FC2ブログ

    ソーシャルレンディング2019年4月期募集額速報、募集額回復、クラウドバンク首位、全体的に堅調だが案件不足が残念 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング2019年4月期募集額速報、募集額回復、クラウドバンク首位、全体的に堅調だが案件不足が残念

    ソーシャルレンディング2019年4月期募集額速報、募集額回復、クラウドバンク首位、全体的に堅調だが案件不足が残念


    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)2019年4月期全体の募集額の速報をお伝えします。

    ソーシャルレンディング2019年4月期募集額


    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)主要34サービス 2019年04月期募集金額

     2019年4月における全体の募集額は131億0,863万円となりました。2019年でもっとも大きい額であり2ヶ月連続で増加しました。

    2018年11月における130億3,376万円を超えるまでに回復したことになります。


    クラウドバンクが初の月額募集額首位に


     今月のトピックとしてはクラウドバンクが45億2,472万円(全体の約35%)と、過去最大の募集額となったこと、また全サービスで初の首位となったことです。

     クラウドバンクはこれまで、2位になったことは何度もありますが、maneoもしくはSBIソーシャルレンディングに1位の座は阻まれ獲得できずにいました。悲願を叶えたことになります。

     クラウドバンクはソーシャルレンディング信用不安拡大にもまけずに、セミナーを開催しキャンペーンを打ち、地道に営業活動に努めてきました。その効果が現れたのだと思います。

    参考
    2019/4/13 クラウドバンクがセミナー、豪華キャンペーンを開催予定!

    2019/4/17 クラウドバンク累計募集額500億円突破おめでとうございます!

    クラウドバンク公式サイトへ

    老舗の募集額もそれなりに堅調


     SBIソーシャルレンディングも約39億6千万円と先月の約31億円より大幅にのびましたが、惜しくも2位となりました。

     なお、SBIソーシャルレンディングとクラウドバンクで合計約85億円、全体の約67%となり、この2つのサービスが全体を主導する結果に2019年4月はなりました。

     maneo本体は振るいませんでしたが、ファミリーのLCレンディング、スマートレンド、さくらソーシャルレンディングは堅調に募集を集めています。


    クラウドクレジットの募集額は過去12ヶ月で最高


    クラウドクレジットは約9億6千万円と過去12ヶ月で最高の募集額となりました。

     ガイアの夜明けでの紹介から1年を過ぎましたが、クラウドクレジットの活動、メディアへの露出はソーシャルレンディングで一番といって過言でないほど活発です。

     法人向けプライベートファンド募集、横綱白鳳を招いてのモンゴル開発銀行との提携発表会開催、杉山智行社長が本を出版、ソニーグループとの連携、松井証券との提携などクラウドクレジット関連のニュースは紹介しきれません。

    参考
    2019/4/21 今最高に熱い、クラウドクレジットのニュースを一気に紹介

    2019/4/30 クラウドクレジットが松井証券と提携、Amazonギフトカードキャンペーンを展開

     クラウドクレジットのこうした露出の多さ、投資家への償還が信頼、募集額獲得につながっているのだと思います。

    クラウドクレジット公式サイトへ

    人気サービスの募集額が少なかったのは残念


    LENDEXポケットファンディングも堅調に募集額を集めました。

     一方で残念なこともあります。オーナーズブックSAMURAIFundsCREALといった人気で募集開始後、あっというまに満額成立してしまうサービスからの案件組成が少なかったことです。5月以降に期待です。

     なお、そんな中でFANTAS fundingはどんどん募集を行いました。募集後あっというまに満額成立してしまうのは相変わらずでしたが。

     SAMURAIは二重の保証がついたファンドの組成開始、豪華!令和キャンペーン開催など期待をもたせてくれます。

    参考
    2019/4/30 ビッグニュース、SAMURAIが令和キャンペーン実施+保証付き新ファンドを募集

    SAMURAI公式サイトへ

     Fundsもマザーズ上場の株式会社イントランスファンディングと提携して5月9日に同社に融資する初ファンドの販売を開始します。

    参考
    2019/4/27 Fundsがマザーズ上場イントランスの古民家ファンドを公開


    Funds 公式サイトへ

    最後に、J.Lendingが7ヶ月ぶりにファンドを募集し約1億2千万を集めました。

     J.Lendingは2019年5月7日発売の週刊エコノミストに広告を載せる予定とのこと、いよいよ活動を活発化させることが期待されます。

    ネクストシフトファンド公式サイトへ

    ソーシャルレンディング2019年4月期累計募集額


    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)主要34サービス 2019年04月末時点累計募集金額

     ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の累計額は4,768億9,413万円となりました。いよいよ累計募集額5,000億円達成が視野にはいりました。

     信用不安が広まっているようで、実際のところ堅調なサービスは堅調であり、決してソーシャルレンディング全体の信用が失墜しているわけではないことが数字から読み取れます。

     maneoが振るわないことは残念ですが、有力なスポンサー発表、遅延している案件償還の道筋を立てることにより挽回することを期待します。

     最後にここまでお読みいただいた読者様にオトクなキャンペーンのご紹介を。株式投資型クラウドファンディングのユニコーンが投資会員登録だけでAmazonギフト券2,000円をもらえるキャンペーンを展開中です。

    ユニコーンへの会員登録

    2019/4/17 株式型クラウドファンディングユニコーンに投資会員登録でAmazonギフト券2000円ゲット!

    ぜひ、このご機会にどうぞ!申込みは慣れた人でしたら数分で行えると思います。


    各社募集実績の求め方
    maneo:ホームページの「成立ローン総額」から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページの「累計応募金額」から
    クラウドクレジット:ホームページの「これまでのファンド実績」から
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    SAMURAI:WEBサイトの「商品一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」から
    クラウドリアルティ:WEBサイトの募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」から
    LENDEX:ホームページの「ローン総額(累計)」から
    ポケットファンディング:ホームページの「累計応募成立金額」から
    プレリートファンド:ホームページの「成立ローン総額」から
    ネクストシフトファンド:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    Funds:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    RENOSY:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    FANTAS funding:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    CREAL:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    bitRealty:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    FUNDINNO:WEBサイトの累計成約額から
    エメラダ・エクイティ:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    ハロー!RENOVEATION:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    ※すでに募集を停止したサービスは略

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1761-89fa8e75