FC2ブログ

    またしてもソーシャルレンディングの功績を盗む購入型クラウドファンディング - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング » またしてもソーシャルレンディングの功績を盗む購入型クラウドファンディング

    またしてもソーシャルレンディングの功績を盗む購入型クラウドファンディング


     3ヶ月ぶり3回目の、ソーシャルレンディングの募集額功績を、購入型クラウドファンディングが盗んだというお知らせです。

    またしてもソーシャルレンディングの功績を盗む購入型クラウドファンディング

    通販感覚?クラウドファンディングの今(2019/1/31 読売新聞オンライン)

     この読売記事は「クラウドファンディングの今」とは書かれていますが、寄付型、投資型にはほとんど触れられていません。ほぼ全編が「購入型」について解説する記事です。それでいながら

    矢野経済研究所の調査では、国内のCFの市場規模は、支援額ベースでは2017年度が前年比127.5%増の1700億円。18年度は同20.3%増の2044億円になる見込みだ。

    ※CF=クラウドファンディング
    などと書き、国内市場が順調に伸びていると読者に印象づけ、その後に

    プロジェクトに対する支援者が最も多かったのが購入型だ。全体の58%(79万人)を占め、今や世間の人々に最も親しまれているCFと言えそうだ。


    と書き、1700億円、2044億円の大半が購入型であると、読者に錯覚させるレトリックです。

     マスコミの「報道しない自由」、「監視者のいない第4の権力」の弊害が叫ばれています。このような身近な例を見るにつけて、既存のメディアとは全く自浄作用のない業界なのだと呆れてしまいます。

     引用されている矢野研究所のデーターを見ればわかりますが2017年度の1700億円に占める購入型は100億円(6%弱)です。

    参考
    2018年版 国内クラウドファンディングの市場動向 (2018/11/06 矢野経済研究所)

     2018年度の2044億円の何割を購入型が占めているかは上記リンクから読める部分からはわかりません。しかし2015~2017年度いずれも購入型の占める割合は全体の10%未満でした。2018年度もそれほど変わらないでしょうから、せいぜい200億円未満でしょう。

     同様の読者の背信、つまり購入型の募集額実績を大きく見せかけるレトリックは何度も繰り返されてきました。

    参考
    2018/1/5 ソーシャルレンディングの功績を横取りする購入型クラウドファンディング

    2018/10/30 どん詰まりになってソーシャルレンディングの功績を横取りする購入型クラウドファンディング

     投資家への背信が明らかになったラッキーバンク。ラッキーバンクを盛んに持ち上げてきた全国賃貸住宅新聞は小口不動産投資の問題を取り上げる際に、他社の問題を取り上げましたが、「なぜか」ラッキーバンクの問題だけは取り上げませんでした。

    2018/8//18 全国賃貸住宅新聞はなぜラッキーバンクの問題を取り上げないか?考察

     盛んに持ち上げてきた負い目か、鼻薬を嗅がされていたか、何らかの義理人情が働いたか、不明ですが、マスコミとして失格であることは間違いありません。

     全国紙の読売新聞さえも、上記のような有様なので、それでもやっていけるのでしょう。今のところは。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    Fundsで1円からおまかせ資産運用・口座開設無料
    Funds

    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額430億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2019年3月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約221万円
    2.AQUSH : 約45万円
    3.クラウドバンク: 約192万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約146万円
    5.クラウドクレジット:約268万円
    6.オーナーズブック:332万円
    7LCレンディング : 約44万円
    8.ガイアファンディング : 約108万円
    9.トラストレンディング : 約189万円
    10.クラウドリース : 約44万円
    11.スマートレンド : 約34万円
    12.グリーンインフラレンディング:約217万円
    13.クラウドリアルティ:30万円
    14.ポケットファンディング:約65万円
    15.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    16.SAMURAI:195万円
    17.エメラダ・エクイティ:35万円
    18. FANTAS funding:10万円
    (総額:約2,144万円)
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1665-ef47544d