FC2ブログ

    フェイクニュース 撃退企画 国内初期ソーシャルレンディングについてのデタラメの指摘 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » エニート » フェイクニュース 撃退企画 国内初期ソーシャルレンディングについてのデタラメの指摘

    フェイクニュース 撃退企画 国内初期ソーシャルレンディングについてのデタラメの指摘


     お金の情報サイトincomepressにおいて、初期の国内ソーシャルレンディングにおいて、フェイクニュースがばらまかれていいます。

    資産運用するなら知っておくべき、耳目を集める新しい金融の仕組み「ソーシャルレンディング」について_incomepress

    資産運用するなら知っておくべき、耳目を集める新しい金融の仕組み「ソーシャルレンディング」について(2019/5/15 incomepress) (魚拓1魚拓2)

     ソーシャルレンディングの黎明期、いわゆるLending ClubやZOPAのようなP2Pレンディングを目指していたころの、国内ソーシャルレンディングについてデタラメが書かれています。

     短い文章ですが間違いだらけです。最近、お金に対する意識の高まり、ネットの普及によりお金の情報サイトが増えました。明らかなフェイクニュースをばらまくサイトもあります。Incomepressもその一つです。

     直接当時を知らない私でさえ、間違いだとわかります。マネー情報がWEBにあふれるようになり、雨後の筍のように続々現れていますが、粗製乱造でとんでもない内容のものが含まれていることを、我々は注意するべきと感じました。

    具体的にフェイクの指摘、ファクトチェックを行っていきます。

    第一のソーシャルレンディングについての間違い


    ソーシャルレンディングは、貸し手と借り手を結びつける金融のマッチングサービスです。2008年ごろ、欧米で個人間融資(P2Pレンディング)のサービスとして開始された経緯があります。日本でも2013年ごろより一時普及の兆しを見せましたが、システム上の問題が多発したため、頓挫した経緯があります。日本国内で初期のソーシャルレンディングが失敗した経緯は明らかです。

    日本国内で初期のソーシャルレンディングが失敗した経緯は明らかです。

    個人間融資というと聞こえは良いかもしれませんが、簡単にいえば掲示板などのサービスを使って借り手と貸し手が連絡を取り合い、お金の貸し借りをするだけだったのです。結果的に多重債務者など、一般的な銀行や消費者金融などから借り入れができない人が借り手の主体となり、また貸し手の側も当時は過払い金の影響で貸金業者が軒並み倒産していました。

    そのため、あぶれた元貸金業者などが不法に融資を行うといった、あまり質のよろしくない市場となってしまったのです。


    と書かれています。

    間違い1 欧米におけるソーシャルレンディングサービス開始時期


     ソーシャルレンディング(P2Pレンディング)の欧米における始まりは異説あるものの、一般的には英国zopaとされており2005年です。「2008年ごろ」ではありません。

    間違い2 国内におけるソーシャルレンディングサービス開始時期


     “(個人間融資の形で)日本でも2013年ごろより一時普及の兆しを見せましたが“とありますが間違いです。

     国内サービスが開始されたのは2008年のmaneoが初、2009年にガイアの夜明けでmaneoが取り上げられ話題となり、AQUSHもサービスが開始されたのが「普及の兆し」と言えるでしょう。しかし2011年には個人間融資の形のソーシャルレンディングはほぼ姿を消しました。
    ※法規制により、海外のような個人間融資と国内ソーシャルレンディングは程遠いものでした。

    2013年まで生き残っていません。

    「日本でも2013年ごろより一時普及の兆しを見せましたが、システム上の問題が多発したため、頓挫した経緯があります。」などとんでもない話です。

    間違い3 国内P2P金融の失敗の経緯、理由が間違いだらけ


    記事では初期国内P2P融資が
    1. 掲示板などのサービスを使って借り手と貸し手が連絡を取り合い、お金の貸し借りをする
    2. 多重債務者など、既存の銀行や消費者金融などから弾かれた人が借り手の主体となった
    3. 過払金返還で窮地に陥った業者が融資を行っていた
    という趣旨のことが書かれています。どこで調べたのかしれませんが全くのデタラメです。

     国内で個人間融資(に国内法で可能な限り近づけた)サービスを提供していたのはAQUSH、maneo、SBIソーシャルレンディングです。

     maneo、AQUSH、SBIソーシャルレンディングともそれぞれシステムは違いますが、掲示板を用いて勝手にお金を貸し借りするような仕組みではありません。

     強いて言えばmaneoの用いていた「オークション方式」が一番近かったもしれません。ただしあくまで融資するのはmaneoであり、投資家が直接融資していたわけではありません。

     「あぶれた元貸金業者などが不法に融資を行った」とのことですが、初耳です。どこ情報でしょう?当時、いや今でもあるのでしょうが、ネットの掲示板を通じて見ず知らずの人同士がお金の貸し借りを行うことはあったでしょう。
    ※最近も「ひととき融資」で逮捕に至った事例があります。

     これらはソーシャルレンディングとは全く別のただの「闇金融」です。そのような違法行為と初期の国内ソーシャルレンディングが混同されて語られるのは迷惑千万な話です。

    第二のソーシャルレンディングについての間違い


    上述した第一のソーシャルレンディングが衰退した後、第二のソーシャルレンディングが誕生しました。これは前述とは異なり、ビジネスモデルとしてきちんと確立されたものです。第二のソーシャルレンディングは、私募債ファンドに近い形態を取っています。第二のソーシャルレンディングは第二種金融商品取引業としてインターネット内で資金を募り、不動産や太陽光など、資金のかかる事業に投資することでリターンを得て、それを投資家に分配します。


    上記記事この部分の間違いを指摘します。

    間違い4 第二種金融商品取引業の登録


     第二のソーシャルレンディングになって、はじめて「第二種金融商品取引業」の登録を行うようになったかのように書いてありますが、「第一」の頃から登録は行っています。

    間違い5 私募債とソーシャルレンディングは似ても似つかない!


     現在のソーシャルレンディング「私募債ファンドに近い形態」とありますが、ソーシャルレンディングか私募債、あるいはどちらも知らないのでしょう。

     ネットを用いて大衆(クラウド)といった不特定多数に勧誘を行うソーシャルレンディングと、「機関投資家」あるいは50人未満しか勧誘を行えない私募債とは似ても似つかないものです。

     Incomepressでは上記のような問題が起きていたのは「第一のソーシャルレンディング」であり、現在の「第二のソーシャルレンディング」はビジネスモデル的に確立されたもの、アセットに組み入れたい金融商品」などと持ち上げてくれています。しかし、このような間違いだらけの記事を掲載するメディアに紹介されても、有益なのかは疑問です。

     Incomepressの当記事については、単なるライターの力不足であり故意にフェイクをばらまいたものではないと思っています。しかし世の中にはPVやアフィリエイト稼ぎのために故意にフェイクニュースをばらまくサイトはあるでしょう。そういったサイトはより厳しく指摘していきたいと思います。

    当ブログが過去に指摘したソーシャルレンディングのフェイクニュースについては

    JCサービスに問い合わせて「ソーシャルレンディング投資の学校」の情報を否定してもらいました

    ソーシャルレンディング投資の学校がみんなのクレジットのフェイクニュースを拡散

    トラストレンディングの運営会社、エーアイトラスト社に威力業務妨害事案発生!断固たる処置を望む!エニートの嘘を暴露!

    エニートがトラストレンディング船舶案件速報で露呈させたパクリの動かぬ証拠

    エニートが慶應義塾卒で年収1,500万円以上って信じられますか?

    もご参照ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    1万円から始める新しい不動産投資クラウドファンディング
    CREAL


    在住外国人支援案件、アジアビジネスに特化したCOOLで最先端の投資体験をCOOL

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    信頼の証券会社、親会社が上場企業のSAMURAIは硬い投資案件をご提供
    SAMURAIクラウドファンディング

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1876-d5d29eaf