FC2ブログ

    自分がとっているリスクを計算してみた。全投資額の2割、約537万円が遅延に! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング収益報告 » 自分がとっているリスクを計算してみた。全投資額の2割、約537万円が遅延に!

    自分がとっているリスクを計算してみた。全投資額の2割、約537万円が遅延に!


    目標には11月には届いた


     私はソーシャルレンディングの投資額のうち約30%を高リスク(高利回り)案件に、70%を低リスク(中利回り)案件に充てるようにしています。

     着実に運用したい、失いたくない分を全体の7割で運用する。残りのリスクを取れる3割で積極的に高利回り案件を狙う。

     このルールを定めることにより、リスクを抑えて投資する、過度にリスクを取ることを抑える、そのような戦略です。

    参考
    2017/12/13 ソーシャルレンディングがYen SPA!2018年冬号で取り上げられています。

    ソーシャルレンディング各社投資額

    ソーシャルレンディング投資額円グラフ

    2018年11月末時点で、総投資中の金額約2,775万円のうち、高利回り案件に投資しているのは約765万円で約28.1%。
    中利回り案件に投資しているのが約1,960万円と約71.9%となりました。

    中利回り案件の目標70%に届きました。

    しかし下記理由でさらなるリスクオフに動かざるを得ない状況です。


    全体の遅延率は19.7%に


    ソーシャルレンディング遅延額一覧
    ※各社遅延額一覧

    ソーシャルレンディング投資額円グラフ_遅延額反映

    上記運用中の金額のうち遅延中の金額を円グラフに反映して見ました。

    高利回りで運用中765万円中444万円(約58%!)が遅延しています。

    中利回りで運用中1,960万円中約93万円(約4.7%)が遅延しています。

    全体では約537万円(約19.7%)が遅延したことになります。
    ※ラッキーバンクは2019年1月時点では損失が確定だが11月末では遅延状態

    高利回り案件における被弾率は58%、中利回りでも4.7%、全体では19.7%となります。

    前述のとおり、全体では約537万円が遅延しています。

    この状況では、上記「7:3の割合」のルール以上にリスクオフに動かざるを得ない状況です。

    どのようにリスクオフしていくのかについては、これから記事にしたいと思います。

     537万円の遅延のうち、すでに行政指導の段階で、「返済が難しい」との指摘を受けていた言語道断のラッキーバンクでさえ、32%ほどは戻ってくるみ込みです。

     他で遅延しているのは、私の場合AQUSH、maneo、グリーンインフラレンディング、キャシュフローファイナンス、ガイアファンディングですが、ぜひ元本の9割以上の償還を期待したいです。

     とりあえず、上記遅延額537万円の償還の見込みが立つまで、ソーシャルレンディングへの追加投資は慎重にしなければいけないと思っています。

    上場企業の収益事業で資産運用できるFundsに注目
    Funds

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年11月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約469万円
    2.AQUSH : 約44万円
    3.クラウドバンク: 約242万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約137万円
    5.クラウドクレジット:約266万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:331万円
    8.LCレンディング : 約60万円
    9.ガイアファンディング : 約108万円
    10.トラストレンディング : 約190万円
    11.クラウドリース : 約44万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約65万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約65万円
    17.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    18.アップルバンク:約53万円
    19.プレリートファンド:約84万円
    20.エメラダ・エクイティ:70万円
    21.SAMURAI:125万円
    22.LENDEX:50万円
    (総額:約2,761万円)

    信頼の証券会社、親会社が上場企業のSAMURAIは硬い投資案件をご提供
    SAMURAIクラウドファンディング

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    1万円から始める新しい不動産投資クラウドファンディング
    CREAL

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    いつも貴重な情報・記事をありがとうございます。
    さらなるリスクオフに〜とのことですが、当初「中利回り:高利回り=7:3」に配分を決められた際には、それぞれどの程度の延滞率を見込んでらしたのでしょうか?
    考え方をお伺いしたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

    2019-01-05 08:06 │ from あいURL Edit

    ルールを決めたとき、延滞率の見積もりというのはしていませんでした。

    あいさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    正直、ルールを決めたとき、延滞率の見積もりというのはしていませんでした。

    私がクラウドポートに投稿した記事

    ソーシャルレンディング投資でどれくらい分散するべきなのか
    https://www.crowdport.jp/news/8861/

    に投稿したとおり、十分な分散投資をしていれば、全体的な収益はプラスになる。
    ただし高利回り案件はそれなりのリスクを伴い、デフォルト率が高まれば、収益はマイナスになる。

    だから高利回り案件を全体の1/3程度にしておけば、プラスになるのでは?とくらいにしか考えていませんでした。

    高利回り案件を全体の1/3というのは、みんクレ事件が発生し、その遅延が起きるか起きないかくらいのときに、「なんとなく」決めたルールです。参考にできる遅延率割合というのは、業界に当時はありませんでした(みんクレ、AQUSHを除けば、ほぼ0%だったのですから!)。

     あまりにみんなのクレジットの事例がひどかったため、いくらなんでも他の会社はみんなのクレジットのように、全部期失にいきなり、なったりはしない。という甘い見通しの上で作ったルールです。

    あまりに甘い見通しであったことを、身にしみて感じています。

    繰り返しになりますが、遅延率の見積もりはしていませんでした。

    本記事で、全体・高利回り・中利回りにおける私の遅延率は開示しました。
    見積もりではなく、実際の値です。

    正直、私の遅延率(被弾率)は、全投資家の中でもかなり悪いほうと思われます。
    ※そうでないといいのですが、そうでしょう!

    遅延率の見積もりはお示しできませんが、実際の遅延率はお示しできました。

    「私のような運の悪い人間はこのくらいの遅延率になる」とご笑覧、ご参考にしていただければと思っています。

    2019-01-06 01:34 │ from ファイアフェレットURL Edit

    横から失礼します。

    投資にあたっては遅延率の見積もりに加えて、遅延時にどのくらい毀損が生じるかを案件ごとにイメージしておくことが必要かと思います。
    仮に遅延率が同じでも、担保物の用途、担保順位や案件の性質等によって遅延時のダメージはまるで違います。

    すでにご案内のこととは思いますが念のため。

    2019-01-09 18:45 │ from 通りすがりURL

    No title

    クラウドリースとマネオの遅延がありましたが、大丈夫でしたか?

    2019-01-09 22:06 │ from げんちゃんURL

    この匿名化状況でどのような予想をしようが、 正直虚しい気がします

    通りすがりさんへ

    先日はトラストレンディング行政処分の予想を私が外したときは
    お慰めいただいたこと、改めてお礼をいたします。

    遅延時見積もりのイメージ、正直現在の匿名化の状態で正直
    どのようにすればよいかわかりかねます。

    たとえばラッキーバンク、都内一等地の担保ということで
    7割以上は戻って来ると私は踏んていましたが
    実際には7割近くが失われました。

    イメージが楽観的だった分、精神的イメージは大きかったですw

    この匿名化状況でどのような予想をしようが、
    正直虚しい気がします。

    2019-01-09 22:51 │ from ファイアフェレットURL Edit

    クラウドリースで12万円が被弾したようです

    げんちゃんさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    maneoは大丈夫のようです。

    クラウドリースは39万円投資中12万円が被弾したようです。
    「期失」のマークが付くのを待って、改めて計算し直します。

    2019-01-09 22:53 │ from ファイアフェレットURL Edit

    28万円でした。

    げんちゃんさんへ

    本日、期失マークがついたので確認したところ
    12万円ではすまず28万円でした。

    ウィンターキャンペーンローンファンド4号 16万円
    ウィンターキャンペーンローンファンド5号 12万円

    です。

    正直ショックは大きいです。


    ◆アミューズメント事業者ME◆
    年商12億6千万円を誇る中堅企業です。
    関西某県にて1店舗を経営。
    堅実な経営を続けており、安全な投資先です。

    と書いてありますが、大丈夫なのでしょうか?不安です。

    2019-01-10 13:58 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1620-3aa0506e