FC2ブログ

    Fundsがインテリックスとの提携、ファンド組成、一部上場企業としては2社目! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » Funds » Fundsがインテリックスとの提携、ファンド組成、一部上場企業としては2社目!

    Fundsがインテリックスとの提携、ファンド組成、一部上場企業としては2社目!


    インテリックスは高品質中古マンションリノベーション事業に強み


     Fundsが2019年月30日、東証一部上場の株式会社インテリックスの子会社、株式会社Intellex Fundingとの提携、また同日同社が組成するファンドを発表しました。

    funds_インテリックスが提携

     実質的にFundsを運営するクラウドポートとインテリックスとの業務提携となります。fundsと東証一部上場企業との業務提携はアイフルに続いて2社目となります。

    参考
    貸付投資のオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」株式会社インテリックス(東証一部上場)の子会社と事業提携(2019/5/30 fundsウェブサイト)

     またインテリックスのソリューション事業部長の俊成誠司取締役へのインタビュー記事も発表されています。

    Funds_インテリックスインタビュー

    インテリックスが見据える中古マンション市場の未来と新サービスの可能性(2019/5/30 Fundsウェブサイト)

     インテリックスは中古マンションを買い取り、高付加価値にリノベーションさせ販売することに強みを持つ企業です。また、1口100万円からの小口不動産投資を行えるアセットシェアリング事業も手がけています。

     高付加価値で、保証の行き届いたリノベーションを行うこと、また不動産投資においては情報収集能力がものを言いますが、その情報量、目利きについても自信を兼ね備えていることがインタビューから読み取れます。

     マンション市場に新築は最近頭打ちですが、中古の販売は活発であり、また古いマンションが増えてきたこともありリノベーションの需要は年々高まっています。インテリックスはリノベーションのリーディングカンパニーとして、リノベーション協議会を立ち上げました。同社社長の山本卓也氏が理事長として就任しており、参画企業は年々増え続けています。

    山本卓也社長(インテリックスWEBサイトより)
    山本卓也社長(インテリックスWEBサイトより)

    funds 公式サイトへ

    ファンドはリースバック事業への投資


    Funds_インテリックス_リースバック事業あんばい

     インテリックスのファンド、「リースバック事業「あんばい」ファンド#1」は6月6日(木)、午後6時より募集が開始されます。

     インテリックスは京町家、博多のマンションリノベーション事業に対して100万円から投資できるアセットシェアリング(不動産小口化商品)事業も手がけています。

     このたびfundsにおける投資対象は同社のリースバック事業に対してです。リースバックとは、住宅を保有する人がその住宅を販売し、その後も家賃を支払いながら住み続けられるサービスを指します。

     学費などで、まとまった資金を手に入れたい人に需要が高まっているサービスです。似たようなサービスとして、住宅を販売せずに担保として、融資を受けるリバースモーゲージがあります。

     リースバック、リバースモーゲージはメリット、デメリット様々にあります。ただリースバックの方が売却なので得られる資金は大きくなる、サービスをうけられるための制約が少ないといった面があります。

    参考
    リースバックとリバースモーゲージの違いを徹底解説(2019/5/29 インテリックスWEBサイト)

     どちらかというと、リースバックの方がニーズの高まりによって生まれた使い勝手のよいサービスと私は感じます。

    Funds 公式サイトへ

    「あんばい」ファンドへの収益構造、投資条件


    funds_インテリックス_リースバック事業あんばい_収益構造

     Fundsの「リースバック事業「あんばい」ファンド#1」の収益は2段構えです。1段目は上記家を販売した後もその家に住み続ける人からの家賃収入。2段目はその人が退去後、リノベーションを行った家の販売収益です。

     資産の裏付けである家(不動産)はすでにインテリックスが所有しているので、その面からも硬いファンドと感じています。利回りは3.5%で運用期間は9ヶ月、一部上場企業への実施的な融資と考えれば硬く、手頃と考えています。

    6月6日には気合をいれて募集に臨みます。

    Funds 公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1786-2b8f9f74