FC2ブログ

    ユニコーン、メール送信障害謝罪姿勢が示してくれた金融商品取扱業者のあるべき姿勢 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ユニコーン » ユニコーン、メール送信障害謝罪姿勢が示してくれた金融商品取扱業者のあるべき姿勢

    ユニコーン、メール送信障害謝罪姿勢が示してくれた金融商品取扱業者のあるべき姿勢


    ポカミスを取り扱うのは自分に甘くて、他人に厳しい行為


     当ブログは投資型運営業者のポカミス(ケアレスミス)は取り扱わない姿勢をとっています。

     運営会社が些細なミス(メール文面ミスが多い)をした際に、そのことを大々的にタイトルに入れて記事にすればPVを稼げるのでしょうが、正直いやらしい行動のように思えてやる気が起きません。

    正直ポカミスだったら私もやりまくっているので、人を責める気になれないです。
    ※その代わり「故意に」他人に危害を与える行為については、人並み以上に私は厳しいです。

    金融商品取業者として問題だ、という非難がされることもあります。

    確かにそれは「ごもとっとも」です。ただ、

    投資ブロガーならば許されるけど、金融商品取扱業者は許さない

    という自身に都合のよい理論を展開するようで、「私には」恥ずかしくできません。

    「あなた方の中で罪のない者だけが彼女に石を投げなさい」

    と同じで、全くポカミスをやらない人ならば、上記ポカミスをあげつらってもよいと思います。
    ※私は自分に甘くて他人に厳しい人は大嫌いです。故にポカミスをよくやる私が他人のポカミスを非難する気になれません。

    ユニコーン公式サイトへ

    業者に厳しくするならば・・・


     業者に厳しくするならばポカミスをいちいちあげつらいPVを稼ぐセコいことはせず、「本当に」看過できないことを指摘する姿勢で私はありたいです。

    業者の不誠実な姿勢は厳しく指摘していきます。またポカミスならば
    1. 間違いを長期間訂正できずにいた
    2. 間違いの謝罪を行わなかった
    3. 見苦しい、無理のある言い訳をした
    ということならば厳しく糾弾しても良いと思います。

     こまかいことに普段からギャアギャア騒ぎ立てません。しヵし、あの人が非難するくらいならば「よほどのことだ」と思っていただけるようになりたいです。

    軽くてセコいあげつらいじゃなくて、重厚な非難をできるブログであると思われたいです。

    さて前置きが長くなりましたが、申し上げたいのは

    株式投資型クラウドファンディングのユニコーンの謝罪姿勢は実に立派!

     ということです。ユニコーンは201年7月22日に1号案件募集を行いました。募集が殺到し、開始13分後には上限募集額に達し満額成立しました。

     しかしあまりにも申し込みが殺到したため、メールの自動送信システムが正常に機能せず誤配信がおこりました。

     この事態についての釈明、また釈明が遅れた件について実にわかりやすく説明するメールが8月2日に届きました。

    ユニコーンメール誤配信の文面

     実に論理的、またわかりやすく書かれており、直接関係ない私にとっても事態が飲み込めるものでした。

     投資型クラウドファンディングに携わって約8年となる私ですが、ここまで丁寧な説明を伴う謝罪メールをもらったのは初めてです。

    是非、他のソーシャルレンディング運営業者もこれを見習ってほしいです。

     謝罪の言葉ばかり丁寧で、事態の進捗がまったくつかめない不誠実なメールを読むのはもううんざりです。

    ユニコーン公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1858-35cdba5c