FC2ブログ

    グリーンインフラレンディング遅延案件、maneoマーケットが折れてさっさと償還して欲しい - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » グリーンインフラレンディング » グリーンインフラレンディング遅延案件、maneoマーケットが折れてさっさと償還して欲しい

    グリーンインフラレンディング遅延案件、maneoマーケットが折れてさっさと償還して欲しい


    2019/6/27追記
    本記事で私は「maneoマーケットに折れてJCサービスの主張する個別分配を受け入れろ」と主張していますが、その後考え方が変わりました。今では「JCサービスが折れてmaneoマーケットが主張する按分分配を受け入れろ」と考えています。

    2019/6/27 グリーンインフラレンディング償還 JCサービス2019年6月発表に関する所感

    をご参照ください。


    ゼロ回答ではないが・・・


     昨日(2019/3/26)、グリーンインフラレンディング遅延案件償還について、maneoマーケットから連絡がありました。

    グリーンインフラレンディング遅延案件における報告

    1.グリーンインフラレンディングから償還された15.5億円の投資家への償還を行う

    2.ただし投資家の公平性を害さないとmaneoマーケットが判断したもののみ行う

    3.償還は個別分配と按分分配(maneoマーケットは平等分配と記載)で行う

    4.償還金15.5億円のうち太陽光3案件、約8億500万円についてはJCサービスと分配方法について合意がほぼ取れたので償還する(ただし3月中の分配はない)

    5.ただし太陽光3案件のうち1案件だけは利息の分配のみ

    6.分配については、太陽光3案件の出資者に対して詳細を別途伝える

    7.償還金15.5億円のうち、約7.5億円については、maneoマーケットとJCサービスの見解が衝突しており、償還は行わない

    8.引き続きJCサービスとの協議は続ける

    9.maneoマーケットとしては按分分配にしたい

    10.しかしJCサービスは個別分配を主張しており意見が衝突している。

    11.衝突している意見の進展次回報告は2019年4月20日を目処にする


    と書かれているようですね。

    ※金融庁のゴミ文書よりは読みやすいですが、私のような浅学非才の身には荷が重いです。間違えていたらごめんなさい。

     ゼロ回答ではなく、約8億500万円については、償還の道筋がたったことを、とりあえずは安堵したいと思います。ただ「いついつまでにいくら支払う」とは明記されていません。

    他にもいろいろと疑問が残ります。

    LENDEX公式サイトへ

    1案件は利息の分配のみなので、相当減らされるのでは?


     8億500万円を償還するとは書いてありますが、「3案件の1案件には(元本償還はなく)利息の償還のみと「さらっと」書いてあります。こんな重要なことなのに、さらっと書かれその理由も明記されていません!

     3分の1もの元本償還がまるまるないという意味でしたら、投資家への償還は8億500万円から相当額少なくなるのではないか?

     明記されていないので、その利息しか分配しない1案件が全体の半分以上を占めており、分配は半分以下に「恣意的に」減らされるのでは?

    そう疑いをもってしまいます。

    いつ支払うかは繰り返しになりますが書かれていません。

    SAMURAI公式サイトへ

    太陽光3案件償還は全額個別分配?


     あと償還の連絡は「太陽光3案件の投資家のみ」と読み取れるところが気になります。

     maneoマーケットは案件ごとの個別分配と出資額に応じた按分分配を適宜組合合わせて、償還を行う方針のようです。

    「太陽光3案件の投資家のみ」連絡をするということは、この太陽光3案件については、全額個別分配をするのでしょうか?

     それとも、按分分配もある程度混じっているが、それについては、特に詳細な告知を行わず、償還するということでしょうか?

     按分分配が相当少額ならば、それでも差し支えないでしょうが・・・。とりあえずは結果を待ちたいと思います。

    オーナーズブック公式サイトへ

    maneo:按分分配、JCサービス:個別分配で意見が対立?


     今回の報告において次の重要なことが判明しました。

    maneoマーケットは「もう出資の行方がわけわかんないところが多すぎるから、その分は按分分配します!」と主張しているのに対してJCサービスは、「いや!出資されたお金はちゃんとその案件に投資されているから個別分配にしろ!」という主張を行っています。

    その衝突が最大の償還への障害となっている模様です。

    これは貴重な情報と私は考えます。

     両社は背後では協力関係にあると、私は考えていました。しかしそれは投資家の利害を守るためという両社の意見が合致している、という前提があってこそ信じられる説でした。

     償還を行わない口実として両社の衝突が利用されている。この事態に至っては、ガチで両社が衝突しており、そのために償還が遅れていると考えたほうが自然で、まだ気が楽だと考えています。

    両社がプロレスで争うふりをして、償還を遅らせていると考えるよりは!
    (投資家への背任です!)


     しかし本当に両社が結託してプロレスで償還を遅らせているとなると、訴訟への倍書金、和解金のために内部保留しているという、「ネットの噂」が真実味を帯び始めます

    訴訟に参加していない私にとって、これは悪材料です。

    ネクストシフトファンド公式サイトへ

    もうmaneoマーケットには折れて分別分配してほしい


    償還金をいくら、いついつまでに支払います!

     という明記がされたならともかく、今回も引き伸ばしを図られた気がします。もう1円も分配が行われてないこの状況下においては、呆れ果てるばかりです。

     おまけに「個別分配」、「按分分配」の争いは、尾を引きそうです。償還が行われない口実に永遠とされそうです。本当にmaneoマーケットはソーシャルレンディングの事業を継続するつもりがあるのでしょうか?

     あるからと思うからこそ、217万円が被弾しながらも冷静に事態を見守ってきたつもりですが、この事態においては、心が折れそうです。

    もうmaneoマーケットが折れて、JCサービスの意見を丸呑みにして、個別分配を行ってよ!

    そう思っています。そうすれば事態は相当沈静化するはずです。監督省庁の金融庁(関東財務局)が許さない?

     ラッキーバンクの債権譲渡・バーゲン販売を看過した金融庁が、この形での償還に文句をつけるとも思いません。ある程度不公平があったしても!

     次回4月20日の報告にいたっても、maneoマーケットとJCサービスが、按分分配か個別分配かで争い続けているかに注目したいと思います。

     もし口実とされ償還が引き伸ばしにされるようでしたら、訴訟のために内部保留をしている説に、私も傾こうかなと思っています。

     償還を引き伸ばしにする理由が4月20日の報告に明記されず引き伸ばしになった場合、分配方法の衝突が継続されているとみなします。

    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!【PocketFunding】




    1万円から始める新しい不動産投資クラウドファンディング
    CREAL
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    マネオの発表は、分かりづらいですね。
    直接電話で聞きました。
    3案件については、今月中の返済を目指しているそうです。返済に関係のある人には、連絡が入るようなので、個別返済にあたった人は、ラッキーですね。
    私は時間稼ぎと言うよりは、これ以上、へますると、追加処分されるので慎重になってるのではと思っています。マネオに残され道は正しい返済か倒産か道は二つだと思います。
    だから正しく返すために返済が遅れ、投資家の信頼を逆に失っている感じですかね。
    窓口の人は、返済を先送りにしているのは訴訟と関係ないと言っていました。


    2019-03-27 16:42 │ from サラダURL

    情報提供をいつもどうもありがとうございます

    サラダさんへ

    情報提供をいつもどうもありがとうございます。

    3案件、来月中ならともかく、今月(あと今日もいれて5日しかありませんが)に償還してくれるとなると、本当に嬉しいです。

    とはいっても嬉しいのは「あたった」人限定ですね。

    自分は

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1678.html

    この記事に書いたとおり、【第9弾】メガソーラーローンファンド、52万円投資中のエグジットがなされたものは確実と考えています。「あたって」いることを期待していますが、まさかmaneoマーケットとJCサービスの意見が対立して分配されない約8億円の方に含まれているのでは?と考えると気が重くなります。

    あたった場合は喜びの記事を書こうと思いますが、外れた場合は私怨の記事を書いてしまうかもしれません。

    2019-03-27 17:44 │ from ファイアフェレットURL Edit

    香川県の案件って、NHKで出てた溜池っしょ?エグジットできてるの?

    2019-03-27 22:19 │ from URL

    JCサービスが個別返済を主張するのが得だからだと思います。しっかり運営した案件は高額で売却できて元本だけの返済で済み、ぽしゃった案件は最善を尽くしましたが売却できませんでしたと謝る。そうすれば、多額の資金が会社に残ります。按分分配では一円も残りません。

    2019-03-27 22:56 │ from まURL

    気持ちが暗くなってきました

    2019-03-27 22:19 にコメントをいただけた方へ

    コメントをどうもありがとうございます。

    まったくご指摘のとおりです。当ブログの過去の記事

    2018/11/13 グリーンインフラレンディング、FIT案件移転についての回答・考察
    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1568.html

    に置いて、香川まんのうのFIT案件はJCサービスから塩谷一樹氏に名義が移転された(らしい)ことが確認できていました。FIT権利移転≒エグジットと聞いていたので、先のコメントで「確実」と書いてしまいました。

    確実と思うあまりに、NHKのニュースを聞いても、まったく思い出すことができませんでした。

    なぜあのまったく工事が進んでいない状態でFIT権利が移転されたのか?
    事業実態がどうなっているのか?ますますわからなくなってきました。

    私が同案件に投資した52万円はどうなったのか?気持ちが暗くなってきました。

    2019-03-29 14:55 │ from ファイアフェレットURL Edit

    安易にmaneoに折れろとはいうべきではなかったのかもしれません

    まさんへ、コメントをどうもありがとうございます。

    ご教授どうもありがとうございます。。その説が正しいとなるとmaneoマーケットは投資家利益のために、JCサービスは自社利益のために対立しているということですね。

    ならば安易にmaneoに折れろとはいうべきではなかったのかもしれません。

    ただmaneoマーケットはそのような理由があるのならば、ちゃんとmaneoマーケットは「このような」理由を挙げて按分(平等)分配を主張している、JCサービスは「このような」理由を挙げて個別分配を主張していると明記するべきです。

    maneoマーケットからくるメールにはこの「なぜ」が欠けていることが多く、苛立つことが多いです。

    なぜガイアファンディングは一斉遅延してのか?それにも「なぜ」がほとんどありませんでした。

    このような姿勢が投資家を怒らせていることに「なぜ」気づかないのか?
    疑問に感じてしょうがありません。

    2019-03-29 14:56 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1723-b2459926