FC2ブログ

    日経マネー2019年10月号で初心者向けとして紹介されているソーシャルレンディングサービスは… - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング » 日経マネー2019年10月号で初心者向けとして紹介されているソーシャルレンディングサービスは…

    日経マネー2019年10月号で初心者向けとして紹介されているソーシャルレンディングサービスは…


    ソーシャルレンディングが日経マネーに久しぶりに登場


    日経マネー2019年10月号でソーシャルレンディングが取り上げられました。



    ソーシャルレンディングの紹介は2018年7月号以来となります。

    参考
    日経マネー2018年7月号でソーシャルレンディングが紹介されました。

     2018年7月号における紹介が「ラクラク勝てる注目の最新サービス」という特集だったのに対して、2019年10月号においては「話題の投資先、ここがおいしい&ここに注意」という特集内での紹介です。

     日経マネーの今回のメイン特集は「ほったらかしでお金が増える 配当生活入門」であり、主に(高配当)日本株、REIT、投資信託、米国株がメインに取り上げられています。

     上記投資商品が比較的安全資産的に扱われているのに対して、注意喚起が多めのミニ特集「話題の投資先、ここがおいしい&ここに注意」にソーシャルレンディングは「米ハイイールド債、投信」、「中古マンション投資」とともに掲載されています。

    クラウドクレジット公式サイトへ

    取り上げ方はいたって中立


    本当においしいの!?話題の高利回り商品をチェック!
    高配当株以外にも高い利回りをうたう金融商品は色々とある。高いリターンは、ハイリスクと表裏一体だ。そこで気になる3種類の高利回り商品について、実際の高利回りや投資環境など、おいしい投資かどうかを徹底取材。注意点も含めて紹介しよう。

    同特集のあおり文(76ページより)

     不祥事が相次いだ後なのでさぞ注意喚起に満ちた内容かと思ったら、至って中立公正な紹介となっています。少なくとも必要以上に危険な投資であると煽り立てる記事ではありません。

    ソーシャルレンディングが不祥事を続き世間の耳目を集め被害者も出た
    それでも予定通りの利回りを手に入れた投資家も多数いる
    不祥事は運営者、匿名化に問題があった例が多い
    匿名化を悪用した運営者がここ数年相次いだ
    ただし金融庁が匿名化を解除、融資の透明性が高まった
    投資先はプロがお金を貸さない相手
    確かな運営会社を選び、分散投資を心がけよ

    といったことが書かれています。
    ※「プロがお金を貸さない」だけはソーシャルレンディング事業者が「プロではない」という意味になってしまうので、少し不愉快です。

    LENDEX公式サイトへ

    日経にも人物がいた


     本記事で注目と私が感じたのは、匿名化が当局の指導であることが明記されていることです。

    従来は行政の指導で借り手の情報は原則非公開とされており、投資家は誰に投資しているのかわからなかった


    と書かれています。この後に匿名化を解除したのが金融庁と明記してあるので、「行政」がどこかは明確です。

     これまでの日経は日経新聞において「匿名化は貸金業の規制によるもの」とか「金融庁が投資家保護のために匿名化を解除した」というふうに金融庁を擁護する記事ばかりを掲載してきました。

     それは間違いです。事業者融資においては融資先情報は基本開示していたのを2014年に金融庁が匿名にするように業者に指導したのです。匿名化を金融庁(関東財務局)が強行したため、それを悪用した業者により多大な被害がでました。金融庁にも多大な責任があるのです。日経はその不祥事の隠蔽に加担してきました。まさに「イヌ」でした。

     私の知る限りマスメディアが匿名化を「当局の指導」と明記したのは、これが初めてです。さすが日経、人物がいると感じました。

     以前当ブログで「金融庁のイヌ」と私が罵った日経新聞記者、南毅郎、坂部能生、四方雅之とは大違いです。

    ネクストシフトファンド公式サイトへ

    けにごろうさんも登場


     本特集、ソーシャルレンディングのパートには「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」管理人、けにごろう(中田健介)さんも登場します。けにごろうさんの8年のソーシャルレンディング投資履歴が当ブログ以上に赤裸々に記されています。

    けにごろうさん初心者向けソーシャルレンディングサービス

     そのけにごろうさんが、本特集で初心者向け業者と紹介するのがオーナーズブックSBIソーシャルレンディングです。

    この2社ならば、その実績、硬さ、コンプライアンスからまさしく初心者向けであり、私も賛成です。

    オーナーズブック公式サイトへ

    ぜひ、初心者はこの2社からソーシャルレンディング投資を初めてほしいと思います。

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ

     分散投資には2社ではちょっと不十分かもしれないので、私からさらに1社付け加えさせていただければ、クラウドバンクもその硬さ、案件の豊富さから初心者におすすめです。

    クラウドバンク公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1897-fae5a1d3