FC2ブログ

    クラウドポート、新投資商品サービス開始! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドポート » クラウドポート、新投資商品サービス開始!

    クラウドポート、新投資商品サービス開始!


    先日(2018年12月)、第二種金融商品取引業の登録を終えたことを発表したクラウドポート。

     日経新聞電子版が本日(2019/1/7)午後20時半、クラウドポートが貸付型の運用商品提供を開始することを発表しました。

    クラウドポート日経新聞

    クラウドポート、貸付型で新たな運用商品 グループ会社融資で金利収入(2019/1/7 日経新聞 全部読むにはログインが必要)

    記事概要としては
    • 2019/1/23よりファンド販売開始
    • 1円から投資が可能
    • 消費者大手のアイフルなど3社がファンドを組成、関連会社に融資を行う
    • 融資先(ファンド組成)は上場企業、ベンチャーキャピタルから出資を受ける企業
    • 想定利回りは1.5~6%と従来のソーシャルレンディングよりは低い
    • 3年1000億円の取扱を目指す※
    となっています。

    ※過去の記録を見ると
     maneoが約9年で1,000億円
     SBIソーシャルレンディングが約7年で500億円
     クラウドバンクが約5年で400億円
     LCレンディングが約3年で200億円


    私が上記文面で注目したのは「アイフルの関連会社に融資を行う」という文面です。

    東証一部上場のアイフルの子会社に融資するのでしたら、実質的にアイフルに融資するのと同じです。

    大変硬いファンドの組成が期待できます。

     ソーシャルレンディングで信用不安が広がっている今、融資先が硬い、また情報が開示されたファンドをクラウドポートが続々販売し、業界を盛り返してくれることに期待です。

    2019/1/8 追記
    上記サービス名は「Funds」と2019/1/8発表されました。

    2019/1/8 Funds、クラウドポートの新ソーシャルレンディングサービス開始!

    をご参照ください。


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年11月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約469万円
    2.AQUSH : 約44万円
    3.クラウドバンク: 約242万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約137万円
    5.クラウドクレジット:約266万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:331万円
    8.LCレンディング : 約60万円
    9.ガイアファンディング : 約108万円
    10.トラストレンディング : 約190万円
    11.クラウドリース : 約44万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約65万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約65万円
    17.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    18.アップルバンク:約53万円
    19.プレリートファンド:約84万円
    20.エメラダ・エクイティ:70万円
    21.SAMURAI:125万円
    22.LENDEX:50万円
    (総額:約2,761万円)

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!【PocketFunding】




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額400億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    記事の最後にある利回りの低さを見ると、どこまで信用して安心して投資ができるかかなと考えています。
    この利回りで、1件でも延滞やデフォルトが出ようものなら投資家が一瞬にして去ってしまうかも。

    とはいえ、投資先の1つができるのなら歓迎していきたいと考えています。

    2019-01-07 22:42 │ from けむけむURL

    ご懸念の件ごもっともです

    けむけむさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    ご懸念の件ごもっともです。

    ただ私は高利回り案件の50%以上が遅延して、全体でも20%が遅延。

    自分がとっているリスクを計算してみた。全投資額の2割、約537万円が遅延に!
    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1620.html

    後がない状態です。

    また、ラッキーバンクでデフォルトを喰らい、初デフォルト損失です。

    利回りが高いよりも、低いほうが「信用して安心できる」、たとえ1.5%でもアイフルに投資できるのならば、十分に旨味のある案件というのが、私の正直な感想です。

    アイフルが倒産して、上場廃止にならない限りまず間違いなく返されるでしょから。

    かつてのイケイケの私からしたら考えられない心境の変化です。

    なにをともあれ、投資先の1つが増えますし、お宝案件もでるかも知れません。

    楽しみにしています。

    2019-01-07 22:59 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1632-80b4b853