FC2ブログ

    ラッキーバンク、民事訴訟が始まる! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ラッキーバンク » ラッキーバンク、民事訴訟が始まる!

    ラッキーバンク、民事訴訟が始まる!


    ついにラッキーバンクの民事訴訟が始まりました

    ネットの資金集め巡り集団提訴 投資家ら「ウソで勧誘」(2019/1/21 朝日新聞 藤田智也氏著)

    分配金の延滞、続発 ネットで資金募る「ソーシャルレンディング」 「虚偽説明」賠償求め集団提訴(2019/1/22 朝日新聞 全部読むにはログインが必要 藤田智也氏著)

    話題の“ソーシャルレンディング” 投資家45人が被害訴え提訴(2019/1/21 ゆうがたサテライト)

    朝日新聞記事は、敏腕経済記者藤田智也氏によるものです。

     原告団は個人投資家45人、損害賠償額は2億7千万円(一人あたり600万円)、原告代理人は鈴木英司弁護士です。

     ゆうがたサテライトでは「T社長」という扱いで顔にぼかしがかかっていますが、ラッキーバンク社長田中翔平がテレ東記者から逃げ回る無様な姿を見ることができます。

     ソーシャルレンディングにおける民事訴訟はこれが初めてではないでしょうが、ニュースで大々的に取り上げられるのはおそらくこれが初めてです。

     みんなのクレジットにおける訴訟活動の現状がつかめない今、大々的に取り上げられたラッキーバンクの訴訟の方を見守らせていただきます。


    敏腕経済記者藤田知也氏について


     上記朝日新聞記事を執筆した藤田知也記者は経済記者として評価が高く、つい先日(2018年10月)も個人投資家向けの投資商品について警鐘を鳴らす本を出版しています。
    ※不動産投資、ソーシャルレンディング、仮想通貨などがやり玉にあげられているようです。



    実際に関係者の話を聞き、取材を重視する藤田記者の姿勢は高く評価されています。

    参考
    午前中に株価が下がると、午後に「買い」に入るのは・・・(2019/1/15 BOOKウォッチ)

    かくいう私も取材していただいたことがあります。

    関係者に会わないことを売り」にしたり、「関係者に会うことを馬鹿にしたり」せず、その姿勢を私もひそみに倣わせていただきます。


    ゆうがたサテライトで無様に逃げ回る様子をさらされる田中翔平


    01_ラッキーバンクゆうがたサテライト

     ゆうがたサテライトでは34億円の損害をラッキーバンクが投資家に与えたことが厳しく追求されています。

    03_ラッキーバンクゆうがたサテライト

     老後資金8,500万円をラッキーバンクに投資して半分になってしまった加藤達夫さん(仮名)も取材に応じています。加藤さんは上記原告団のひとりです。

    05_ラッキーバンクゆうがたサテライト

    テレビ東京記者が田中翔平に突撃インタビューを決行します。

    07_ラッキーバンクゆうがたサテライト

    後日時間をきって話すと逃げる田中翔平

    09_ラッキーバンクゆうがたサテライト

    50億円を預かっているのではと問いかけるテレ東記者に、さらに逃げる田中

    11_ラッキーバンクゆうがたサテライト

    もちろん、ちゃんと時間をきって話すと言うのは虚偽である可能性が高いでしょう。
    テレ東は半年前から9回にわたりインタビューを申しこんでいます。
    話すつもりがあるのならばとっくのとうに話しているでしょう。

    田中翔平が投資家についた嘘は

    2019/1/16 ラッキーバンク、損失は42万4,855円と確定か?詐欺師共と金融庁官僚に死を!

    で端的に説明したつもりです。


    金融庁の妨害が懸念される


     このまま裁判が順調に進みラッキーバンクの悪が暴かれ、原告団の資産回復がなされることを希望します。

    しかし心配なのは金融庁です。

     ラッキーバンク、みんなのクレジットの詐欺的行為は金融庁が行った愚劣な「匿名化の指導」を最大限悪用することにより、生み出されました。

     当然、無謬を旨とする金融庁官僚は批判されることを恐れ、裁判をラッキーバンクに有利に運ぶようにするでしょう。

     加えて金融庁官僚は無謀な募集を処分勧告発表直前にラッキーバンクが行うことを、むざむざ見過ごしていました。何らかの利益供与を受けて、見逃したことが疑われます。

    やはりこのことが露見するのを恐れ、原告団を妨害しようとするでしょう。

    金融庁官僚に「お前らはTOUCHABLEだ」と知らせてやる必要があるでしょう。

    厚生労働省の馬鹿げた統計調査が示すとおり、文系官僚はクズどもの集まりです。

    奴らがのうのうと生きている限り、果てしなく投資家は搾取されるでしょう。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年12月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約220万円
    2.AQUSH : 約45万円
    3.クラウドバンク: 約244万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約162万円
    5.クラウドクレジット:約267万円
    6.ラッキーバンク : 約16万円
    7.オーナーズブック:331万円
    8.LCレンディング : 約43万円
    9.ガイアファンディング : 約108万円
    10.トラストレンディング : 約190万円
    11.クラウドリース : 約44万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約17万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約65万円
    17.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    18.プレリートファンド:約84万円
    19.エメラダ・エクイティ:70万円
    21.SAMURAI:125万円
    22.LENDEX:50万円
    (総額:約2,420万円)

    信頼の証券会社、親会社が上場企業のSAMURAIは硬い投資案件をご提供
    SAMURAIクラウドファンディング

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!【PocketFunding】




    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    1万円から始める新しい不動産投資クラウドファンディング
    CREAL
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    ファイアフェレット様

    いいですね、この記事。
    民事訴訟だけじゃなくて、検察も動いて刑事訴訟も始まって欲しいものです。
    東京地検とか興味を持ってもらえないですかね。
    金融庁も絡んでいるとすれば、やりがいがあるというものでしょう。

    2019-01-22 04:03 │ from 別の通りすがりURL

    無能金融庁といい、マネオ瀧本といい、自己保身しか考えていません。
    田中の動画見て、ハラワタ煮えくり返りました。

    2019-01-22 05:32 │ from URL

    No title

    こんにちわ!

    ミンクレのときもそうでしたが、おそらく突かれるのもこのレベル止まりでしょう。
    この連中は法の網目を見事に掻い潜り民事も刑事も免れています。
    今訴訟を起こしている人たちは、かなりの年数が掛かり結果返金は当てにできないと思います。一昔前、あるブロガーさんが、投資詐欺でいまだに裁判が続いてると(10年以上)おっしゃっていました。

    ミンクレ被害者の会でもあらゆる活動をそれぞれ起こしましたが、ヤフーニュースほかBSで少し取り上げられただけで終わりました。消費生活センター、警察など何の役にも立ちません。実際、近場の警察に他の件で話したら消費生活センターのほうへと言われ、方や消費生活センターは警察に言えという。現実はこの有様ですよ。

    この手の詐欺で被害者のお金が返ってくることは無いと思います。お金が返ってくるとすれば、ほかの刑事事件で捕まり芋づる式にこの投資詐欺がつながった時ぐらいなのではと思います。

    私は返金は当てにしていませんが、かといって極悪人を野放しにはしたくありませんよ。
    どうも金融庁官僚がくさいですね、毎年、官僚、議員の不祥事が後を絶ちません。金目に欲がくらみ詐欺だろうが野放し状態、形式どおりの意味無い通り一遍の回答。誰が納得すのでしょうか。

    個人的には、政治方面からメスを入れられればと考えています。何しろうん百万の大切なお金をネコババされたのですから・・・

    2019-01-22 11:33 │ from URL

    ラッキーバンク経営陣だけでも刑事事件にもっていってくれたなら・・・

    別のとおりすがりさん。

    コメントをどうもありがとうございます。

    みんなのクレジットの場合、狡猾に逃げられた印象があります。
    一方でラッキーバンクにおいては、田中翔平の露出が高く、
    様々に嘘をばらまいていたこが明らかなので、訴追のハードルが低いのかもしれません。

    それに期待したいです。

    検察と金融庁はタッグを組む仲なので、検察からの金融庁への追求は期待できないと私は考えています。
    ※よっぽど悪質な問題が無い限り

    それでもラッキーバンク経営陣だけでも刑事事件にもっていってくれたなら、最大限検察を称賛したいと思います。

    2019-01-23 01:06 │ from ファイアフェレットURL Edit

    maneoファミリーには、 投資家からの信頼回復に努めてほしいと思っています

    2019-01-22 05:32にコメントをいただけた方へ

    コメントをどうもありがとうございます。

    無能金融庁、田中翔平への感情は私も同じです。
    死刑台のスイッチをためらわなく押せるほど、彼らを憎んでいます。

    一方でmaneoファミリーにおいては、そこまでの憎しみは現状抱けません。

    ファミリーのガバナンス、遅延を同時発生させてしまうリファイナンスに依存した案件組成
    など問題も多いですが、投資家への背信とまでは言い切れないところがあるからです。

    とりあえずはmaneoファミリーには、遅延案件の処理を最大限行い、
    投資家からの信頼回復に努めてほしいと思っています。

    2019-01-23 01:07 │ from ファイアフェレットURL Edit

    政治家に僅かなのぞみをつなぎたいと思います

    2019-01-22 11:33にコメントをいただけた方へ

    コメントをどうもありがとうございます。

    おっしゃるとおりです。みんクレ事件よりは表面化された分、ラッキーバンク経営陣への社会的制裁は大きくなるでしょう。しかし刑事事件としてはどこまでいけるのか?

    正直疑問です。何分過去に事例がないからこそ、ラッキーバンクもみんクレもこれだけのことをしでかせたのです。

    法の未整備どころか、匿名化指導により不正の温床を生み出した金融庁官僚の怠慢・無能は、両社の経営陣以上に糾弾されて良いはずですが、マスメディア、検察にもそれは期待できそうにありません。

    もちろん消費者センター、警察にもです。

    被害金額回復がどこまでできるかは正直私も疑問です。

    ただ今回のニュースにある、原告団代理人の鈴木英司弁護士はそのあたりの旨をしっかり被害者に説明したうえの訴訟かと思います。朗報を期待します。

    政治家の働きかけで金融庁腐敗官僚にメスがはいったというニュースを私は残念ながら知りません。
    ただ野田聖子総務相が仮想通貨に関わる問題で、金融庁官僚に圧力をかけたという程度のニュースは聞いたことがあります。
    ※露見して野田は非難されましたが

    僅かなのぞみをつなぎたいと思います。

    2019-01-23 01:09 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    おはようございます。先日のコメントに名前が入ってませんでしたが、私でした。(書き忘れかな?)

    昨日の新聞に(地方)ラッキーバンク事件が下の隅っこに載っていました。
    ミンクレのときは新聞には載らなかったと記憶していますが(雑誌、ネットは掲載)、一歩前進ですね。社会にこの事件を公表するだけでも田中一族には精神的なプレッシャーになると思います。

    ミンクレ被害者の会で個々人が、あらゆる方向にこの詐欺事件を訴えましたが、期待はずれで終わりました。何度も何度もみんなくじけずに頑張りました。

    私が政治のほうからメスをというのは仰る通り、期待できないかもしれません。
    ただ何もしないよりは口は動きます。官僚と議員はどちらが上かわからないほど、官僚に頼りきっている議員が多数ですね。かなり難しいとは思いますが、誠実な議員もたくさんいます。

    無理もと、以前から言っているようにまず地方議員から入っていきます。昨日の新聞が大きなインパクトを与えてくれると思います。

    2019-01-23 10:12 │ from ここURL

    地方議員への働きかけ、本当にお疲れ様です

    ここさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    先のコメントとは上の「こんにちは!」で始まるコメントですね。

    ラッキーバンクの報道ですが、朝日新聞のものは藤田記者による独自取材ですが、
    通信社が配信したことにより、広く地方紙でも配信されているようですね。

    みんなのクレジットとは違う流れを感じます。


    さしあたって政治家は期待できないとして、
    いつもだったら東洋経済あたりが、詳しく報道をしてくれるので
    それを期待しています。

    東洋経済は本日開催されたFundsの記者会見にも
    参加していました。ソーシャルレンディングに対して
    他の経済誌よりもあきらかに興味をいだいてくれていることが感じられます。


    地方議員への働きかけ、本当にお疲れ様です。

    全国の新聞に載ったとなれば、政治家も動いてくれるかもしれません。

    2019-01-23 17:29 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    結局は実物する担保がある以外はみんクレと全く同じスキームでしたね。
    担保不動産が3ヶ月過ぎても全く売却が進まない時点でいやな予感がしていました。
    売れないというより、売る気がないように見えたので。
    田中は色んなインタビューで耳触りの言いこと言っていましたが、あれは典型的な詐欺師
    ですね・・。大手の爺さんを副社長に抜擢したりしたのも、投資家に信用させる為
    だったんでしょうね。田中と田中伊世子には地獄に落ちてほしい。というか悪人にはいつか天罰下ります。

    2019-01-24 11:01 │ from 名無しさんURL

    訴訟原告団による天誅をお願いしたいです。

    名無しさんへ

    はい、匿名化をよいことに、経営者、ないしその親族の会社に、
    そのことを伏せた上で募集し、大損害を与えたということで全く同じです。

    みんクレでは動産担保で、その価値はあやふやでしたが、
    ラッキーバンクは様々な土地担保の評価額を記した文書などを
    モザイク付きで載せていました。

    上記のような手段で投資家を安心させていた分、
    たとえ損失割合はラッキーバンクの方が少なかろうと
    より悪質に今となっては感じます。

    天罰にただ頼るよりは、ぜひ
    訴訟原告団による天誅をお願いしたい。

    そう願っています。

    2019-01-24 20:15 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1649-f419c19b