FC2ブログ

    自分がとっているリスクを計算してみた。遅延が全体の2割をオーバー!高利回り案件の6割が遅延に! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング収益報告 » 自分がとっているリスクを計算してみた。遅延が全体の2割をオーバー!高利回り案件の6割が遅延に!

    自分がとっているリスクを計算してみた。遅延が全体の2割をオーバー!高利回り案件の6割が遅延に!


    目標には今月も届いたが…


    私はソーシャルレンディングの投資額のうち約30%を高リスク(高利回り)案件に、70%を低リスク(中利回り)案件に充てるようにしています。

     着実に運用したい、失いたくない分を全体の7割で運用する。残りのリスクを取れる3割で積極的に高利回り案件を狙う。

    そのような戦略です。

    参考
    2017/12/13 ソーシャルレンディングがYen SPA!2018年冬号で取り上げられています。

     このルールを定めることにより、リスクを抑えて投資する、過度にリスクを取ることを抑える、そのような戦略です。もっとも先日の記事

    2019/1/5 自分がとっているリスクを計算してみた。全投資額の2割、約537万円が遅延に!

    にも書いたとおり、また後述しますが高利回り案件への投資額半分以上が遅延し束縛されている状況です。

     随時償還が行われれば、調整もできますが、この状態では別のリスクオフを考えなければいけない状態です。

     なお、上記7割、3割の割合ですが、現在遅延している額の大半が戻ってきたとしても、高利回り案件の比率を安易には上げません。慎重になろうと思います。

    閑話休題

    01_ソーシャルレンディング高利回り中利回り割比較表

    03_ソーシャルレンディング高利回り中利回り円グラフ

     ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)全投資額、2,335万円中高利回り案件への投資額は663万円(全体の28.4%)、中利回り案件への投資額は1,673万円(同71.6%)となりました。

    目標を維持したと言ってよいかは疑問ですが。


    高利回り案件遅延割合は64%に悪化


     ラッキーバンクにおける遅延額51万円は損失が確定したので、上記高利回り案件の表・円グラフから差し引いています。一方で2019年1月初旬に遅延が発生したクラウドリース、今回は2018年12月の報告なので、厳密には遅延額に計算するべきではありません。

    ただ実情はもう12月時点で遅延したも同然なので、クラウドリースを含めて計算します。

    05_ソーシャルレンディング高利回り中利回り被弾額

    クラウドリース期失
    ※新たに2019年1月に発生したクラウドリース遅延案件

    07_ソーシャルレンディング高利回り中利回り円グラフ_遅延額反映

     高利回り案件では5社(AQUSH、ガイアファンディング、グリーンインフラレンディング、キャッシュフローファイナンス、クラウドリース)で合計約422万円の遅延が発生しています。

    高利回り全体では約64%と先月の58%よりも悪化しました。投資額の減少によるものが大きいです。

     中利回り案件ではmaneoのみですが合計約93万円が遅延しています。中利回り全体(約1,673万円)に対して5.5%であり、これは先月の4.8%とほとんど違いはありません。

     全体では2,335万円に対して、515万円(22%)が遅延していることになります。22%は先月比の19.7%よりも微増といったところです。しかし節目の2割(20%)をオーバーしたということで、やはりショックを受けています。

    slinvestor氏が運営するセミリタイアに向けてのソーシャルレンディング投資実践記の記事

    2019/1/14 現時点のSLの投資成績をどう評価すべきか?(セミリタイアに向けてのソーシャルレンディング投資実践記)

    では(税引前)累計損益が期失額を上回っていれば「青信号(正常)」という、指標が提示されています。
    ※赤信号、黄色信号は氏のサイトを参照

     2018年12月末時点では私の税引き後累計利益は559万円であり、余裕で正常です。しかし心穏やかではありません。
    ※税引前ならば約702万円

     リスクオフですが、硬い会社に資金を厳選して新規投資を検討しています。上記表で言えばクラウドバンクSBIソーシャルレンディングクラウドクレジットオーナーズブックSAMURAIポケットファンディングです。

    LENDEXも遅延、デフォルトを起こしておらず検討対象です。

     CREALFANTAS funding、そしてFundsといったような、融資先がソーシャルレンディングより明確であり、かつ運営会社がしっかりしているところも、積極的に狙っていきます。
    ※いずれも上記遅延515万円の償還のめどが立てば

     maneoファミリーもmaneo、LCレンディング、スマートレンドといった硬いところはあるかと思います。ただし現状遅延している額の515万円がすべてmaneoファミリーであることを考えると、新規投資には慎重にならなければと思っています。

     幸いmaneoファミリーは当局の監査を受けた際に、無理な貸付をしているとの指摘は受けていません。まさか行政処分後にそれをしているとも思えません。

     遅延が相次いでいますが、これは安易なリファイナンス(おかわり)を控えているためであり、案件自体は問題なく動いていると「信じたい」です。

     「誠実」を旨とするmaneoマーケット、またそのファミリーが、みんなのクレジット、ラッキーバンクの行ったような投資家への背信を行わない限り、私が投資中なのはいずれも担保付きの案件、大きな損失とはならないと「信じたい」です。

    現状、過去の遅延につきましては、maneoは最大限誠実に償還義務を果たしていると感じます。

     今日のソーシャルレンディング隆盛の足がかりを作ってくれたmaneo、このままフェードアウトするのはあまりに惜しいです。

    故に現状では私はmaneoマーケットへの訴訟は時期尚早と考えています。

    参考
    2019/1/28 maneoマーケットへの裁判は本当に最善手か?

     苦難のときとは思いますが、ここでしっかり遅延案件の償還を行えば、今後の案件についても、デフォルトを起こしたことがない会社よりも信用が増すことも考えられます。

     多額の遅延発生に対して、トップからファミリー全体の遅延状況について包括的、かつわかりやすい説明があることも大前提として行ってほしいです。

    現状累積募集額では実績1位をキープしているmaneo。その踏ん張りが期待されます。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年12月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約220万円
    2.AQUSH : 約45万円
    3.クラウドバンク: 約244万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約162万円
    5.クラウドクレジット:約267万円
    6.ラッキーバンク : 約16万円
    7.オーナーズブック:331万円
    8.LCレンディング : 約43万円
    9.ガイアファンディング : 約108万円
    10.トラストレンディング : 約190万円
    11.クラウドリース : 約44万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約17万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約65万円
    17.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    18.プレリートファンド:約84万円
    19.エメラダ・エクイティ:70万円
    21.SAMURAI:125万円
    22.LENDEX:50万円
    (総額:約2,420万円)

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!【PocketFunding】




    想定利回り8~10%の不動産投資型クラウドファンディング FANTS fundingの魅力を紹介
    FANTAS funding

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    やましい気持ちがないなら瀧本氏は自分の名前を出して発言してほしいものです。
    ひと言あるかないかで投資家の気持ちはずいぶん変わるでしょうに。
    巻き込まれてるさくらやスマ―トレンドがブログ更新してがんばってるのが不憫でなりません。

    2019-02-06 21:56 │ from kkURL

    私も全く同感です

    kkさんへ、コメントをどうもありがとうございます。

    私も全く同感です。

    ケルビン・チウ氏もガイアファンディングの
    どたばたが起きてからだいぶ遅れて表明を出しましたが、
    正直時機を逸した感が歪めません。

    その轍を踏んでほしくありません。


    瀧本社長のブログ、クラウドリースのブログも沈黙したままです。

    金融庁の指導によって、余計なことを言わないように、
    釘を刺されている可能性もありますが、
    そうでないのならば、全く理解できない姿勢です。

    2019-02-06 23:43 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    私も3000万以上クラウドファンティングに投資していますが
    幸いマネオファミリーへの投資は控えていた為、5万円程の損失で済んでいますが、今後が大変心配です。

    2019-02-07 02:32 │ from URL

    本当にお祝い申し上げます

    2019-02-07 02:32にコメントをいただけた方へ、

    3,000万円を投資されていながら5万円の損失で済んだとのこと、
    本当にお祝い申し上げます。

    ほぼ同額を一時私は投資していましたが、記事で示したとおり、
    累計損失は約35万円、遅延は515万円と散々な有様です。

    控えていたというのは、少額しか投資していなかったため、
    被弾案件への投資を免れたということでしょうか?

    それとも全くmaneoファミリーへは
    全く投資していなかったということでしょうか?

    2019-02-07 12:20 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    ファイアフェレット様
    私はマネオファミリーを一つの事業者と括り、3500万中1000万を
    投資しておりました。
    その中で可能な限り担保が推測出来るファンドを選択していた為
    必然的にプレリート、LC、アップルバンク、スマートレンドの短期案件
    を中心に投資していた事が幸いした形です。

    とは言っても投資熱に煽られトラストレンティング、マネオに各30万程
    運用中がありますので、今後も無事というわけにはいかなそうですが…

    2019-02-07 13:13 │ from URL

    一刻も早く匿名化解除がなされることを!

    ご回答、どうもありがとうございます。

    今から思えば高利回り案件を1/3というのも私の戦略的誤りであり、
    10%以上の高利回り案件は全体の10%未満にしておけば良かった、

    いやむしろ1円も投資しなければよかったのでは..

    そう思ってしまう自分がいます。

    ソーシャルレンディングは匿名化解除、高利回りにおける散々な
    結果を受けて、利回りは下がって行くことを私は予想しています。
    リファイナンスの続出により遅延が多発するようなこともなくなると思います。

    現状のような遅延が続出してしまう状況よりは
    はるかにマシといえるでしょう。

    一刻も早くそれが投資家に伝わりソーシャルレンディングが活気を取り戻すことを
    期待しています。

    2019-02-07 21:12 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    こんにちは。

    最近、はらはらしながらいろいろなブロガーさんの記事を読ませていただいたいます。
    あるブロガーさんは今後のマネオを予測して、確信的に書いておられます。
    ファミリー全体で多額の毀損は避けられないだろうと・・・

    これもそれも瀧本社長が口を閉ざしているからだと思います。やはり投資家向けに自分の言葉で丁寧に気持ちを発信すべきですよね。

    ただ、私が思うにマネオのバックには大手のGMO証券やVOYAGEほか多数の大株主が存在しているので、下手なことはできないと思いますがどうなんでしょうかね??

    今現在もマネオの募集は満額が続いています。かくいう私も償還金をそのままぶち込みました。自己責任で判断しました。

    時間というか何年も掛るかも知れません。いずれにしろ少しづつでも償還してほしいですね(涙)実績が出てくれば再び信用も取り戻せると思います。

    2019-02-09 13:14 │ from ここURL

    遅延案件の償還が始まるのを期待します

    ここさんへ

    私が知る限り、maneoでの毀損を確信的に書いているのはslinvestor氏だけですね。

    https://megalodon.jp/2019-0209-1537-12/slinvestor.jp/blog-entry-188.html

    残念ながらまだまだ延滞は拡大すると予想します。クラウドリースやCFFが、ガイアファンディングやGILのように全案件期失に至るのも時間の問題かと思います。今年中には続々と延滞額(期失額)の大半が確定損失に塗り替わっていくと予想されます。

    と書いてあります。

    上記記事で、slinvestor氏が愛読しているという、「ソーシャルレンディング投資の学校」のリンク先記事、
    では先日フェイクニュースをばらまいたことを糾弾された週刊 資産運用通信!の管理人エニート氏がカナメ氏に情報交換を持ちかけ、カナメ先生はそれに応じています。

    カナメ氏とエニート氏がやり取りしている記事
    https://megalodon.jp/2019-0209-2102-41/https://www.sl-gakkou.com:443/detail/10/390.html

    ↓エニート氏のフェイクニュースを糾弾する記事
    2018/8/6 週刊 資産運用通信を読んで気になったことをいくつか…。(誰でも出来るお金の増やし方)
    http://money-tokyo.hatenablog.com/entry/2018/08/06/124022

    ↓当ブログのソーシャルレンディング投資の学校のフェイクニュースまがいの記事を糾弾する当ブログの記事
    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1539.html

     はっきり言って、上記3人のブロガー、メディア運営者としての姿勢には大いに問題があります。この3人がつるんでいるのを見るとソーシャルレンディングの将来に大きな不安を感じます。


    私は
    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1501.html

    この記事で幸福賢者さんのたしなめに従い、

    もしslinvestors氏がこれ以上私を中傷をしない、
    かつ、アフィリエイトブロガーを馬鹿にした発言をしなければ
    私もこれ以上slinvestor氏に対して、一切の中傷をしないことをお約束します。


    と約束しました。slinvestor氏も幸福賢者さんのそれに従ったのか、
    しばらくおとなしくしていたようですが、最近ブログを再開してから
    アフィリエイトブロガーを中傷することも再開したようです。

    もう上記の約束(slinvestor氏と直接したわけではありませんが)
    は反故になったといってもよいでしょう。


    ・・・、すみません。怒りのために話がそれました。

    はい、maneoの代表瀧本社長から声明がないのは大きな不安要素です。
    ラッキーバンク、みんなのクレジットと同じく何を企んでいるのか?と疑われてもしょうがありません。

    maneoのバックにGMO、VOYAGE、銀行系の株主があることは、
    上記の暴挙をしでかさないといだろうという、一定の安心感は与えてくれます。

    声明がないにしろ、少しずつの償還が始まれば落ち着きを投資家は取り戻すでしょう。
    それを期待するしかありません。

    2019-02-09 21:51 │ from ファイアフェレットURL Edit

    確かにsさん達他ブロガーさん達は決定的な印象の発言をされています。
    読んでいてかなり恐怖です。

    そうなるかもしれないけど、この状況で内部の人間でない限り憶測の域をでないと思います。

    一昔前はお二方、maneoを絶賛されていましたね。
    私もいろんな人をみてきましたが、共○党系の物言いは好みません。

    結果を見てそれみたことかみたいな事はバカな私でも言えます。

    今後の成り行きが見えないから混乱するのであって、真実は徐々に明らかになるでしょう。
    時を待つしかないと思います。




    2019-02-09 22:41 │ from ここURL

    教えていただければ幸いです。

    ここさんへ

    slinvestor氏以外にmaneoの損失が確定的なことを
    書かれているブロガーさんはいらっしゃるでしょうか?

    教えていただければ幸いです。

    2019-02-10 00:33 │ from ファイアフェレットURL Edit

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2019-02-10 10:09 │ from URL

    大変ためになりました

    2019-02-10 10:09に鍵コメをいただいた方へ、

    情報提供、どうもありがとうございます。
    大変ためになりました。

    2019-02-10 23:10 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1666-34e60040