FC2ブログ

    2019年6月期遅延報告 停滞は嵐の前の静けさか - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング収益報告 » 2019年6月期遅延報告 停滞は嵐の前の静けさか

    2019年6月期遅延報告 停滞は嵐の前の静けさか


    特に今月は進展がありませんが、2019年6月時点、ソーシャルレンディング投資における遅延状況報告を行います。

     前にも述べましたが、この報告は2019年6月末時点での投資残高に対して、7月中旬時点での遅延額を用いて計算しています。特に大きな違いは生じませんが、生じるような場合は再考します。

    ソーシャルレンディング投資結果まとめ

    ソーシャルレンディング投資結果まとめ

     特に今月は進展も後退もありません。新たな遅延は発生していません。一方で元本償還が行われる形のエグジットも損失が確定したものもありません。ただ、わずかに元本償還があり、遅延額が減りました。

    ソーシャルレンディング投資結果まとめ

    千円にも満たない額ですが・・・。

    ソーシャルレンディング投資結果まとめ

    遅延額、比率とも先月とほとんど違いがありません。

     maneoの遅延案件で償還があったようなことが書いてありましたので、近いうちのエグジットを期待です。トラストレンディングにおいては、遅延が起きるかとおもいきや、利息だけ支払われて投資期間延長とかはらはらすることが続いていますが、それなりに償還を頑張っていることが読み取れます。

     ただ、maneoファミリーのガイアファンディング、クラウドリース、キャッシュフローファイナンスにおいてはろくな報告があるように思えません。ガイアファンディング、クラウドリースについては、maneoマーケットと満足なコミュニケーションができているように思えません。

     一番まともか?と思えるグリーンインフラレンディングの実質的な運営会社JCサービスはmaneoマーケットと分配方法を巡って揉めていることが明らかとなりました。

     第二種金融商品取引業の登録を行わず、金融庁の手が届かない業者は斯くの如し・・・。ろくでなしの金融庁ですが、ないよりはマシなのかな・・・。とも思っています。

     さすがにずっとこのままではなく、いつかは動きがあるでしょう。大部分が損失となる最悪の事態か、はたまた利益は望めないが元本損失はほとんどないエグジットか、あるいはその中間か・・・。

    今は嵐の前の静けさと考えています。

    ※この記事を書いた後クラウドリースの毀損なし償還、maneoの1,100億円突破記念ローンファンドの損失確定、トラストレンディング船舶案件の新たな遅延が発生しましたが、反映できていません。本当に「嵐の前の静けさ」となりました。

    償還がありしだい、遅延額が確定しだい反映しようと思います。


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    東証一部上プロパティエージェントのシンプルな不動産投資Rimpleで小口不動産投資
    Rimple(リンプル)

    CAMPFIRE Owners


    Tポイントでコツコツ投資なのはSBIネオモバイル証券だけ!
    SBIネオモバイル証券

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1835-23a250b8