FC2ブログ

    クラウドポートが第二種金融商品取引業登録を発表、投資型クラウドファンディング開始か? - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドポート » クラウドポートが第二種金融商品取引業登録を発表、投資型クラウドファンディング開始か?

    クラウドポートが第二種金融商品取引業登録を発表、投資型クラウドファンディング開始か?


     ソーシャルレンディング比較サイト、クラウドポートの運営会社株式会社クラウドポート(代表:藤田雄一郎氏)が第二種金融商品取引業の登録を行ったことを本日(2018/12/20)発表しました。

    クラウドポート、第二種金融商品取引業登録完了のお知らせ(2018/12/20クラウドポートWEBサイト)

    クラウドポート第二種金融商品取引業登録発表





    登録完了は2018年12月14日です。

     第二種金融商品取引業の登録は、投資商品を取り扱うための社内体制、人材を揃えることが要求されます。

     ソーシャルレンディングのメディアは会社経営のものもたくさんありますが、同様の大勢を整えている会社は他にはないでしょう。クラウドポートがずば抜けていることが伺えます。

    さて

    本登録完了を受け、2019年1月より新規サービスの提供を予定しております。

    とお知らせにはあります。

     第二種金融商品取引業の登録を行ったからにはやはり投資商品提供のサービスを行うと考えられます。投資型クラウドファンディングでしょうか?それとも後ほど貸金業の登録を受けたことも発表してソーシャルレンディングを開始するのでしょうか?

    あるいは私には思いもつかないサービスが提供されるのか?

    大変楽しみです。

    現在私は投資に慎重です。投資をするにはその投資先が
    • 第一種金融商品取引業
    • 第二種金融商品取引業
    • 不動産特定共同事業法

    いずれかの登録を行っていることが絶対条件です。

    それを持たない会社に投資することは自殺行為であることが散々被弾してよくわかりました。

    クラウドポートの新しいサービスに期待です。


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年11月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約469万円
    2.AQUSH : 約44万円
    3.クラウドバンク: 約242万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約137万円
    5.クラウドクレジット:約266万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:331万円
    8.LCレンディング : 約60万円
    9.ガイアファンディング : 約108万円
    10.トラストレンディング : 約190万円
    11.クラウドリース : 約44万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約65万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約65万円
    17.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    18.アップルバンク:約53万円
    19.プレリートファンド:約84万円
    20.エメラダ・エクイティ:70万円
    21.SAMURAI:125万円
    22.LENDEX:50万円
    (総額:約2,761万円)

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額1,500億円の実績あり


    信頼の証券会社、親会社が上場企業のSAMURAIは硬い投資案件をご提供
    SAMURAIクラウドファンディング

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1615-6511fe10