FC2ブログ

    クラウドリース全案件遅延、私が現時点では怒りを爆発させない理由 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドリース » クラウドリース全案件遅延、私が現時点では怒りを爆発させない理由

    クラウドリース全案件遅延、私が現時点では怒りを爆発させない理由


     本日(2019年4月5日)、クラウドリースの運営会社株式会社Crowd Leaseが4月10日配当を行う全案件の支払いを停止する、以後は回収に向けて業務は継続するとの連絡を受けたとmaneoマーケットが発表しました。

    クラウドリース案件期失告知メール

     後の交渉は弁護士に委託されるとのことですが、maneoマーケットはその弁護士と接触はできていないようです。

    クラウドリースファイアフェレット前期失案件額

    私はすでにクラウドリースで運用中の約38万6千円が全額遅延しています。

    クラウドリースファイアフェレット前期失案件

     まだ他の方が投資している全案件までは遅延にはなっていなかったと見ていました。しかし本日の連絡をもってクラウドリース「も」全案件期失が確定しました。

     すでにデフォルトが多発、案件の募集も途絶えていましたから時間の問題だったのかもしれませんが。

    クラウドリースフデフォルト額約52億円

     なお、クラウドリースの返済実績では未返済額約52億円が全てデフォルトであると表示されています(延滞中という意味ですが)。

    クラウドリースフ返済債権デフォルト一覧

     返済債権/デフォルト案件は841件、全案件が「回収意向あり」、「回収活動中」であり、損失確定はまだ1円もないようです。
    ※600件くらいは確認しました。

     ただ「回収の意向あり」でありながら、まともに交渉もできない弁護士しか用意しないというのはどういうことでしょうか?

     maneoマーケットはCrowd Lease社と接触を試みているが交渉を委託された弁護士、同社の責任者と接触が取れておらず、なにも知りません、何も教えられません、という趣旨のことをメールで述べています。

     いくらなんでも、もう少し詳しい状況は把握しており、それを投資家に隠しているだけとは思いますが。

    正直怒りをぶちまけたいところですが、現時点では控えます。なぜか?

    とっくのとうに私が投資中の全案件が遅延しているから!

    ではありません。

    2019/3/30 maneoマーケット、経営見直しを歓迎します!瀧本社長の英断に敬意を表します。

    に記したとおり、maneoマーケットの経営を引き継いでくれるだろうスポンサーに望みを繋いでいるからです。

    下手にぎゃあぎゃあ騒ぎ立ては、現れるスポンサーも現れなくなるでしょうから・・・

    まあ、私一人が黙っていたところで焼け石に水でしょうが・・・

     maneoマーケットの経営立て直し方針発表、瀧本憲治氏の社長退任と前後して、ガイアファンディングへの訴訟、クラウドリースからの債務放棄ともとれるような今回の騒動とゴタゴタが続いています。

    投資家の絶叫が響き渡っています。

     しかしmaneoマーケットの瀧本憲治元社長は沈黙しています。投資家に一番明快に説明できるのはこの方だと思いますが、かつてセミナーで聞かせてくれたような、あの理路整然として、気風がよい声は全く聞こえません。

    今では背後で、投資家のために身を粉にして動き、投資家への義務と果たしている。

    「社是は誠実」を実践されているのと期待します。

    どうか良いスポンサーを発表することによって、その期待に答えてほしいです。

     あのコインチェク騒動では、より多くの被害が生じ(かけ)、投資家がコインチェック社の前に押しかけ、記者会見は大騒ぎになりました。ニュースで連日報道され、その悪名は日本全国を駆け巡りました。

    でもマネックスグループ社が、さっそうと現れたことにより、見事立ち直ったのですから。


    2019/4/9 追記
    本文中で4月5日の時点で全案件遅延していると書きましたが、実際には5万200円分正常案件が残っており、それが当日新たに遅延となりました。


    クラウドリース2019年4月9日被弾案件
    ※新たに被弾した案件

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    信頼の証券会社、親会社が上場企業のSAMURAIは硬い投資案件をご提供
    SAMURAIクラウドファンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額430億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook


    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    瀧本が投資家のために動いているとは考えられないでしょ。トップが無責任だから社員も無責任になり、それがプラットフォーム企業にも波及してるんじゃないですか。誰も責任持って行動しない状況で企業がダメになっていく典型的な例です。
    投資家がいくら糾弾しても、マネオ内部でそれを真摯に受け止める人は皆無な状況は今までの経緯でわかりませんか。

    2019-04-05 22:50 │ from URL Edit

    勝負は下駄を履くまでわかりません

    2019-04-05 22:50にコメントをいただいた方へ

    コメントをどうもありがとうございます。

    もちろんご懸念の事態である可能性もあります。

    しかしラッキーバンク、みんなのクレジットの無責任な態度に対して、maneoマーケットでは償還された遅延案件もあります。また具体的な経営見直案の発表、実施などまだ希望はあります。

    勝負は下駄を履くまでわからない

    というやつです。ラッキーバンクの時も損失が確定し、ラッキーバンクの行動が悪意だと確信できるまでは、私は悪意を爆発させるのを控えました。今回もそれに準拠したいと思います。

    ただ、maneoマーケットに対して怒りを爆発させる際、私が攻撃に使用することができる「私だけが有する情報」はラッキーバンクの比ではありません。

    それを使用する機会が訪れないことを願っています。

    2019-04-05 23:05 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    コインチェックはNEM流出の2日後に記者会見を開き、謝罪し、補償すると発表しました。実際に一月半後に返金されました。その誠実さと実行力、資金力及びブランド力はマネオマーケットの一味とはまったく比較にならないのではないでしょうか。

    2019-04-05 23:27 │ from あああURL

    ごもっともです、ただ・・・

    あああさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    ごもっともです。正直maneoマーケットが記者会見を開いてもマスコミが集まるとは思いませんが
    (被弾した投資家ならばともかく)、一刻も早く、事態の収束を図る発表を行うべきだと思います。

    ところでコインチェックの時は記事本文にあるとおり、
    マスコミが騒ぎ立て、投資家が会社に押しかけました。
    だからこそ、コインチェックも2日後に記者会見を開かざるを得なくなりました。

    同様の事態が起きていないのに、maneoマーケットをその意味で比較するのは
    適当ではないのではないでしょうか?

    2019-04-05 23:43 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    返答頂きありがとうございます。

    ファイアフェレット様は独自の情報を持っていらっしゃるようですが、
    ガイアファンディング、キャッシュフローファイナンス、クラウドリースは元本をどれほど償還できるとお考えですか?

    2019-04-06 00:27 │ from あああURL

    下記の宣言をしたいと思います

    あああさんへ
    こちらこそ、どうもありがとうございます。

    まず独自の情報ですが、現状はmaneoファミリーについては全くありません。

    故に償還見込みについてはご回答できませんが、下記の宣言をしたいと思います。

    ガイアファンディング、キャッシュフローファイナンス、クラウドリースの償還見込みですが、あの詐欺まがいのラッキーバンクでも3割は返したのですから、誠実を旨とするmaneoマーケットについては遅延総額の6割以上は返してもらうことを期待します。
    ※あくまで私個人への償還割合で計算します。

    6割以上の償還がない場合は、よほどご立派で納得できる理由を持ってこない限り、ラッキーバンクと同様に怒りをぶちまけようと思っています。

    私がラッキーバンクの際にできたことは、過去の田中翔平のセミナーにおける発言をぶちまけ、ラッキーバンクへの問い合わせ電話の内容を記事にするくらいでした。

    先のコメントにも書きましたが、maneoマーケットに対する報復はそれだけにとどまらないでしょう。

    2019-04-06 00:44 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    ラッキーバンクへの問い合わせ電話についての記事は私も拝見し、少しだけ鬱憤が晴れました。ありがとうございました。
    maneoマーケットについての考えは私もファイアフェレット様と同様で、元本毀損の理由が納得できるものであれば認めますが、そうでない場合はでき得る限りの報復を実行します。できれば法人だけでなく、個々人にもそれを受けて頂こうと考えております。
    夜分にも関わらずご返答頂きありがとうございました。

    2019-04-06 01:09 │ from あああURL

    こちらこそ夜遅くまでお付き合いいただきどうもありがとうございました

    あああさんへ
    こちらこそ夜遅くまでお付き合いいただきどうもありがとうございました。

    価値観を共有できる方とお話できて楽しかったです。

    2019-04-06 01:35 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    スポンサーが現れたとしても、現在投資中で遅延している案件に影響はないのでは?
    クラウドリースはわかりませんが、maneoはノンリコースローンばかり募集していました。
    せめて元本だけでも回収できるようになるのでしょうか?

    2019-04-07 19:46 │ from URL

    全く私には予想ができません

    2019-04-07 19:46にコメントをいただけた方へ

    コメントをどうもありがとうございます。

    スポンサーの登場が遅延案件の回収に影響がないのでは?
    とのご意見ですが、私はあるのでは?、あってほしいと考えています。

    みんなのクレジット、ラッキーバンクがよい例ですが、
    事業を継続する意思がなければ、遅延案件を回収する
    インセンティブも全く働かず、サービサーへ売却して
    投資家へ大損害を与えるというのは過去の事例が示しました。

    スポンサーが現れるということは事業を継続するとう
    意思があるということですから、看板の維持のために
    顧客(投資家)を最大限大事にするだろう。

    という私の推測からくる楽観論です。

    元本が戻るかどうか、個別の案件ごとに異なるでしょう。
    全く私には予想ができません、としか申し上げられません。

    2019-04-07 22:23 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1735-315b2ef9