FC2ブログ

    ラッキーバンクに電話して、元本損失その他について問い合わせました その5 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ラッキーバンク » ラッキーバンクに電話して、元本損失その他について問い合わせました その5

    ラッキーバンクに電話して、元本損失その他について問い合わせました その5


     2017年3月監査に入った段階、ないしその後遠くない時点で証券取引等監視委員会(金融庁)はラッキーバンクの主な融資先X社(ウイングトラスト社)への融資は無理があることを知っていました。

     返済が滞り投資家に莫大な損失が起きることを知りながら、ラッキーバンクが投資家からの案件募集を募ることを2018年3月まで看過していました。

     なお、当ブログの集計では2017年3月から2018年3月のあいだにラッキーバンクが投資家から集めたお金は76億4,085万円となります。

     金融庁が愚劣で、金融商品取扱業の監督に向かない馬鹿の集まりということが、ラッキーバンクの件はわかる事例といってよいでしょう。

    2018/12/31 ラッキーバンクに電話して、元本損失その他について問い合わせました その4

    の続きとなります。

    Q73 ・・・
    A73 電話を代わった。処分勧告が出された日を尋ねられたと聞いている。

    Q74 SG氏は何を伝えたのか?そのようなことは聞いていない
    Q74 それは申し訳ない

    Q75 処分勧告は(中略)とわかっている。そのようなことを聞いていい。SG氏はあなたに嘘を述べたのか?
    A75 SGはそのようにいった

    Q76 つまり嘘をいったということだ
    A76 嘘をついたかはわからない
    ※SG氏は処分勧告の日付のような簡単な質問と偽って、さらに若手に面倒な問い合わせを押し付けた?

    Q77 処分のあった日は(中略)と存じている、嘘をついたということだ
    A77 申し訳ない。質問を聞いてよいか?

    Q78 お願いする
    A78 はい

    Q79 通常処分勧告が発表されるまえには1周間以上前に金融庁から知らされるはずだが?
    A79 通常というのはどういう意味か?

    Q80 行政処分が行われる前には前もって金融庁から連絡があるはずだ。処分勧告発表をもって知らされるということはないはずだ
    A80 行政処分勧告を行うということは、行政から、期日はこの日というのはくる
    ※言質をとった!

    Q81 感謝する。それなのに御社は(処分発表の2月20日直前の)2月17、2月19日に募集を行い、約4億3千万を調達した。
    Q81 調達、募集をしている

    ※参考
    2018/5/9 ラッキーバンク問い合わせ回答に対する疑問


    Q82 行政処分が行われることを知りながら、融資審査を行い、返済見込めると判断したということか?
    A82 質問の主旨がわからない。行政処分の期日呼ばれることはある。
    ※金融庁、あるいはその他の拠点に担当者が呼ばれるという意味か?

    Q83 事実として2月17、19日、その前の3、6、10日も含めて10億5千万円の募集を行っている。
    A83 それは事実だ。20日勧告が出たのも事実だ

    Q84 行政処分内容にはウイングトラスト社からの返済は難しいということが書かれていた。それでも貴社はウイングトラスト社からの返済が見込めると考えて、投資家からお金を集めて融資を行ったという認識でよいか?
    A84 当社の認識については、私個人でそうだ、そうでないと答えることは難しい

    Q85 主張はわかるが・・・
    A85 (遮って)事実として公表されていることは、事実として認められるが、それについて、このように考えているとか、どういう認識だったかは、私個人では答えられない。

    Q86 簡単な質問だ。(処分勧告直前の)融資審査はパスした。
    A86 融資審査はパスしたので募集を行った

    Q87 今から考えると、金融庁から返済は難しいと指摘されていたのに融資を行った。そして元本を失ったのはどう考えても経営判断の間違いではないか?
    A87 そこについては、そうである、そうでないとのコメントは控える
    ※SG氏も含めればこれで4回目の逃げか?

    Q88 それはなぜか?
    A88 私個人の判断では答えられない。

    Q89 田中翔平社長ならば答えられるのか?
    A89 会社としてはそうだ。

    Q90 では田中社長につなげて欲しい
    A90 田中は外出しているので繋げられない

    Q91 では折り返し電話をいただきたい
    A91 その依頼は様々な人から受けているが、現状個別の予定もあり控えている。仮に今の質問、また今手元にある質問をメール、書面などでいただければ、そちらに対して会社としては回答させていただく。
    申しわけないが、電話では当社の融資・判断がどうだった、こうだったとはお伝えしかねる

    ※もうこれ以上の問答は無意味と判断して問い合わせを終わりにしました。最後の挨拶だけは、敬語を省かず一字一句、可能な限り正確に記します。

    Q92 わかりました
    A92 はい、申し・・・

    Q93 長らくすみませんでした。
    A93 あ。いえとんでもございません。

    Q94 これでゴニョゴニョ(自分でも聞き取れない)、電話を切らせていただきます
    A94 失礼いたします。


    以上となります。

     言質をとれたように感じた部分もありますが、話が核心に迫ると「回答を差し控える」と逃げられ、決め手には欠けると感じました。

     結局のところは、金融庁の指導による「融資先情報の投資家への匿名化」により、逃げられたことを強く感じました。このような馬鹿な指導を行った、馬鹿文系現場無視の金融庁の下衆官僚どもが、どの面を下げて、監査を行ってるのか一度見てみたいものです。

     おおかた、金融庁の馬鹿官僚はいかに袖の下を監督先からもらい、いかに美味しい天下り先を探すことしか考えていないのでしょう。

     上記のように金融庁官僚はラッキーバンクが76億4,085万円もの返す見込みが乏しい案件を募集を行うことを許しています。常識から考えて金融庁官僚に十分な報酬が支払われているとみてよいでしょう。

     なにしろ金融庁を「監督・処分」する組織は私は寡聞にして知りません。あったとしてもその処分が発表されないところを見ると、全てもみ消されているのでしょう。しかし実際に「袖の下」は存在しており、それはラッキーバンクが金融庁の監査を受けながらも76億4,085万円を募集できたことから、明らかです。

    これで金融庁がラッキーバンクに働きかけて、投資家の元本を取り戻してくれたら評価をあらためるのですが!

    期待して金融庁が動いてくれるのを待つとします!

    上場企業の収益事業で資産運用できるFundsに注目
    Funds

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年11月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約469万円
    2.AQUSH : 約44万円
    3.クラウドバンク: 約242万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約137万円
    5.クラウドクレジット:約266万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:331万円
    8.LCレンディング : 約60万円
    9.ガイアファンディング : 約108万円
    10.トラストレンディング : 約190万円
    11.クラウドリース : 約44万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約65万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約65万円
    17.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    18.アップルバンク:約53万円
    19.プレリートファンド:約84万円
    20.エメラダ・エクイティ:70万円
    21.SAMURAI:125万円
    22.LENDEX:50万円
    (総額:約2,761万円)


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額400億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!【PocketFunding】



    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    おつかれさまでした。
    結局TOPが出てこないと、明確な回答が得られないのは致し方ないとしても、そのTOPが雲隠れしてしまっては、どうしようもなくなります。
    結局TOPを信じられるか、その事業者が信じられるかが、秘匿化が解除されるまでの投資方針にならざるを得ないのかなと。

    早く解除して欲しいですね!

    2019-01-03 11:22 │ from けむけむURL

    No title

    ファイアフェレット様

    お電話お疲れ様でした。

    バカ金融庁の件ですが、私は「匿名化の解消は行われない」と思っております。
    事実上金融庁は約束を反故にすると思います。
    匿名化をやめたときの混乱に金融庁は耐えられないのでは。

    銀行から借りられないまあ言ってみればすねに傷を持つ企業側にしても、
    公表されるということは結構大きなハードルになりますし。

    2019-01-03 12:22 │ from 別の通りすがりURL

    早いところの匿名化解除が望まれます

    けむけむさん

    コメントをどうもありがとうございます。

    TOP、田中社長は一度の説明会を開催した後、雲隠れです。
    以前は電話応対をしたという話は聞いたことがあります。

    ただし損失確定後はその話も聞きません。

    あれだけのことをしでかしたミンクレの白石前社長も
    全く投資家の前に出て説明していないところを見ると、
    馬鹿金融庁は「それでOK」と容認しているも同然であり、
    今後も期待できないのが口惜しいです。

    匿名化解除まで本当に動きがとりにくくなりました。
    早いところの解除が望まれます。

    2019-01-03 15:44 │ from ファイアフェレットURL Edit

    あの阿呆金融庁のやることですから!

    別の通りすがりさん

    本当にクズ金融庁が匿名化解除を行ってくれるか、
    それは私も疑問に感じています。

    ただ、

    トラストレンディングの今後の経営方針についてお話を伺ってきました! 前編
    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1449.html

    にも書いたとおり、一応閣議決定されたことではあるので、
    「何らかの形」で行われると思います。

    ただし昨年(2018年)に行われるはずだった解除は、遅れに遅れ
    今年の早いうち、ないし4~6月にずれ込んでいるとのことです。

    待たされた分良いものがでるのならばともかく、
    愚にもつかない、いまの「ほぼ匿名化」と変わらない状況である
    可能性も十分に検討にいれなければいけないと思っています。

    なにしろ、あの阿呆金融庁のやることですから!

    2019-01-03 15:47 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    匿名化の解除に耐えられないのは金融庁よりもむしろ悪徳SL業者でしょう、リファイナンス出来なくなる事例が多発して期失の大嵐がくると予想します。匿名化の解除を推進し、悪徳SL業者が一掃されるまでは初心者はSL投資に手を出すべきではないと考えます。

    2019-01-04 00:29 │ from 緑の狸URL

    ご懸念の事態は確かにありえます

    緑の狸さんへ
    ご懸念の事態は確かにありえます。

    リファイナンスができなくなる、
    期失の嵐による悪質業者の淘汰、
    リファイナンスが一概に悪徳業者の行動とは言えませんが
    ラッキーバンク、みんクレで不正の温床となっていたのは
    紛れもない事実です。

    初心者に限らず、経験者も動きが取りにくい状況が
    続くことが懸念されます。

    2019-01-04 16:05 │ from ファイアフェレットURL Edit

    詐欺的スキームに厳罰を!

    金融庁の管理監督が無責任すぎるとのみなさんの指摘には同感です。
    日本の行政は、営業者の契約条件に反した行為(特に詐欺に相当するやり方)に対する対応が甘すぎます。匿名組合という隠れ蓑をかぶって不正やり放題の業者を管理するのは非常に困難で、結果は投資家が泣き寝入りすることになります。
    私は過去にも同様な詐欺ファンド(平成電電、あぐら牧場、ラブホファンド、MRI)に何度も引っかかった苦い経験があります。期待していたソーシャルレンディングにはも同じ構図の業者を排除できないなら先は暗いです。やはりみんなで声を上げて、金融庁を動かして、自己資金の規模などで参入業者を絞ったり、不正を働いた業者をもっと厳罰に処するルールを作らせるべきです。不正な資金流用を防ぐためには最終投資先情報の開示も当然実現させるべきでしょう。

    2019-01-04 19:44 │ from ToshiURL

    No title

    詐欺の温床を作り出している金融庁は許せません、是正を促す方法はないんでしょうか?

    2019-01-05 20:17 │ from 税金泥棒URL

    金融庁はバカどもの集まりであり、期待すること自体が無意味であると私は考えています

    Toshiさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    私が匿名投資組合出資における詐欺的スキームに引っかかり、
    お金を失うのはラッキーバンクが初めてとなります。

    ただToshiさんが提示していただいた、平成電電、あぐら牧場、ラブホファンド、MRIの事例を見るにつれ、金融庁には詐欺を阻止する能力はまったくなく、無能の徒の集まりという評価しかできません。

    最近ではケフィア事業振興会が、第二金融商品取引の登録もとらずに、金融商品も同様の商品の販売を行い、1千億円以上を詐取するのを看過していました。

    正直、金融庁はバカどもの集まりであり、期待すること自体が無意味であると私は考えています。

    2019-01-06 01:37 │ from ファイアフェレットURL Edit

    金融庁の是正は期待できません。

    税金泥棒さんへ
    コメントをどうもありがとうございます。Toshiさんへのコメントにも書いたとおり、金融庁には自浄作用も成長も見込めません。また見返りを受けて、ラッキーバンクの無謀な募集を看過する腐敗官僚の集まりです。税金泥棒どころか、詐欺師の片棒担ぎです。犯罪者です。

    是正は期待できません。

    奴らは死ぬべきだと思います。そうすれば多少は是正されるでしょう。「死人に罪はない」とお考えの日本人は多いようですから。

    2019-01-06 01:39 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1622-9ea05ba8