、
    当初主幹事として想定していた大手不動産仲介会社からの提案により販売促進手法が変更となりました。
    同社が主体となりダイレクトメールやテレコール、直接営業などの手法を組み合わせて医療法人への販売促進を集中的に行う方針で調整、準備にあたっています。
    また、事業者C社としても新たな購入希望者の探索は継続しております。
    一方で、日程調整中にあった対象不動産の競売再手続きにつきまして、事業者C社は10月30日が入札開始日となった旨、通知を受領いたしました。
    入札開始日と任意売却の状況を見合いながら事業者C社は今後の回収について対応を検討していくこととなります


     任意売却に積極性が見られるようになったこと、悪いニュースではないかと思います。maneoマーケット、先日の経営陣刷新により、Jトラストグループのパルティール債権回収株式会社がその債権回収の一陣に加わりましたが、その効果が早速現れたのかと思います。

     もし私の推測が正しいしとしたら、最も注目度が高いだろう川崎案件でいち早くメッセージを出したことは良い一手かと思います。

    maneoマーケットの復活に期待です。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング



    30%の投資損失を東証一部上場穴吹興産引受るジョイントアルファで少額不動産投資検討を
    Jointoα(ジョイントアルファ)

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    上場企業の収益事業で資産運用できるFundsに注目
    Funds

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額600億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1920-ec0bb278