FC2ブログ

    自分がとっているリスクを計算してみた。この記事タイトル変えた方がいいかなぁ・・・ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング収益報告 » 自分がとっているリスクを計算してみた。この記事タイトル変えた方がいいかなぁ・・・

    自分がとっているリスクを計算してみた。この記事タイトル変えた方がいいかなぁ・・・


    これ以上凹むことがあったら、記事タイトルを変更するかもしれません


    もうこれまでのような

    私はソーシャルレンディングの投資額のうち約30%を高リスク(高利回り)案件に、70%を低リスク(中利回り)案件に充てるよう…

    から始まる、能書きは無しにします。

    ここまで被弾していながら、そのようなことを書くのは馬鹿みたいですから。

     記事タイトルも「2019年2月期被弾報告」としようと思いましたが、まったく悪いニュースばかりでもないので、現状は保留します。

    ソーシャルレンディング2019年2月時点全投資額

    ソーシャルレンディング2019年2月時点全投資額円グラフ

     2019年2月時点でソーシャルレンディングに投資中なのは、約2,296万円。そのうち1,633万円(71.1%)を中利回りのリターンが期待できるサービスで運用中、残りの663万円(28.9%)を高利回り(おおむね9%以上)の利回りが期待できるサービスで運用中です。


    全体の被弾率は27.8%、高利回り案件は80%が被弾


    ソーシャルレンディング2019年2月時点全投資額遅延案件

     AQUSH、maneoマーケット、ガイアファンディングでは遅延案件すべてとはいきませんが、一部償還がありました。その僅かな額(全て合計しておおよそ1万円)ですが遅延額は減りました。

    トラストレンディング遅延額総額

    トラストレンディング遅延案件

     しかし!トラストレンディングの運営会社エーアイトラスト社が訴訟開始とともに、金融庁から問題を指摘された高速道路案件、除染案件(いわゆる山本案件)の遅延を発表。

    私はその2案件に合計約99万円投資しているので、一気に遅延額が増えました。

    ソーシャルレンディング2019年2月時点全投資額円グラフ遅延額反映

    高利回り案件では約527万円、中利回り案件では約111万円遅延しています。

    全体の被弾額は約639万円、率として27.8%、高利回り案件単独では80%が被弾しています。

     いろいろ、運営会社には怒りをぶちまけたいことがあり、喉元まで出かかっていますが、本記事ではそれを控えます。

    エーアイトラスト社は取材をさせてくれるかもしれないので、現状は控えます。

    maneoマーケットの償還は順調

     maneoはいくつかの案件の近日中のエグジットが予定されています。投資家資金の償還に全力を挙げていることは間違いなさそうなので、現状は控えます(上記は2019/3/15のメール。千葉県の案件の3月25日分配、また予定が早まり3月下旬に埼玉県の決済が行われること、また埼玉2案件エグジットの契約が結ばれたことが書かれている)。

     グリーンインフラレンディングはこの記事にも書いたとおりmaneoマーケットが3月26日にきっと良い発表をしてくれるでしょうから現状では控えます。

     ガイアファンディング、クラウドリース、キャシュフローファイナンスはmaneoマーケットが睨みを利かせてくれることを期待して、現状では控えます。

    全体の被弾額は約639万円、率として27.8%。泣き叫び、怒りをぶちまけたいですが、現状では控えます。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    信頼の証券会社、親会社が上場企業のSAMURAIは硬い投資案件をご提供
    SAMURAIクラウドファンディング

    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額430億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    記事のタイトル見て、スルーしようかなと思いましたが読ませていただきました笑

    気になる一文があったのでコメントしてるのですが、エーアイトラストに取材出来るかもとはどういうことですか?非常に気になっております。

    2019-03-22 06:28 │ from URL

    No title

    記事のタイトル見て、スルーしようかなと思いましたが読ませていただきました笑

    とはどういう意味でしょうか?

    2019-03-22 10:21 │ from ファイアフェレットURL Edit

    私も高リスク案件に入れてて同じような状況で凹むかなと思ったからです。
    お気に触れたようでしたらすいません。

    2019-03-22 11:47 │ from URL

    No title

    私も便所の落書きは嫌々ながら見ておりますから、あなたの

    記事のタイトル見て、スルーしようかなと思いましたが読ませていただきました笑

    が本当は何を意味しているかは理解できているつもりです。

    素直に詫びを入れていただければ真摯に回答しようとおもっていましたが
    そのように、苦し紛れの嘘をつく不誠実な方に返す回答はありません。

    2019-03-23 00:43 │ from ファイアフェレットURL Edit

    グリフラ訴訟について

    久しぶりにコメントします。

    グリフラに投資しているものです。
    私も訴訟には参加せず、辛抱強く待っていますが、なかなかマネオからの進展のない先送りメールにヤキモしております。

    ファイアさんに意見を伺いたいのてすが、
    売却された案件の資金を訴訟組の和解金などの支払いにあてることなんて許されるのでしょうか?あくまでも売却資金は、投資家全体のもののはずです。

    あるサイトで和解金にあてるために返済を先送りしているという、書き込みを見かけますが、それは違うとおもうのですがいかがでしょうか?

    しかし時間だけが過ぎている現状、そう感じてもおかしくないですが。


    2019-03-23 12:33 │ from サラダURL

    許されないが、結果としてはそういうことになるかもしれません

    サラダさん

    コメントをどうもありがとうございます。

    私が投資遅延中の案件においてmaneoマーケットの各ファミリーからのメールにおける見通しは
    明るそうなことを書いてありながら、実際のところまとまった額の償還は本記事に書いたとおりありません。

    特にグリフラにはかなりの額が拘束されており、3月26日に、また延期とかふざけた回答がくるようでしたら、ラッキーバンクの時みたいに、ブチ切れた記事を書いてしまうかも「しれません」。

    質問についてお答えというか私の見解を述べさせていただくと

    許されないが、結果としてはそういうことになるかもしれない

    となります。

    もちろん許されませんが、裁判所の勧めに従った形の和解交渉で、いくらいくら払うこと、ということになったら結果として払わなくてはならないのかもしれません。敗訴した時の賠償金も同様です。

    投資家の公平を害すことには事実上なりますが、表面上は別の事象ですから、そうなってしまうかもしれません。

    支払っても、投資家に満額償還されるのならばよいのですが、結局額が減ったとか、額が減った+訴訟交渉のために人的リソースが減り、エグジットがうまくいかなくなり、さらに減る、という事態だって起こりかねません。

    それを思うと訴訟は本当に軽挙だと思います。今回の事態、相談が多かったこともあるのでしょうが、弁護士が率先して訴訟に投資家を駆り立てたような気配も感じています。本当に投資家のことを考えて訴訟を起こしたのか?大変気になります。
    ※ラッキーバンク、みんクレの訴訟は該当しません。

    和訳金の交渉とのためとのことですが、それを客観的に証明、示唆する事象が現状認められません。

    しかし3月26日にさらに投資家への償還の具体的な道筋をmaneoマーケットが示さず、さらに先延ばしにするようなことを行ったら、まさしく「その事象」になるのではないかと、私は考えています。

    その場合は、ブログ記事本文で触れて、maneoマーケットの姿勢を非難したいと思っています。

    2019-03-23 14:57 │ from ファイアフェレットURL Edit

    もしファンドの売却資金を和解金に使うことになれば、他の投資家も訴訟に動くことになってしまい、大変なごとになるとおもいます。

    なのでマネオも資金を投資家に案件ごとに返済するしかないと思うのですが、マネオの行動が意味不明です。

    2019-03-23 22:21 │ from サラダURL

    私にとって3月26日が一つのヤマです

    はい、大変なことになると思います。

    ただし、起こるとしても、和解金が支払われるのも、賠償金が支払われるのは相当先でしょう。

    だからといってmaneoマーケットにこのまま引き伸ばしを図られたとしたら、サラダさんと同じく疑念にかられ、さらに訴訟に動く人がでる可能性があります。

    他の人は存じませんが、私にとって3月26日が一つのヤマです。maneoマーケットに信頼をおけるかどうかの。

    2019-03-23 23:01 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    一部の資金を内部留保して和解金に用いたいという動機はJCサービスよりもむしろマネマに強いと思います。3月26日のメールの内容で今後が予見できます。

    2019-03-24 21:04 │ from ごまURL

    ごまさんに思い当たることがあったら教えていただければ幸いです

    ごまさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    確かにmaneoマーケットが(JCサービスの主張によれば)、エグジット案件の償還を(理由はわかりませんが)保留しているように「見えます」ので、そのように感じます。

    ただなぜそのような動機をmaneoマーケットが有しているかの理由が私には推測ができません。ごまさんに思い当たることがあったら教えていただければ幸いです。

    よろしくお願いします。

    2019-03-24 22:50 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1718-e9ce0a8b