FC2ブログ

    週刊現代報道に見るJCサービス、グリーンインフラレンディング、ベアハグに対する検察の間の悪さ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » グリーンインフラレンディング » 週刊現代報道に見るJCサービス、グリーンインフラレンディング、ベアハグに対する検察の間の悪さ

    週刊現代報道に見るJCサービス、グリーンインフラレンディング、ベアハグに対する検察の間の悪さ


     週刊現代2019年7月6日号ミニコラム「事情通」において、検察がソーシャルレンディング投資家にとって実に間の悪い捜査を行っていることについて触れられています。



    ※週刊文春・新潮の報道ならともかく、現代は情報ソースとして私はあまり信じていません。ただ本記事は事実として論評します

    Funds 公式サイトへ

    いったい何の容疑、罪状で特捜は「捜査」をしているのか?


     グリーンインフラレンディングの母体ともいえるJCサービス社、整体・接骨院を運営するベアハグ社が東京地検特捜部の調べを受けているとの報道です。

    JCサービス_週刊現代

    「調べを受けている」との表現は正直微妙です。

    「捜査」と書いてくれれば、「容疑者、問題のある機関を起訴、立件に向けて積極的に調査行動をとっている」とはっきりわかるのですが、「調べている」程度はなんとも言えません。

    ※FACTAが伝えるニュースには記事タイトルには「捜査」と書いてありますが、中身は「捜査員が訪れた」との表現にとどまっています。無料で読めるところでは「捜査員が同じ日に赤坂のリラクゼ・・・」とありますが、これはリラクゼーション業のベアハグ赤坂本店(本社)のことかもしれません。

    参考
    特捜がソシャレ捜査に着手 JCと近い「ベアハグ」も(FACTA 7月号)

     後に続く文から検察に力が入っている「ようにも」伺えます。ただ何も検察が掴めなかったら、表に出てこず泡沫のように消えてしまう類(たぐい)の情報なのかもしれません。

    概要としては以下のようなことが「事情通」には書かれています。

    まったく業種の異なる2社を結びつけるのは長野県上田市の太陽光発電事業
    ベアハグは売電権を取得し土地を購入
    JCサービスはそれを支援、ソーシャルレンディングで14億円を調達
    問題は「ソーシャルレンディングで焦げ付きが大量発生している」こと
    検察は何らかの制裁措置が必要と考えた(何に対してかはハッキリしない)
    両社の共通点は政界にパイプがあること、JCサービスは不倫ゲス議員の細野
    茂木敏充経済担再生担当相(現職)はベアハグの稲川貴久前社長の整体の顧客だった
    その縁で茂木氏は日本リラクゼーション業協会特別顧問を務めていた
    JCサービスの環境アドバイザーの大樹総研は与野党に太いパイプを持つ
    政治案件だけに検察に力がはいっている、どこまで切り込めるか


     いったいなにが容疑かには全く触れられていません。「捜査」をするならば、それなりに具体的な罪状が普通はあるはずかとは思いますが・・・。

     両社が投資家から集めた14億円を不正利用しているのか、政治家、大樹総研に金が流れているのか?それに触れず、政治家とつながりがあれば「怪しい」と印象操作するとはさすがサヨク現代らしい記事です。

    ユニコーン公式サイトへ

    なんでよりによって、8割を返すといっているJCサービスを?


     特捜がまず「捜査」をしてほしいのは、あきらかに怪しく、またすでに甚大な被害が出てしまったみんなのクレジットやラッキーバンクにして欲しいと、私は考えます。

    2017/6/22 みんなのクレジットが別冊宝島で取り上げられています

     の記事で、「金融庁と検察が連動してみんなのクレジットを追い詰めている」と別冊宝島編集部は「大手紙記者」の言葉として伝えたことを紹介しました。

    「現在、金融庁は検察とも連動し、白石氏の家族が経営するファミリー企業を厳重監視しています。今回ばかりは、代表辞任→破産のお得意コースで逃げ切ることは難しそうでうね」(大手紙記者)近く、法廷で、白石氏の「熱い戦い」を見ることができそうだ


    別冊宝島より(上記記事参照)

     もちろん、白石前みんなのクレジット社長は別冊宝島同号の発売から2年以上たった今でも、刑事事件の法廷に立っていません(民事はわかりません)。

    ラッキーバンクに至っては検察が「捜査」しているとの噂さえ聞いたことがありません。

    いろいろな問題はありますが、JCサービスは募集額の8割のめどはたったと表明しています。

    参考
    グリーンインフラレンディング償還 JCサービス2019年6月発表に関する所感

     償還方法が決まったら、いちおう償還の見込みがありそうなJCサービスに、本当に検察がはいっているならば間が悪すぎる。償還に悪影響となるのでは?と危惧してしまいます。グリーンインフラレンディングのベアハグ(DE社?)案件にも影響がでるかもしれません。

    実は投資家資金を隠匿して投資家に損害を与えようとしている

    というようなことをJCサービス、ベアハグがたくらんでない限り、

    投資家に金を償還するまで検察は両社をほっておいて欲しいです。

    捜査が償還に好影響を与えるならば話は別ですが。

     森友学園、加計学園も疑獄どころかそのはるか手前で尻すぼみとなりました。正義感に乏しい、一介の投資家としては

    JCサービスの環境アドバイザーの大樹総研は与野党に太いパイプを持つ

     ならば、その政治力を活かして、是非案件をエグジットさせてください。政治家がどんなに汚く絡んでくれようとも構いませんから。

    新ソーシャルレンディングサービス COOL登場


    COOL_ソーシャルレンディング

    新ソーシャルレンディングCOOLがサービスを開始しました。会員登録はすでに始まっています。

     サービス開始キャンペーンとして、会員登録を済ませた方にはAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。7月31日までに会員登録をすませ、8月31日時点でも会員の人にプレゼントされます。プレゼントの時期は9月上旬とのことです。

    ノーリスクで儲けられる機会は本当に貴重です。どうかお見逃しなく。

    COOL 公式サイトへ


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします
    FUNDINNO(ファンディーノ)

    日本初にて最大のサービスmaneo、募集額1,640億円の実績あり

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    モザイク

    どうもすみません。

    記事の写真にモザイクがかかっていますが、
    公開されているのですから必要ないと思います。
    はずせないのですか?

    2019-10-15 10:54 │ from URL

    モザイクは外すつもりはありません

    コメントをどうもありがとうございます。

    モザイクは外すつもりはありません。

    有償の情報として提供されている記事を
    「公開されている」と言ってよいのかは疑問が残ります。

    全部モザイク無しで公開してしまったら、
    著作権侵害になってしまうかもしれません。

    ~という雑誌、本の情報を参考にしました。
    と書いても「本当にそんなことが書いてあるの?」と疑問をもたれても
    いやなので、当ブログはその元記事の一部を写真などで
    掲載することにしています。

    たいていは、一部だけの写真を掲載するのですが、
    当記事の写真の場合、ミニコラムということで
    引用元を明らかにしながらの一部切り取りが
    難しかったので、コラムまるごとを載せて
    モザイクをかけるという方法を選択しました。

    ご理解をいただければ幸いです。

    2019-10-15 12:16 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1824-eb601d7c