FC2ブログ

    maneoマーケット、経営見直しを歓迎します!瀧本社長の英断に敬意を表します。 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » maneo » maneoマーケット、経営見直しを歓迎します!瀧本社長の英断に敬意を表します。

    maneoマーケット、経営見直しを歓迎します!瀧本社長の英断に敬意を表します。


     maneoマーケットが瀧本憲治社長の退任も含めて、同社のスポンサー(主要株主ってことでしょう)の選定など全般的な経営見直しを発表しました。

    経営改善に向けた提言書の受領に関して(重要)(maneoマーケット PDFファイル)

    maneoマーケット経営刷新発表_瀧本社長退任

    maneoマーケット、社長の退任やスポンサー選定など経営体制の見直し検討(2019/3/29 東京商工リサーチ)

    やはり驚きなのは瀧本社長の役員からの退任(社長辞任)が報じられたことです。

    私はmaneoマーケットには事業の継続の意思もその可能性もあるともおもっていました。

     ただしそれにはコインチェックが大事故を起こした際にマネックスグループが同社を買収した時と同様の出来事が必要とも正直思っていました。

     事態が刻々と悪化していくに従って、マネックスのようなホワイトナイト(厳密な経済用語のホワイトナイトとは異なります)が必要ではないかとの思いはますます強くなってきました。

     ただ、上記のスポンサー企業へ経営を譲り渡すことは、コインチェックの時もそうでしたが、事業発展の一番の功労者である(同時に事態悪化の最大責任者である)瀧本社長の退任を意味することでした。

     瀧本社長はmaneoの創業者社長こそではありませんが(おそらく3代目社長)、消費者向け融資から始まった国内ソーシャルレンディングを2011年に「事業者向け融資」に舵をとらせ事業の立て直しを図りました。

     その結果ソーシャルレンディングは大発展を遂げました。年間1,800億円(当ブログ集計)を超える額を募集する一大投資商品へと育て上げた最大の功労者が瀧本社長です。

    もちろん事業拡大あたっては間違いもあり、それが本日の事態になってしまった点は歪めません。

     しかし、繰り返しになります最大の国内ソーシャルレンディングにおける功労者であることには間違いはありません。

    それだけに退任の決意には大きな抵抗と無念が伴うものだったでしょう。

     しかし有力なスポンサーがつけばmaneoファミリーはコインチェックと同様に再生への道が一気に開かれることになります。遅延している案件の償還見通しもぐっと明るくなり救われる投資家も増えるでしょう。

     それだけに、退任を受け入れた瀧本社長の英断に私は敬意を評し、僭越ながら讃えさせていただきます。

    社是は誠実

    この言葉が真実であることを自ら退任を受け入れるという形で示されたと思います。

    投資家への誠意があるからこその行為だと思います。

    投資家を守るために英断されたのだと思います。

     ラッキーバンクの田中翔平社長、みんなのクレジットの白石伸生氏がとった行為を思えば、いかに瀧本社長の行動が立派だかは、読者の方は理解できるはずです。

     スポンサー企業がまだ決まってもないうちに、少し気が早いとは思います。ただmaneoひいてはソーシャルレンディング全ての投資家に、この英断がプラスに働くことを願わずにはいられません。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング



    2019年2月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約221万円
    2.AQUSH : 約45万円
    3.クラウドバンク: 約191万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約150万円
    5.クラウドクレジット:約268万円
    6.オーナーズブック:332万円
    7LCレンディング : 約44万円
    8.ガイアファンディング : 約108万円
    9.トラストレンディング : 約190万円
    10.クラウドリース : 約44万円
    11.スマートレンド : 約34万円
    12.グリーンインフラレンディング:約217万円
    13.さくらソーシャルレンディング:約17万円
    14.クラウドリアルティ:30万円
    15.ポケットファンディング:約65万円
    16.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    17.プレリートファンド:約86万円
    18.SAMURAI:195万円
    19.エメラダ・エクイティ:35万円
    (総額:約2,296万円)

    日本初にて最大のサービスmaneo、募集額1,500億円の実績あり


    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    信頼の証券会社、親会社が上場企業のSAMURAIは硬い投資案件をご提供
    SAMURAIクラウドファンディング

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    GMOくりっく証券が、経営権を掌握して、事態の終結を図ってもらいたいです。その体力はあると思います。

    2019-03-30 00:48 │ from ごまURL

    この報道は、少し驚きました。責任を取らないといけないぐらい社内で抑えられないほど、大きな問題になってきているんでしょうね。
    マネオ本体も少しずつですが、資金が集まらなくなってきているよう見えます。

    なんとかこの遅延問題を次の経営者の方たちで解決して、信頼を取り戻して欲しいです。

    グリフラ、少しだけ兆しが見えましたが、まだまだ時間がかかりそうですね。元本回収を願うばかりです。

    2019-03-30 00:54 │ from サラダURL

    私が現状考えられる形では確かに一番の理想ではあります

    ごまさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    既存株主の中では(マネックスグループほどではありませんが)GMOホールディングスは知名度も高く、第一種金融商品取引業の登録をもつGMOクリック証券を擁しています。

    私が現状考えられる形では確かに一番の理想ではあります。

    ただあまりに期待しすぎた結果、そうならなかった場合も考えなければいけません。

    ここでの言及はここまでにさせてください。

    2019-03-30 01:04 │ from ファイアフェレットURL Edit

    退任され株式も手放すという英断に素直に私は敬意を評したいと思います

    サラダさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    はい、大きな問題になっていたのは外側からも明らかでした。

    ただ、瀧本社長は退任をするくらいならば、投資家がどうなろうと決して譲らないという選択もできたはずです。maneoマーケットの最有力株主なのですから。

    それをせずに、退任され株式も手放すという英断に素直に私は敬意を評したいと思います。

    どうも私は今回のグリフラの償還の恩恵には与れなかったみたいです。

    残念ですが、事態の好転をただ祈りたいと思います。

    2019-03-30 01:04 │ from ファイアフェレットURL Edit

    これって英断なんですか?マネオの失態はこの先もソシャレン業界の成長の足枷になりますので業界の功労者とは言えないですし、期失案件の返済目処は全く立ってないと言っていいほどの進捗で、ある程度の価値で株式売って責任を全て投げ出すわけでしょ。最低の経営者じゃないですか。

    2019-03-30 05:58 │ from URL Edit

    おはようございます。

    未だGMOクリック証券では健全にmaneo案件募集していますね。
    ここを覗くとなんだか安心していました。
    maneoもまだ大丈夫なんだと。

    それにしてもファイアレットさんだけですね、瀧本社長の退任を英断と評価したのは・・

    私も大変勉強になります!
    確かにいろいろ罵倒されましたが、英断だと思います。

    今後リニューアルしたmaneoが早くみたいですね。

    2019-03-30 07:20 │ from ここURL

    No title

    マネオとしては新スポンサーを株主に入れて、
    経営改善を図るということは既存案件の回収や償還は
    何とか頑張るというところでしょうか?
    すぐに破産することはないかと考えていますが、
    まだマネオの残債がかなりあって不安です

    2019-03-30 07:40 │ from URL

    No title

    顔見せての説明や謝罪が一度も無く、迫られての退任でしょう。極悪詐欺師と比べれば“立派”かもしれませんが、-10000点が-9999点になった程度のことで、擁護なんてできません。

    2019-03-30 08:35 │ from kkURL

    私も今回、恩恵を受けられませんでした。
    結局、どれだけ調べても、どの案件がどこにあって、事業実態があるのかないのか、私たちには、わからないんですよね。色々、間違った情報に翻弄されないようにしたいです。

    2019-03-30 10:25 │ from サラダURL

    ではどうすればよいのですか?

    2019-03-30 05:58にコメントをいただけた方へ

    今回のmaneoマーケット(ファミリー)のゴタゴタは確かにこれからの業界の足かせとのご指摘は、確かにそのとおりだと思います。

    ただ「期失案件の返済目処は全く立ってないと言っていいほどの進捗」との指摘は間違いであり、それなりにたっている案件あります。ラッキーバンクやみんなのクレジットは大違いです。客観的考察を行わず感情的になっているだけではありありませんか?

    あなたの言動を見ると瀧本憲治社長がセミナー質疑応答で、ただ「○○がよくない」と具体的な改善点を示さずに出席者から言われた時に必ずといっていいほど、返した一言が思い出されます。

    「ではどうすればよいのですか?」

    このまま瀧本社長が経営を続けたほうが良いとお考えなのでしょうか?

    2019-03-30 15:01 │ from ファイアフェレットURL Edit

    私の意見にご同意をいただけたこと、本当にありがとうございます

    ここさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    私の本記事の前に、また土曜日になっていろいろWEBを巡ってみましたが、
    瀧本憲治社長の退任(予定)を扱っているメディアはまだ多くないようです。

    これからはわかりませんが、たしかに英断と評しているのは現状私だけかもしれません。

    ソーシャルレンディングを最近始めたばかりの方からしたら、瀧本社長の
    悪い点(失策)ばかりが目立ち、過去の功績が目に入らないのは仕方がないところもあるでしょう。

    私の意見にご同意をいただけたこと、本当にありがとうございます。

    コインチェックの時と同様に、事態の収束を期待したいと思います。

    2019-03-30 15:02 │ from ファイアフェレットURL Edit

    続報が待たれます

    2019-03-30 07:40にコメントをいただけた方へ

    スポンサーが、まったく新しい株主か、既存の株主かはわかりかねます。あと、

    既存案件の回収や償還は何とか頑張るというところでしょうか

    とのご意見ですが、そんな損な役割だけを引き受けるスポンサーがいるわけもなく

    あくまで目的は「ソーシャルレンディング大手事業者」としての事業の継続でしょう。

    まだ、スポンサーがまだ決まっていない、決まるかどうかもわからない事態です。
    続報が待たれます。

    2019-03-30 15:03 │ from ファイアフェレットURL Edit

    お読みとりいただければ幸いです

    kkさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    -10000点が-9999点

    との評価は全くkkさんが瀧本社長の過去の功績を踏まえていない、
    客観性を欠いた評価かと思います。

    もちろん過去頂いたkkさんからのコメントから、期失に疲れたことは読み取れます。
    そのような評価になってしまうことを、私は非難できません。

    かくいう私もmaneoファミリーに対するブログ記事の評価は相当辛辣に
    最近なってきたと感じています。

    私が(kkさんよりは)瀧本社長を高く評価しているのはそのとおりです。

    ただ、ブログ本文はもう事態の深刻さから、
    「瀧本社長が続投していては事態の早期の収束は難しい、投資家保護のために経営を信用ができる(マネックスグループのような)ネームバリューがあるスポンサーに譲り渡すべきだ」
    との私からの厳しい意見も表明しているつもりです。

    ただ擁護するだけの記事ではないことも、お読みとりいただければ幸いです。

    2019-03-30 15:05 │ from ファイアフェレットURL Edit

    匿名化解除も尾を引きそうです

    サラダさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    事業実態が結局わからない、これは匿名化解除も尾を引きそうです。
    匿名化解除がされたからといって、強制でもなく、
    ましてや過去の期失案件について業者が情報を出してくるとも思えないからです。

    ただ今回の事態、有力なスポンサーが決まったことが
    対外的にアピールできれば、事態の好転とはなるでしょう。

    正直発表はもう少し早くても良かったのでは?

    とは思いますが、大抵の企業では「期」の変わり目、最終営業日が3/29
    ちょうどよいタイミングなのかもしれません。

    2019-03-30 15:06 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    瀧本氏は現状を自分で対処しきれなくなり、また、今後の民事訴訟を恐れて逃げただけなのではないですか?
    瀧本氏が辞めることにより投資家に金が返還されるなら英断だと思います。
    株を売った金及びこれまでの役員報酬を原資にして数多の期失案件のリファイナンスに瀧本氏自身が応じるならまたそれも英断だと思います。
    今のところはとりあえず逃げただけと思われても仕方ないと思いますが。

    2019-03-30 19:24 │ from 逃亡者URL

    瀧本社長は無責任すぎる

    みなさんの情報は大変参考になります。

    それでも雲隠れした瀧本社長が辞めるのは自分に訴訟が及ぶまえに逃げだしたというのが真実だと思います。私はグリフラ2件とクラウドリース6件合計500万円すべてが被弾しています。分散投資したつもりがなぜこんなことが起きたのか納得できません。社長たるものきちんとわかる様に説明してから進退を決めるのが誠実な経営者のあるべき姿でしょう。
    グリフラは明らかに詐欺的行為があったと判断せざるを得ない(そうでないという明確な反論証拠がない)以上、マネオとしてもその管理責任を逃れられません。新体制できちんと事実関係を明らかにして現体制の不正がなかったのか検証することが第一優先事項で、明らかに不正が発覚したなら瀧本社長は民事・刑事の責任を問われるべきです。株式を売り抜けて雲隠れは絶対許せません。みなさん、そう思いませんか?

    2019-03-30 20:02 │ from ToshiURL

    記事で回答いたしました

    逃亡者さん、Toshiさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    長文となったので記事の形で回答いたしました。

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1729.html

    をご参照ください。



    2019-03-30 21:09 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1728-5df960e6