FC2ブログ

    グリーンインフラレンディング、案件償還・返済についての考察 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » グリーンインフラレンディング » グリーンインフラレンディング、案件償還・返済についての考察

    グリーンインフラレンディング、案件償還・返済についての考察


    当ブログコメント欄において、元hiroさんから、

    1.グリーンインフラレンディングの償還・分配が個別案件ごとか、
     ならした返済(いわゆる投資額に対する按分返済)
     のいずれかになるかとの情報が錯綜している

    2.ファイアフェレットはどう考えているか?

    3.投資家の公平性がどうか関わるか?


    との質問がありました。


    元hiroさんからのコメント
    コメントへのURL

    ※1記事の追記部分に元hiroさんの質問全文を記載します。

    ※2初掲載時にEditボタンについていろいろ付記していましたが全て杞憂でしたので削除しました


    回答が長くなったので個別の記事でご回答いたします。

    元hiroさんへ
    コメントをどうもありがとうございます。

    私からの回答骨子は
    1. 個別案件の返済になると考えている
    2. 投資家の公平性を図るために返済保留は必要な処置である
    となります。

     正直「分別管理ができていないから、ならした返済」「できているから投資案件ごとの個別返済」の理屈がわかりません。たしかにその情報はネットでちらほら見た気がしますが、いったいどこが情報ソースなのか?と思っています。

     分別管理ができていないとして、それはJCサービス、グリフラの都合なのですから、誰がどのファンドにいくら投資したという記録が残っている限り、個別分配が妥当と思います。

    なお、関係者からの情報を伝えた下記記事、

    グリーンインフラレンディング徹底追求、関係者から仕入れたマル秘ネタを一気放出!

    おいて私が紹介した情報は
    1. 案件ごとの分配はその案件の収益で行う
    2. 全案件の見通しが立つまで返済は見送る
    です。

    上記情報から推測されることは

    全案件の見通しが立つまでは返済は保留するが、分別返済

     となります。もし各案件の償還満期が来るたびに、(別案件エグジットの)お金があるからといって償還してしまうと、その案件がエグジットしていない場合「案件ごとの分配はその案件の収益で行う」が満たせなくなってしまいます。

     個別の案件に投資した投資家に、その個別の案件のエグジット利益で分配を行えなくなってしまいます。これでは投資家の公平が図れません。

     実際に7月11日の返済が供託されたのは、別案件のエグジットで分配を行おうとしたためと、上記記事で記しています。

    よって、私は
    1. 個別案件の返済になると考えている
    2. 投資家の公平性を図るために返済保留は必要な処置である
    と考えます。もちろん私の推測であることはお断りしておきます。

    元hiroさんへのご回答にはなったでしょうか?

    CREALは不動産収益から安定したキャピタルゲイン投資を提供します
    CREAL

    2018年10月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約469万円
    2.AQUSH : 約47万円
    3.クラウドバンク: 約226万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約139万円
    5.クラウドクレジット:約265万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:331万円
    8.LCレンディング : 約60万円
    9.ガイアファンディング : 約174万円
    10.トラストレンディング : 約189万円
    11.クラウドリース : 約43万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約65万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約64万円
    17.アメリカンファンディング:約53万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    19.アップルバンク:約53万円
    20.プレリートファンド:約84万円
    21.エメラダ・エクイティ:70万円
    22.SAMURAI:125万円
    23.LENDEX:50万円
    (総額:約2,862万円)

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額1,500億円の実績あり


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意


    返済方法

    いつも読ませて頂いています。
    JCSとの電話での話では、これまで何人かの異なるJCSの担当者からの反応として、返済は募集案件ごとになるかのような印象を私は受けています。この点について分別管理ができていないと言われているために、全投資家にならした返済になるのではないかとの情報もありますが、JCSではしっかり分別管理はできているような話があり、そのために個別返済になるような印象があります。今はグリフラからの公式見解を待つしかないとは思いますが、この点も投資家間の公平性が関わるとお考えでしょうか?
    関連記事
    ここは記事下のフリースペースです
    コメント
    非公開コメント

    わかりやすい回答ありがとうございます。
    EDITボタンについては、私は良く分からないです。仮に私のコメントに何か編集してたら、私から反論しますので問題ないかと…

    2018-12-04 13:36 │ from 元hiroURL Edit

    No title

    1.案件ごとの分配はその案件の収益で行う
    2.全案件の見通しが立つまで返済は見送る

    1.については100%間違いないと思います。
    案件単位で募集金額を上回る収入があった場合はどうするんでしょうね。
    上回った分はJCサービスが好きに使ってOK。そんな訳ないですよね。(JCサービスとエスクローファイナンスの金消契約はノンリコースじゃないはずです。)
    今回の太陽光2件で7.7億円はちょうど売却金額が7.7億円だったんでしょうか?

    2.についてはどうなんでしょうね。
    ・返済原資が確認できれば、先行して償還しても良いのでは?
    ・完全に返済原資を確認することは困難だから、最後まで償還保留しましょう。
    どちらも筋が通っているように感じますが、後者の方が無難でしょう。

    11月30日のJCサービスの発表では、7.7億円(太陽光2件)について12月中旬の分配を目指すと記載がありますので、「2.全案件の見通しが立つまで返済は見送る」とは違う考え方のようです。

    今回のJCサービスの発表内容の検証結果、そして分配に関する基本ルールについてmaneoマーケットから数日中に発表して頂きたいですね。

    2018-12-04 14:08 │ from URL

    供託

    ファイアフェレットさんとの見解が私と異なっていることがあるのです。公平性の観点においてならそうかもしれませんが、一昨日のJ○担当者とのやりとり、そして瀧○が説明会において、返済原資が確認できれば返済すると言っていました。この回答は、私、瀧○、け○ごろうさん、弁護士2人、他20数名が立ち会っており、発言を聞いております。その中でかなり怒ってる人がいて、スリランカ小水力について聞いたら、瀧○は売却されていないと言ってました。残念ながらEVが売りには誰も触れてはいませんでしたが。
    あくまでも一個人の憶測ですが、J○の問い合わせと瀧○本人からの発言から考えてみると、個別案件の返済原資が返金されると思いますし、契約条項にも売却した返済原資として償還すると記載されております。もし仮にそのような形で返済できなければ、金融商品取引法禁止事項に抵触します。
    しかし、売却による返済原資と記載されており、利益及び遅延損害金については記載されておらず、約款には返済する順序は記載されています。
    利益や遅延損害金は戻ってこないと考えます。
    もし、勝手な憶測が外れたらすみません。
    ファイアフェレットさんいかがでしょう‥

    2018-12-04 14:30 │ from URL Edit

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2018-12-04 15:35 │ from URL

    償還資金

    7月に供託になった際にマネマに確認したところ、返済資金は案件の売却資金か自己資金(他から調達した借入金も含む)であれば問題ないとのことです。
    従って、他の案件を売却して利益が出ている場合は、利益分がJCSの自己資金となるので、そこから返済することも可能。また、JCSの独自案件をExitした資金から返済するのもOKです。

    問題となるのは、グリフラで募集した当該案件が早期に売却できた場合、当該案件の出資者に返済せずに、他の案件の出資者に返済することです。

    7月の供託は相当部分自己資金で用意したと推測しますが、そもそも分別管理がしっかりしていなかったので、待ったが掛かったのだと思います。

    今回JCSが発表したように太陽光2件の売却で7.7億円の返済を行ったとハッキリ言える状況ということは、既に案件ごとの資金管理が整理されているようですので、7月の供託分も含めて個別案件ごとに返済される可能性が高いのではないでしょうか。

    2018-12-04 21:21 │ from グリフラ難民URL

    No title

    元hiroさんへ、お答えとなりなによりです。

    どうも私だけに「Edit]ボタンがつくというのも、編集ができるというのも、そもそもの間違いだったようです。

    ※親切な方に過去のコメントを調べてもらいました。

    これからもよろしくお願いします。

    2018-12-04 22:38 │ from ファイアフェレットURL Edit

    スリランカ小水力発電

    においては売電がなされていますし、そのようなインカムゲイン等が供託されたのではないかと思います。
    今回売却した案件については契約には契約とおり返済原資は当該案件売却、ほかの案件においてはリファイナンスによる償還となっているため、自己資金とは記載されておりません。そのため、当局の指導の元、さらには業務改善委員会もいるわけで、契約とおりに返済、つまり売却された返済原資のみが、各案件に返済されると思います。
    もしろ、そうでなけば何度もですが、供託なんかしたら、それこそ金融商品取引法禁止事項に成ります。今ば当局もいるから、供託ばないであろうと思います。
    もし供託されたら、許されることではありません。私ばFIT価格が高い太陽光にしか投資していません。いわゆるお宝物件です。低いFIT価格はリスクがあります。それに投資期間も半年以内。利回りが悪いがFIT価格が高く、北の電力供給が少ない地域として投資した。それが失礼ですが南の方や20円代の投資は危険であると思っていました。
    さいごになりますが、案件自体の公平性の観点を考えるならば、個別案件に返済するべきですし、そもそも契約とおり売却の返済原資で返済しなかったら契約違反どころから、不法行為にあたります。
    もしそうであれば訴訟のさらによい材料になるかと考えます。

    2018-12-04 23:03 │ from URL Edit

    maneoマーケットから発表があって欲しいとのこと、全く同感です

    2018-12-04 14:08のコメントを頂いた方へ

    以前丁寧なご質問をいただきノーゲームとさせて頂いた方ですね。
    ※コメントに少しでもぞんざいな表現があった場合
    ホストを調べています。悪く思わないでください。



    1.についてはノンリコースで無いのならば、ある案件元本+利息を上回る収入があった場合、当然他の案件の償還に当てられるべきかと思います。そうなってほしいです。


    2.についての私の考察ですが私は「全案件がエグジットするまで」保留するとまでは述べていません。
    「エグジット(返済)の見通しがつくまで」です。ですから12月中旬において

    1.全案件エグジットの見通しがたった(100%とは言えないが)
    2.すでに償還を迎え、かつエグジットした案件がある


    の両方が成り立てばその案件は償還しても構わないはずです。

    なお、「全案件エグジットの見通しがたったら」はJCサービスではなく、maneoマーケット側の都合のはずです。もしJCサービスが12月中旬に返済を行ったとしても、maneoマーケットが見通しは立ってないと判断した場合、何らかの形で償還が保留される事態がある可能性については、否定しきれません。

    最後に、maneoマーケットから発表があって欲しいとのこと、全く同感です。

    2018-12-05 11:21 │ from ファイアフェレットURL Edit

    もう少しわかりやすい文章を書いてください。

    2018-12-04 14:08に
    コメントを頂いた方へ、

    一昨日というと12月2日ですか、そこで瀧本社長、けにごろうさん、JCサービス担当者が説明会を開催したのですか。初耳ですね。まさか「伏せ字にしたから違う人」という論法は使いませんよね。

    それとも説明会というのは先日(2018/7/18)のことを指していて、「一昨日のJ○担当者とのやりとり」などという言葉を前に置くことで、私に混同させようとしているのですか?どこかの先生を僭称している方と違って小学生程度の読解力は私にはありますよ。

    ソーシャルレンディング投資の学校やレンダータウンのような便所の落書きにしないため、伏せ字を使うような書き込みは以後承認しないことにします。


    ファイアフェレットさんとの見解が私と異なっていることがあるのです。

    とのことですが、いったいどこが異なるのでしょうか?

    あなたの主張は個別案件返済のようですが、私もそう主張しています。ならし返済になるとなど述べていません。

    スリランカ小水力について説明会でそのような話があったことはけにごろうさんのレポートで承知しています。

    「利益や遅延損害金は戻ってこないと考えます。」の部分が異なっているということでしょうか?

    私はそのような主張はしていませんよ?もちろん個別の案件が十分な利益を上げられずそのような事態となる可能性は否定しませんが、少なくとも本記事ではそれについて触れておりません。

    2018-12-05 11:25 │ from ファイアフェレットURL Edit

    そもそも私の間違いだったようです

    2018-12-04 15:35に鍵コメをいただけた方へ

    どうもありがとうございます。

    1.私だけに「Edit」ボタンが付く
    2.そのボタンが付いたコメントを私が編集できる

    がそもそも私の間違いだったようです。

    わざわざ本当にありがとうございます。

    2018-12-05 11:26 │ from ファイアフェレットURL Edit

    理屈はそのとおりです

    グリフラ難民さんへ

    確かに借金の返済ですから、理屈はそのとおりです。
    リファイナンスが普通に行える状況でしたらそれで良いと思います。

    ただ、先日の記事に書いたとおり行政処分につながる資金管理の問題を受け、リファイナンス・新規も含めて案件募集が実質不可能になったため、当局からの提案(ほぼ指導)で

    グリーンインフラレンディングについては「A案件の返済原資はA案件からのエグジットの利益」となった

    と私は認識しています。もちろん上のコメントで書いたとおり、ノンリコースならば他の案件の利益を持ってきてもOKかとは思いますが、それはあくまでメインのA案件がエグジットしていることが前提かと思います。

    2018-12-05 11:27 │ from ファイアフェレットURL Edit

    1円でも大きい額の償還を目指してほしいです

    2018-12-04 23:03
    にコメントをいただけた方へ、7月11日に供託されたお金の返済原資についての情報提供ですね。どうもありがとうございます。

    たとえ契約に書いていないとしても、借金である以上、そのインカムゲインも投資家への分配に当てて、1円でも大きい額の償還を目指してほしいです。

    供託はない、金融商品取引法禁止事項とのことですが、私からはなんとも言えません。

    エグジットした案件ならばその分だけでも償還すれば、投資家もある程度落ち着きを取り戻すと思うので、そうあってほしいとは思います。

    自然エネルギー案件についての投資アドバイス、どうもありがとうございます
    参考にさせていただきます。

    2018-12-05 11:28 │ from ファイアフェレットURL Edit

    何時も、有益な記事、お礼申し上げます

     何時も、有益な記事、お礼申し上げます。
     グリーンインフラレンデイングのファンド、償還はどのようになるのでしょうか。概要、どんな感想をお持ちですか。 (当方こことで恐縮ですが、ファンド購入前、maneoマ^ケットの担当者から「グリーンインフラレンデイングは事業企画から行っているので、高い配当もできます。」との説明を受けていました。 購入の90%が、2018年以降のバイオマスですが、maneoマ^ケットと協力して、期間をかけても、70%くらいの償還だけでもと期待していますが。都合の良い意見、お許し下さい。) 

    2018-12-10 10:20 │ from リタイア年金者URL

    カナメ先生の策にはまりたくありません。

    リタイア年金者さん、コメントをどうもありがとうございます。

    申し訳ありません、グリーンインフラレンディングの償還がどのようになるかに
    ついては、私も一般投資家と同程度の情報しか持ち合わせておらず、
    予想ができません。

    以前私が掴んだ情報にある、3~10割は返せる見込み、
    JCサービスからの発表、5割程度は確保

    が現状の見込みです。

    なによりも、そのような、当たってもなんの利益もなく、
    外れたら非難を浴びるだけの予測をして発表するつもありはありません。

    先日の「11月からある程度信憑性のある発表ができる見込み」という情報は
    信頼できる情報源からいただいたものですが、

    それさえも便所の落書き掲示板、ソーシャルレンディング投資の学校、5chで凄まじい批判が
    私に対して行われました。

    一方、同掲示板において11月の発表が行われた後私に対するお褒め、謝罪の言葉はありません。
    あまつさえ、ソーシャルレンディング投資の学校のカナメ先生は都合のよい掲示板運営を行い、
    匿名の投稿者による私への批判を掲示板に掲載し続けています。

    こうした状況で上記予測を行うのはまさにカナメ先生の策にはまることになります。

    カナメ先生が運営する便所の落書き掲示板では、
    これはとばかりに「匿名者」による私への批判が起こり、
    予測が外れた暁には、私への批判だらけになるでしょう。

    上記理由でお答えはいたしかねます。
    申し訳ありません。

    2018-12-10 11:49 │ from ファイアフェレットURL Edit

    ご丁寧なお返事、有難うございました

    ファイアフェレット 様

     当方の不躾な質問に、忌憚なくお答えいただき、厚くお礼申し上げます。

    貴お返事、ご感想を拝見するだけで、心が少し落ち着きます。

    2018-12-10 15:51 │ from リタイア年金者URL

    まことにありがとうございます

    リタイア年金者さんへ

    ご期待に添えなかったのに、ご丁寧なお返事、
    まことにありがとうございます。

    どうかこれからもよろしくお願いおします。

    2018-12-10 18:32 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1590-4b9ef404