FC2ブログ

    グリーンインフラレンディング、一部償還は私にとって少し有利か?事態の沈静化を期待 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » グリーンインフラレンディング » グリーンインフラレンディング、一部償還は私にとって少し有利か?事態の沈静化を期待

    グリーンインフラレンディング、一部償還は私にとって少し有利か?事態の沈静化を期待


    遅延案件一部の償還をmaneoマーケットが発表


     2019/2/20にmaneoマーケットからグリーンインフラレンディングの遅延案件の一部を償還するとの連絡がありました。

    グリーンインフラレンディングから償還か

     全文は他の方が掲載するでしょうから当ブログではしません。償還されるのは遅延している約135億円のうち、償還があった15.5億円であるようです。以前法務局に供託された7.5億円が15.5億円に含まれているかどうかは、文面からは判断できません

    償還されたお金ですが
    1. 原資が確認できるものは、各ファンドの出資者に償還する
    2. 原資が確認できないものは、投資額に応じて按分分配する
     となるようです。1と2の割合がどの程度かは文面からは読み取れませんが、まずは全体の10%以上の償還があることを喜びたいと思います。

    より細かな話は2月28日までにあるようです。その内容が楽しみです。

     遅延案件の償還が始まれば、投資家も落ち着きをいくらか取り戻すでしょう。誠実に返済する姿勢をmaneoマーケットが見せることによる訴訟活動の沈静化も期待できます。

     ガイアファンディングについても案件によっては近いうちの償還が期待できるメールを私も受け取っており、それが履行されれば、さらに事態は好転するかと思います。


    個別分配+按分分配は落としどころか?


     本来償還金は個別分配をするべき。というのが私の立場でした。ただもう原資追求が永久に不可能なほどこんがらがってしまっているのならば、わからなくなっている分の按分分配はやむを得ないのかもしれません。

    「わからない」のままいつまでも未分配よりは、はるかにましでしょう。

    「償還が全く行われていない」、よりは「一部の償還がはじまった」の方がはるかに良い状況であり、個別分配と按分分配の双方を行う、というのは落とし所であるといえるでしょう。

     本来は個別分配が原則ですが、金融庁もにらみを効かせている今、当局からの許しが出たうえの分配とみてよいでしょう。

    先日、

    2018/7/8 グリーンインフラレンディング徹底追求、関係者から仕入れたマル秘ネタを一気放出!

     の記事でお伝えした情報に「償還は全案件の償還が見通せるまで」というものがありました、

     訴訟活動を沈静化させるため方針転換した可能性も考えられますが、私としては「全案件エグジットの見通しがある程度たったから」であると期待したいです。


    私はある程度有利に償還される?


    さて、先に述べた

    1.原資が確認できるものは、各ファンドの出資者に償還する

    ですが、私は

    2018/11/23 グリーンインフラレンディング、FIT案件移転についての回答・考察

    で述べたとおり

    グリフラ_私が52万円投資中の香川まんのう案件

     グリーンインフラレンディングで217万円投資(遅延)中のうち、52万円を投資した【第9弾】メガソーラーローンファンドがエグジットしたことを確実視しています。
    ※問い合わせても答えてもらえないでしょうから、確認はしていません。
    1. 同案件がエグジットした
    2. 同案件出資金の大部分の「原資が確認できた」
     上記条件がともに成り立てば、私の償還額は全くエグジットしていない案件に投資中の方よりも、相当額大きくなるはずです。

    期待して2月28日までにあるという発表を待ちたいと思います。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    上場企業の収益事業で資産運用できるFundsに注目
    Funds

    2019年1月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約220万円
    2.AQUSH : 約45万円
    3.クラウドバンク: 約191万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約155万円
    5.クラウドクレジット:約268万円
    6.オーナーズブック:332万円
    7LCレンディング : 約43万円
    8.ガイアファンディング : 約108万円
    9.トラストレンディング : 約189万円
    10.クラウドリース : 約44万円
    11.スマートレンド : 約34万円
    12.グリーンインフラレンディング:約217万円
    13.さくらソーシャルレンディング:約17万円
    14.クラウドリアルティ:30万円
    15.ポケットファンディング:約65万円
    16.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    17.プレリートファンド:約85万円
    18.SAMURAI:125万円
    19.エメラダ・エクイティ:70万円
    (総額:約2,298万円)

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    想定利回り8~10%の不動産投資型クラウドファンディング FANTS fundingの魅力を紹介
    FANTAS funding

    1万円から始める新しい不動産投資クラウドファンディング
    CREAL

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額430億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    こんにちは。
    私も四国の太陽光に投資しています。
    レンダータウンは見られていますか?
    あちらには四国の太陽光は絶望的といった内容があったので相当落ち込んでいました。。
    こちらが売却済みであると切に願います。。


    レンダータウンの四国太陽光の書き込みを抜粋しました

    アールエスアセットマネジメントのSPCに権利移転済。
    厳しい状況

    売却代金が払われていないのに、実質的な担保物件であるFIT権利だけが移転されている。

    四国案件は土地の取りまとめすら出来ていません。造成に必要な許認可の申請の目処も立っていません。
    2021年3月までに売電開始しないと単価が一気に下がる案件なので、売却は非常に厳しいでしょう。



    売却済
    太陽光発電…近畿×1、東北×1
    バイオマス…東北×1

    2019-02-28 14:27 │ from URL

    低能の集まりであるとしかいいようがありません。

    2019-02-28 14:27にコメントをいただけた方へ
    情報提供をどうもありがとうございます。

    私もグリーンインフラレンディングの案件が1件でも多く
    売却(エグジット)することを祈っています。

    個別の案件までは正直追いきれていません。

    事業者は金融庁の指導で案件詳細は隠さなければいけず、
    徒労に終わることが多いからです。

    こんな指導を出した金融庁は本当になにを考えているのか?

    低能の集まりであるとしかいいようがありません。

    2019-02-28 21:25 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1678-55b9e8aa