FC2ブログ

    SBIソーシャルレンディング、不動産担保ローン事業ファンドの手数料を引き下げ、投資家へ還元! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » SBIソーシャルレンディング » SBIソーシャルレンディング、不動産担保ローン事業ファンドの手数料を引き下げ、投資家へ還元!

    SBIソーシャルレンディング、不動産担保ローン事業ファンドの手数料を引き下げ、投資家へ還元!


    手数料減額分はすべて投資家へ還元


     SBIソーシャルレンディングが不動産担保ローン事業ファンドの手数料を下げて投資家へ還元することを発表しました。

    SBIソーシャルレンディング不動産担保ローン投資家還元

     2019/2/1以降、現行1.8%の手数料を1.5%に引き下げます。このことより投資家への予定利回りは「3.2~4.7%」から「3.2~5.0%」になります。

    引き下げ分の0.3%がそのまま投資家へ還元されることになります。

    SBIソーシャルレンディング不動産担保ローン利回り
    ※上記表の手数料が1.8%から1.5%になれば、そのまま0.3%が投資家利回りに上乗せされる。

     SBIソーシャルレンディングの不動産担保ローン事業ファンドの投資家利回りはこのところ3.3~4.5%程度です。SBIソーシャルレンディングの一方の看板商品であるオーダーメイド型ローンファンド(利回り4~10%)に比べて、利回りだけでは劣ります。

     しかし一回も遅延、デフォルトを起こしたことがない安定感から投資家の安心感が高く、過去9ヶ月において、月平均約4億6千万円を募集しています。

    ※オーダーメイド型は同約44億円、ただし延滞中元本2億7千万円、デフォルト1億3千万円(累計、2019/1/15時点)

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ

    低利回り案件アピールを狙うSBIソーシャルレンディングの好手


     SBIソーシャルレンディングにおいて、オーダーメイド型に比べて不動産担保ローンの募集額は遥かに小さいです。それでも月平均4億6千万円は、小規模の投資型クラウドファンディング運営業者が全組成ファンドで同期間に集める額をはるかに凌駕しています。

     リスクオフにより、低利回り案件の人気が高まってきたこの頃、上記投資家への還元策により、不動産担保ローンのアピールを行うSBIソーシャルレンディングの戦略+投資家への感謝かと思われます。

     デフォルト・遅延に悩まされることなく、安定した利回りを狙いたい、投資家にとってSBIソーシャルレンディングの不動産担保ローンは格好の商品。注目してよいかと思います。

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1664-2208c32c