FC2ブログ

    トラストレンディングへの行政処分理由を検討、ただ絶望しかないが所感を、 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » トラストレンディング » トラストレンディングへの行政処分理由を検討、ただ絶望しかないが所感を、

    トラストレンディングへの行政処分理由を検討、ただ絶望しかないが所感を、


    異例ともいえる2度目のトラストレンディングへの行政処分勧告


     2019年2月22日証券取引等監視委員会がトラストレンディングの運営会社エーアイトラスト社に対して行政処分勧告を行いました。

    あらかじめリークされていたのか、各メディアも報道を行っています。

    エーアイトラスト株式会社に対する検査結果に基づく勧告について(2019/2/22 証券取引等監視委員会)

    ソーシャルレンディング業者、取締役に15億円流出 証券取引監視委が勧告(2019/2/22 毎日新聞 片平知宏氏著)

    エーアイトラストに2回目の処分勧告 虚偽表示で(2019/2/22 日経新聞)

     日経新聞の言葉を借りれば“2度に渡る勧告は極めて異例“とのこと、おそらく一週間後の3/1(金)には処分結果が発表されるでしょうが、厳しい処分が予想されます。

     償還されていない出資額は52億円とのこと(トラストレンディングの累計募集額は83億円)。まだ現状遅延案件は出ていませんが、全く楽観視できません。

     同社は「(指摘を受けた基金は)利益金の分配や元本償還が行えなくなる状況が予想される。多大な心配と迷惑を掛け、深くおわび申し上げる」とコメントを発表した。


    ※同社=エーアイトラスト社、上記毎日新聞記事より

    CREAL公式サイトへ

    募集ファンドの約36%に何らかの虚偽が!


     第1回目の行政処分勧告(2018年12月)で問題(虚偽記載)が指摘されたファンド数は22、今回(2回目、2019年2月)では同54、合計76ファンドです。トラストレンディングのWEBサイトから確認できるファンドは210号までです。

     210号まで1号も欠番がないと仮定すると76/210=約36%です。実に全体の3分の1以上のファンドに何らかの虚偽があったことになります。

    呆れてものが言えません。

    ネクストシフトファンド公式サイトへ

    第1回目と第2回目の処分全容を図式化


    第1回目と第2回目の行政処分の概要を図式化してみました。
    トラストレンディング行政処分概要最新版
    ※クリックすれば大きくなります

     わかりにくい行政処分文面をなるべく噛み砕いてまとめていますが、間違いがあればご指摘いただければ幸いです。

    ポケットファンディング公式サイトへ

    高速道路案件33ファンドの事態は深刻か?


     やはり問題なのは高速道路案件(33案件です)。15億7千万円の出資を投資家から受けています。元請け人から融資先(借り入れ人A)が工事を受注した事実はないと指摘されています。

    後述するエーアイトラストが起こした訴訟の対象に全案件がなっています。

    かなり深刻な事態が予想されます。

    SAMURAI公式サイトへ

    公共事業の依頼元が高速道路の借り入れ人A?


     上記高速道路の融資先は証券取引等監視委員会の文面では「借り入れ人A」であると表記されています。なんとこの借り入れ人Aは別途、問題が指摘されている公共事業案件20案件の依頼元(発注元)であるあらしいです。
    ※第1回目で12案件、第2回目で8案件が問題を指摘された。上記図表参照

    これら公共事業案件は訴訟対象になっていませんが、正直不吉な予感しかしません。

     上記案件の事業実態があるのかどうか、証券取引等監視委員会の文面からはいまいち読み取れません。
    1. 「事業への」貸付が行われていない(事業実態がない)
    2. 「公共事業、大手企業をバックとする事業への」貸付は行われていない(しょぼいが事業実態はある)

    のいずれかであるかが、いまいちはっきりしないからです。

    オーナーズブック公式サイトへ

    エーアイトラストが損害賠償等請求訴訟を提起


     エーアイトラスト社は上記高速道路案件の貸付先(借り入れ人A)への損害賠償等請求訴訟を提起したと発表しました。

     15億7千万円の出資に対して16億4千万円(エーアイトラスト社の自己貸付分も含む)、年5%の割合による遅延損害金の支払いを求めています。

     早速回収活動に乗り出してくれたこと、エーアイトラストとのセイムボート投資であるらしいことは嬉しい知らせです。しかしこのような訴訟に至ってしまったことは、交渉がこじれていることを示唆しているとも言えます。

    勝訴できたとしても、どれだけ投資家への元本償還につながるか自体が疑問です。

    全く楽観視できません。

    クラウドクレジット公式サイトへ

    エーアイトラスト社取締役山本幸雄の解任、法的措置検討


     処分勧告と同日、エーアイトラスト社は同社取締役山本幸雄の解任を発表しました。山本がエーアイトラストに紹介したファンド貸付先から、少なくとも15億8千万円が流出したことが処分理由です。

    流出先は「山本が実質的に支配する会社」とのことです。

     上記15億8千万円は借り入れ人A(高速道路案件の融資先)への出資額15億7千万円とほぼ同額です。すでに損害賠償等請求訴訟も起こされていますが、「山本が実質的に支配する会社」とは融資先Aである可能性があります。

     もっともエーアイトラストの発表には「貸付先から流出した」とあるので、やはり融資先Aから山本の会社に流出したとの解釈の方が妥当かと思われます。


     tit_QASHさんが指摘しているとおり、山本幸雄はいろいろいわくありげな人物、なぜこんな人物をエーアイトラスト社は役員として迎えてしまったのか?資金の流出を許したのか?

    先日、私のインタビューで誇っていただいた内部統制はどうなっているのか?

    2018/7/19 スクープ! トラストレンディングが他社へのレンディングシステム提供開始を宣言!内部統制の整備やガバンンス強化のためのコンサルティングも実施!

    トラストレンディング_エーアイトラストの役員構成

     この山本幸雄なる人物、2018年7月25日時点で私がSSを撮ったエーアイトラスト社WEBサイトの役員構成画面に名前がありません。上記証券取引等監視委員会の発表には「山本は2018年10月に取締役に就任」とあります。

     訴訟対象のファンド(借り入れ人Aへ融資)のうち最も古い105号の募集開始は2018年2月、最も新しい138号は2018年4月、借り入れ人Aが発注元である最も新しいファンドである158号の募集が2018年6月です。105~158号のファンド組成の腕前を買われて取締役に抜擢されたということでしょうか?

    しかしそれらのファンドがこのように問題を指摘されるようでは目も当てられません。
    ※1 問題を指摘されていないファンドに山本が貢献した可能性があることは書き手の良心として言及しておきます。
    ※2 記事初投稿時山本の就任時期を把握しないまま、不正確な情報を記載していたことをお詫びします


    エーアイトラスト社からの説明が待たれます。

     また、法的措置とはどのようなものか?特別背任による刑事告訴あたりが濃厚ですが、エーアイトラストと山本のプロレスでないのならば、断固とした対応があるものと考えられます。

    Funds 公式サイトへ

    金融庁はいい加減になんとか言え!地獄に落ちろ!


     仮にも金融商品である投資ファンドで、既存型金融商品のような詳細な説明が求められていたら、上記ずさんな商品紹介、虚偽記載はここまでひどいレベルでは行われなかったでしょう。

     すべて金融庁官僚による愚かな匿名化指導がもたらした災厄と私は考えます。金融庁から反省の言葉はなく、また日経新聞をはじめとするマスコミからも追求する報道はありません。

     金融庁の自浄作用はなく、またマスコミは情報をもらうために金融庁のイヌであることが、これまで態度、報道姿勢でよくわかりました。この報いは必ずあるでしょう。
    ※マスコミは金融庁からリークを受けているから、発表当日に上記報道ができるのです。



    最後に私事を


    トラストレンディング投資額

     現在私がトラストレンディングに投資中なのは190万円、累計配当額は55万5,583円(税引前)です。

    その中で証券取引等監視委員会より問題が指摘されたファンドは

    トラストレンディング投資案件

    136号ファンド(50万円、第2回目の処分勧告)
    145号ファンド(50万円、第1回目の処分勧告)

    です。合計100万円となります。

     136号ファンドは上記訴訟の対象です。もうかなり絶望視しています。全額償還どころか、相当の毀損を覚悟しています。

     145号ファンドは訴訟の対象ではありませんが、公共事業の依頼元が「借り入れ人A」であり山本が支配する、あるいは大いに関係がありそうな会社です。全く楽観視できません。

    正直、つまらない予想をするのには疲れました。

     そのようなことをしても、事業者、あるいは融資先に悪意がある場合、斜め上で予想が外れることはラッキーバンク、みんなのクレジットの例で思い知りました。

    あとはせめて、エーアイトラスト社の良心に期待したいと思います。

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2019年1月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約220万円
    2.AQUSH : 約45万円
    3.クラウドバンク: 約191万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約155万円
    5.クラウドクレジット:約268万円
    6.オーナーズブック:332万円
    7LCレンディング : 約43万円
    8.ガイアファンディング : 約108万円
    9.トラストレンディング : 約189万円
    10.クラウドリース : 約44万円
    11.スマートレンド : 約34万円
    12.グリーンインフラレンディング:約217万円
    13.さくらソーシャルレンディング:約17万円
    14.クラウドリアルティ:30万円
    15.ポケットファンディング:約65万円
    16.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    17.プレリートファンド:約85万円
    18.SAMURAI:125万円
    19.エメラダ・エクイティ:70万円
    (総額:約2,298万円)
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    組織ぐるみの詐欺でないことが大前提ですが、一度目の勧告、行政処分から今回に至った、と言う経緯を鑑みると、証券取引等監視委員会は4ファンドのみが事業実態がないと結論付けているのかなと思っています。

    すでにアウトですが、これ以上不正が出れば完全なる崩壊です。

    私はマネオ系は様子見てますが、エーアイトラストはかなり悪質だと感じ、既に訴訟体制に入っています。

    エーアイトラストに色々質問投げかけてますが、来週どう出てくるか。
    山本一人に押し付けてるのか、実際に騙されたと言い張るのか。

    次の分配は全ファンドで厳しいのではないかとも予測してます。楽天銀行が凍結するだろうというのが理由です。

    金融庁は本当に能無しですね。馬鹿なエリート官僚がノウノウとやってるだけです。

    2019-02-23 16:43 │ from はっさんURL Edit

    No title

    とても分かりやすい図解ありがとうございました。

    現段階で明らかになっているだけでも、指摘案件や山本案件の比率が高さが分かりますね。
    ※山本案件は総額で31億円以上もあるとか

    私も高速案件で合計100万円被弾してしまい非常に困惑しております。

    ところで恐縮ではございますが、今回の記事に関して2点指摘させていただきます。

    ファイアフェレットさんは借入人Aが山本の支配している法人である可能性が高いとしていますが、昨日トラスト社の発表の中で、貸付先(借入人A)から山本の実質支配している法人に15億超流出としているとしているので借入人Aと山本関連会社とは別なのではないでしょうか。

    それと、支払拒否があったため訴訟に踏み切ったと記事に記載がありましたが、昨日トラスト社に電話して確認したころによると、借入人Aは先月までは期日通り分配しており支払いを拒否したから訴訟に踏み切ったわけではないと説明を受けました。

    ただ、あくまでもトラスト社からの発表や説明を信じればの話しにはなります。

    私もトラスト社の良心に期待したいです。

    2019-02-23 17:34 │ from やっつんURL

    本当に悔しいです。

    はっさんへ、コメントをどうもありがとうございます。

    全体の3分の1は不正でしたが、逆を言えば3分の2は問題がないということでもあります。
    ※ ご指摘されているとおり3回目の行政処分がない限り!

    3分の2は問題がないとは流石にブログ本文で書く気がしませんでしたが(笑)

    私の主観ですが、maneoマーケットとエーアイトラスト社のどちらが、悪質かは私にはわかりかねます。

    ただエーアイトラスト社の問題は山本某の暴挙に帰するところが多いように私は感じており、エーアイトラスト社への訴訟は早計では?というのが私の現在の立場です。

    これは

    maneoマーケットへの裁判は本当に最善手か?
    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1659.html

    に書いたのと大体同じ理由です。

    不正が明らかになってから裁判の準備をするのは遅すぎるでしょうから、
    今から訴訟体制に入るのはごもっともですが、どうか実際に訴訟を提起される際には
    「被弾していない」案件に投資中の方に十分なご配慮をいただければ、
    幸いと考えています。

    “次の分配は難しい”とのご予測、以前の楽天銀行とのトラブルと同様の理由でしたら、
    それほど憂慮する必要はないかと思います。

    ただ「事業実態がなく」遅延になるともなることを大変憂慮しています。

    クズ金融庁はコインチェックの際も、スルガ銀行の際も監督責任を詫びるような
    記者会見は開いていなかったと記憶しています。

    当然今回のようなローカルニュースでの事態は黙殺でしょう。
    本当に悔しいです。

    2019-02-23 18:06 │ from ファイアフェレットURL Edit

    図解をお褒めいただきどうもありがとうございます

    やっつんさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    図解をお褒めいただきどうもありがとうございます。

    もとはといえば、自分の「被弾」案件を正確に見つけるために作り始めた図解から
    発展したものです(そのため痕跡が残っています)。

    図化することにより、公共事業の依頼元がA社であることに気づくことができました。

    阿呆金融庁の配下の証券取引等監視委員会のわかりにくい、
    偏差値30の文系が書くわかりにくく下手な文章のため、
    また、私の読解力の至らなさから、間違いがあるのでは?の
    懸念はあります。ございましたら、ご指摘をいただければ幸いです。


    ご指摘いただいた2点について、お返事します。

    1点目
    はい、借り入れ人Aが山本の支配する会社とは別である可能性については、文中の

    借り入れ人Aからさらに山本の会社に流出した可能性もありますが。

    という但し書きで示したつもりです。ただ、わかりにくさをお詫びします。

    追記。
    やはりやっつんさんのご指摘の方が妥当かと考え直し、借り入れ人A≠山本の会社の可能性が高いという表記に改めました。


    2点目
    はい、たしかに支払いが遅延していないのに「拒否した」は早計でした。差し支えのないだろう文章に改めました。

    誠にご指摘、どうもありがとうございます。

    エーアイトラスト社の良心があるかどうかは、今後の発表をどのように行うかによって、
    見極めていきたいと思います。

    2019-02-23 18:08 │ from ファイアフェレットURL Edit

    いつも有意義なブログをありがとうございます。
    今回も大変分かりやすい図解での説明で混乱した気持ちが少しだけ落ち着きました。
    本当にあってはならない最悪の事態ですが、予想見解を示されている様に高速道路案件の貸付先A社から山本元取締役の実質的に支配する法人に資金が流出したのではないか?と私も思っています。
    逆に山本氏が絡んでいる案件でも実態がないとされていないので燃料や他の案件は実態があるのかなとは思います。
    全く楽観できない状況ですが、実態がある案件に関しては今後どのようになると予測されますか?
    勿論分からないと思いますが、少しでも見解を伺えればと思い、コメントさせていただきました。

    2019-02-23 18:47 │ from ルチノーURL Edit

    記事本文でご回答いたしました

    ルチノーさんへ、コメントをどうもありがとうございます。

    回答が長くなり、また記事本文で不足していた部分でしたので
    記事本文の形で回答いたしました。

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1686.html

    をお読みください。

    2019-02-23 19:56 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1685-f18927ba