FC2ブログ

    ソーシャルレンディング2018年12月期募集額速報 12月の募集としては異例の少なさ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング2018年12月期募集額速報 12月の募集としては異例の少なさ

    ソーシャルレンディング2018年12月期募集額速報 12月の募集としては異例の少なさ


    あけましておめでとうございます。

    2018年12月期ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)募集額速報をお伝えします。

    2018年12月期ソーシャルレンディング募集額


    ソーシャルレンディング2018年12月期主要32サービス募集額

     2018年12月期におけるソーシャルレンディングの募集額は126億5,801万円となりました。2018年中としては7月における約122億円よりは大きいものの、下から3番目となる募集額となってしまいました。

    年末は資金需要が大きいため、12月はその年内においては大きな額になる傾向があります

    2015年12月:約36億円(当時歴代1位)
    2016年12月:約64億円(年内2位、当時歴代2位)
    2017年12月:約163億円(当時歴代1位)


    今年はそのアノマリーが崩れました。

    2018年12月:約126億円(年内10位、歴代14位)

     2018年後半に続いたショックにより、ソーシャルレンディングにおいてもリスク回避、選考の動きが進んでいるものと思われます。

     上記、2018年12月の約126億円はその先月11月の約130億円よりも小さいのですが、それでも11月よりも募集額を伸ばしたサービスを見ると

    maneoクラウドクレジットオーナーズブックSAMURAI、LCレンディング、スマートレンド、アップルバンク、ポケットファンディング、プレリートファンド、ハローリノベーション、RENOSYとなっています。

    maneoクラウドクレジットオーナーズブックSAMURAI、LCレンディング、ポケットファンディング、また不動産クラウドファンディングという、老舗、上場企業、証券会社、また専業ノンバンク、不特法業者が並んだところにリスク選好の動きが感じられます。

    また、スマートレンドは毎年年末恒例の短期高利回りファンド)利回り12%、運用期間1ヶ月)が募集額に大きく貢献しました。

     なお、SBIソーシャルレンディングクラウドバンクも募集額は堅調でしたが、11月も大変好調だったため、上記並びには入りませんでした。

     LENDEXの募集額が-9万円となっていますが、これは今月から集計方法を私の手計算から、HPに表示してある「ローン総額(累計)」の集計へと切り替えたためです。

    私の集計ミスによる減額です。申し訳ありません。

     今月からFANTAS fundingCREALを集計に加えました。

     両サービスともRENOSYよりも大きい額を現状集めています。なお、CREALはサービス開始1月目で9億1,658万円を集めていますが、これは当ブログにおける集計史上、最大の金額となります。

    2018年12月期末時点ソーシャルレンディング累計募集額


    ソーシャルレンディング2018年12月期主要32サービス累計募集額

    2018年12月末時点での業界全体の累計募集額は4,352億1,955万円となりました。

     2018年12月はトラストレンディングへの行政処分、ラッキーバンクのサービサーへの債権バーゲン販売(投資家への大損失確定)、キャッシュフローファイナンスの募集大量キャンセル、JCサービスが発表したグリーンインフラレンディング遅延ファンド12月分配の不履行、maneoマーケットのファミリーへのガバナンスの不備発表(まだありましたっけ?)など、投資家にとってショックな出来事が立て続けにおきました。

     それでもなお、126億円を集める底力が投資型クラウドファンディングにはあることを素直に、ポジティブに捉えようと思っています。

    明るいニュースとしては当ブログとも相互リンクさせていただいている。

     ソーシャルレンディング投資記録の管理人SALLOWさんが執筆された「1万円からはじめるソーシャルレンディング入門」が12月19日に書店に並び始めたことです。



     きっとソーシャルレンディングをより多くの人に知ってもらい、投資をしてもらえる良い機会になると考えています。

    株価・仮想通貨暴落、円高など、キャピタルゲイン投資は軒並み全滅状態です。

     それでもソーシャルレンディングにおいては、未だ遅延も、投資家への損失も与えたこともない事業者がいくつもあります。そこに投資した人は安定的なリターンを得られています。

     どうかSALLOWさんの本をお読みいただき、そうした業者に目を向けていただければと、考えています。

    ※2019/1/19
    2019/1/1の発表時にCREALの募集額を計上していなかったため、募集額、累計募集額ともに9億円以上小さい額を報告していました。申し訳ありません。



    上場企業の収益事業で資産運用できるFundsに注目
    Funds

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    想定利回り8~10%の不動産投資型クラウドファンディング FANTS fundingの魅力を紹介
    FANTAS funding

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!【PocketFunding】




    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    各社募集実績の求め方
    maneo:ホームページの「成立ローン総額」から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページの「累計応募金額」から
    クラウドクレジット:ホームページの「これまでのファンド実績」から
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」から
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    SAMURAI:WEBサイトの「商品一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」から
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」から
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」から
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」から
    TATERU Funding:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    クラウドリアルティ:WEBサイトの募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」から
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」から
    LENDEX:ホームページの「ローン総額(累計)」から
    ポケットファンディング:ホームページの「累計応募成立金額」から
    ネクストシフトファンド:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    プレリートファンド:ホームページの「成立ローン総額」から
    FUNDINNO:WEBサイトの累計成約額から
    エメラダ・エクイティ:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    ハロー!RENOVEATION:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    RENOSY:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    FANTAS Funding:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1628-72816082