FC2ブログ

    CAMPFIRE OWNERSの初案権が募集開始に。社会性が高く、いずれも融資先情報開示 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » CAMPFIRE Owners » CAMPFIRE OWNERSの初案権が募集開始に。社会性が高く、いずれも融資先情報開示

    CAMPFIRE OWNERSの初案権が募集開始に。社会性が高く、いずれも融資先情報開示


    先日投資家募集を開始したCAMPFIRE Owners

    CAMPFIREOwners

    参考
    2019/9/2 [速報]CAMPFIREの融資型クラウドファンディング CAMPFIRE Ownersの投資家登録が始まる!

    CAMPFIRE_OWNERSの仕組み

     その初案件募集が本日(2019年)9月24日より始まります。4案件同時に募集開始され、いずれも違うプロジェクト、融資先です。

     融資先ははっきり明示され、付記された会社情報、添付されている会社URLから融資先情報を知ることができます。

    CAMPFIRE Ownersで募集が開始されるのは

    CAMPFIRE_障害者支援サポートファンド

    障がい者技術育成プロジェクトファンド(融資先:特定非営利活動法人テイラーズ・ギルド)

    CAMPFIRE_ADHDサポートファンド

    ADHDサポート教育事業ファンド(融資先:日本教育設計株式会社)

    CAMPFIREエチオピア環境ファンド

    エチオピア環境リサイクルファンド(融資先:株式会社フクナガエンジニアリング)

    CAMPFIREコスメブランドファンド

    コスメブランド研究開発ファンド(融資先:日東電化工業株式会社)

    となっています。

    いずれも運用期間は12ヶ月、利回りはコスメブランド研究開発ファンドが5%、それ以外は3%。
    担保、保証はいずれもありません。

     2案件が社会的弱者救済、1案件が環境リサイクルといかにもCAMPFIREらしい案件の布陣となっています。

     私がざっと見た限り、コスメブランド研究開発ファンドの利回りが高く、借り手の日東電化工業株式会社の規模の大きさ、半世紀に渡る社歴の長さから硬いファンドと見受けられます。実際に募集が開始された時に社会性の高いファンドと事業性の高いファンド、どちらにお金が集まるか注目しています。

    Fundsのように融資先は上場企業(のグループ会社)とはいかない小規模の会社です。

     ただ社会性の高い事業、小規模の企業を資金調達の面から支えたいという家入一真CAMPFIRE社長の思いを実に反映したファンドと感じます。

    CAMPFIRE Owners 公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1910-3575b4b7