FC2ブログ

    Fundsがマザース上場イントランスの古民家ファンドを公開 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » funds » Fundsがマザース上場イントランスの古民家ファンドを公開

    Fundsがマザース上場イントランスの古民家ファンドを公開


     Fundsの運営会社クラウドポートがマザーズ上場の株式会社イントランスの子会社、株式会社イントランスファンディングと業務提携したことを2019年4月25日に発表しました。

    Fundsがイントランス社が提携

    貸付投資の「Funds(ファンズ)」、株式会社イントランス(東証マザーズ上場)の子会社と事業提携 インバウンド関連事業展開を目的とするファンド提供も開始(2019/4/25 Funds WEBサイト)

     イントランス社は主に投資用不動産、その取得から管理までを一貫して投資家に提供することに強みを持つ不動産会社です。

     2018年11月にはインバウンド需要に力を注ぐべく、合同会社同会社インバウンドインベストメントによるTOB(株式公開買付)をイントランス社は受けました。このことによりインバウンド事業を推進できる体制が整いました。

     このことについては上記Fundsとイントランスファンディングの提携と同時に発表された、イントランス社長濱谷雄二氏と同社インバウンド事業推進チームプロジェクトリーダーである数野氏に対して行われた下記インタビュー記事に詳しいです。

    企画力を武器にさらなる成長へ。イントランスが構想するインバウンド事業の未来(Funds WEBサイト)

     このインタビューでは他社が取り扱わない未稼働、低稼働の不動産を取得活用してイントランス社が事業を発展させてきたこと、またその具体的な事例であるブライダル案件、インバウンド事業参入について詳しく述べられています。投資判断にご活用ください。

    Funds 公式サイトへ

    イントランス・バケーションズ 京町家ファンド

     イントランス社の古民家(京町家)ファンドはすでに公開されており、連休明けの5月9日に募集が開始されます。イントランス・バケーションズ 京町家ファンド#1、運用利回り4.5%、運用期間12ヶ月となっています。

    イントランス・バケーションズ 京町家ファンド#1投資スキーム

     Fundsの初期のファンドにおいては親会社(上場企業)がファンドを組成して、子会社に融資するスキームの方が多かったのですが、これは子会社(株式会社イントランスファンディング)が(株)イントランスに融資するというスキームとなっています。前回募集された世田谷区MIJASファンド#1もこの方式でした。

     どっちに貸付しようとも大きな違いはないのかもしれませんが、なんとなく親会社に融資する方式の方が私には安心できます。

      Fundsにおけるファンド組成企業も順調に増えてきました。この調子でいつでも投資できる潤沢なファンド組成が行われることに期待です。

    Funds 公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1755-dc3a24c6