FC2ブログ

    maneoで約20億3千万円遅延発生!私は気を強く持つ!なぜならば - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » maneo » maneoで約20億3千万円遅延発生!私は気を強く持つ!なぜならば

    maneoで約20億3千万円遅延発生!私は気を強く持つ!なぜならば


    5案件が遅延、神奈川県川崎市が大半


     maneoで約20億3千万円の遅延が発生したことがmaneoマーケットからメールで投資家に通達されました。本日(2018/11/1) 18時過ぎのことです。

    maneo遅延発生20181101

    メールが送られてきたということは私も被弾しているのでしょう。

     メールによると11月2日以降に被弾した案件は「期失」と表示してくれるそうです。それを待って、いくら被弾したのかを数えるのを楽しみにしています(笑)。

    maneo遅延発生5件20181101

    さて、遅延が発生したのはいずれもC社案件で大きく分けると5案件です。

    ただし、最終融資先はいずれも「不動産事業者CU社」で、抵当は第一順位です。
    ※とり急ぎで書いているので間違えていたらごめんなさい

    No.1の神奈川県川崎市エリアが59.2%と大半を占めています。
    No.5の愛知・茨城も18.2%と結構大きいです。

     さて、いまさら隠すことはないので言ってしまいます。C社は株式会社リクレ(旧UBIfinance株式会社)、maneoマーケットの子会社です。代表は石川雅江氏。あのイシコさんです。

    maneoイシコさん

     石川氏は同社社長を瀧本憲治社長から引き継ぎました。その有能さが評価されてとのことと思います。

    参考
    2017/2/14 maneoセミナー参加報告速報 後編 デポジット口座廃止におけるmaneoの見解

     ガイアファンディングもキャッシュフローファイナンスも遅延した案件はそれなりに順調に推移している模様です。ライバルのSBIソーシャルレンディングも遅延した担保付き案件の回収を順調に進めています。

     いくらかの損失は避けられないかもしれませんが、大船にのったつもりで回収・償還を待ちたいと思います。

    maneo遅延案件_ヨシオさん

    ※これでイシコさん案件ならば、さらに安心を皆様に提供できるのですが、上記5案件はいずれもヨシオさん案件です。ヨシオさんの貸付金額は約84億円。maneo担当者18名の中では中堅どころといったところでしょうか。

    maneo ならば負け戦をしっかりできるだろう


    SAMURAIの澤田聖陽社長の

    デフォルトは必ず発生する。
    デフォルト発生時の回収(負け戦)がしっかりできる業者を選ぶべきだ


    という言葉が思い出されます。

    参考
    2018/8/25 SAMURAIセミナー参加報告 その2

     今回遅延した20億3千万円はmaneoの運用中金額308億円の6.6%に過ぎません。maneoが負け戦をしっかりできなくて、どこができるというのでしょうか?

    全体の10%が当たり前のように遅延して、その遅延した額の8割があたり前のように回収される。

    それが新常態(ニューノーマル)になり、だれもデフォルト発生をいちいち騒ぎ立てなくなる。

    それこそがソーシャルレンディング業界の熟成を示すものと愚考する次第です。

    2019/10/19追記
     当記事執筆時は強気だった私ですが、このCU社(如月マネジメント)遅延案件は東証二部上場アルデプロが関わるとんでもない案件とわかりました。相当の元本毀損が懸念される事態となっています。

    参考
    2019/10/12 maneo川崎案件、maneoは東証二部上場アルデプロにハメられたとFACTAが報道!

    2019/10/16 maneoがアルデプロにハメられたのは川崎案件だけではなく、レオパレス施工不良アパートもか


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年10月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約469万円
    2.AQUSH : 約47万円
    3.クラウドバンク: 約226万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約139万円
    5.クラウドクレジット:約265万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:331万円
    8.LCレンディング : 約60万円
    9.ガイアファンディング : 約174万円
    10.トラストレンディング : 約189万円
    11.クラウドリース : 約43万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約65万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約64万円
    17.アメリカンファンディング:約53万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    19.アップルバンク:約53万円
    20.プレリートファンド:約84万円
    21.エメラダ・エクイティ:70万円
    22.SAMURAI:125万円
    23.LENDEX:50万円
    (総額:約2,862万円)

    15.TATERU Funding:50万円

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額380億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング

    投資家の皆様へ

    いつもmaneoをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

    この度、下記融資案件につきまして、2018年10月29日の約定利息の未回収が発生いたしました。
    期限の利益を喪失した対象ファンドの詳細と今後の債務者からの回収、投資家の皆様への分配について、以下のとおりご報告させていただきます。



    1.融資案件の概要

    ファンド名   【不動産担保付き】1,000億円突破記念ローンファンド【第2弾】1号~78号、80号、82号、84号~106号
    案件名    【事業者C社向け】神奈川県川崎市エリア 不動産担保付きローンへの投資(第1次~第165次募集)
    ファンドID   3928~3930、3990~4009、4074~4076、4146、4147、4150、4151、4156~4158、4160、4161、4194~4199、4210~4215、4236、4237、
           4243~4248、4300、4301、4327~4336、4362~4366、4437、4487、4489、4491、4493~4496、4526、4550、4553~4558、4627、4628、
           4638、4640、4641、4643、4644、4647、4649、4671、4672、4700~4702、4710
    貸付実行日  2018年2月9日、15日、20日、21日、27日、3月2日、8日、13日、16日、22日、27日、30日、4月6日、10日
    融資金額   1,199,976,562円
    最終返済日  2019年3月28日
    URL     https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=3928 他
    残高     1,199,976,562円


    ファンド名   【不動産担保付き】1,100億円突破記念ローンファンド【第1弾】1号~15号
    案件名    【事業者C社向け】埼玉県内エリア 不動産担保付きローンへの投資(第1次~第15次募集)
    ファンドID   4692、4694、4711、4740、4759、4785、4822、4844、4851、4881、4882、4890、5011、5012、5065
    貸付実行日  2018年4月10日、13日、18日、27日、5月10日
    融資金額   221,440,595円
    最終返済日  2019年5月28日
    URL     https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=4692 他
    残高     221,440,595円


    ファンド名   【不動産担保付き】1,100億円突破記念ローンファンド【第2弾】1号~9号
    案件名    【事業者C社向け】埼玉県・千葉県・東京都内エリア 不動産担保付きローンへの投資(第1次~第9次募集)
    ファンドID   4693、4712、4737、4753、4786、4806、4823、4891、4914
    貸付実行日  2018年4月10日、13日、18日、27日
    融資金額   103,992,381円
    最終返済日  2019年5月28日
    URL     https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=4693 他
    残高     103,992,381円


    ファンド名   【不動産担保付き】1,100億円突破記念ローンファンド【第3弾】1号~9号
    案件名    【事業者C社向け】東京都・神奈川県内エリア 不動産担保付きローンへの投資(第1次~第9次募集)
    ファンドID   4699、4713、4739、4742、4787、4809、4892、4915、4916
    貸付実行日  2018年4月10日、13日、18日、27日
    融資金額   131,986,930円
    最終返済日  2019年5月28日
    URL     https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=4699 他
    残高     131,986,930円


    ファンド名   【不動産担保付き】1,100億円突破記念ローンファンド【第4弾】1号~25号
    案件名    【事業者C社向け】愛知県・茨城県内エリア 不動産担保付きローンへの投資(第1次~第25次募集)
    ファンドID   4695、4714、4738、4760、4788、4812、4825、4843、4845、4918~4921、4930、5039、5040、5122~5124、5154、5209、5236、5237、5282、5369
    貸付実行日  2018年4月10日、13日、18日、27日、5月10日、18日、23日、31日
    融資金額   369,977,441円
    最終返済日  2019年5月28日
    URL     https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=4695 他
    残高     369,977,441円


    本件は、事業者C社から同一の債務者(不動産事業者CU社)に対する不動産担保融資について、
    「maneo」において事業者C社に対する「不動産担保付きローンファンド」として募集いたしました。


    2.経過および回収の見込み

    事業者C社は、不動産事業者CU社に対し不動産担保融資を行いました。

    2018年5月25日、不動産事業者CU社は、事業者C社に対し、約定利息の支払いを行いませんでしたが、
    事業者C社は、担保不動産の任意売却や担保権の実行による回収をもってmaneo社に対する債務の全額を返済可能と判断しました。
    そこで、事業者C社は、maneo社から事業者C社への融資はノンリコースローンであるものの、
    5月28日、6月28日、7月30日、8月28日、9月28日分のmaneo社への利息の支払いを継続しつつ、担保不動産の任意売却を試みました。

    しかしながら、事業者C社は、任意売却に向けた活動の過程において、
    すべての担保不動産の任意売却による売却代金をもってしてもmaneo社への元利金全額を支払うことが困難であるとの認識に至り、
    maneo社から事業者C社への融資はノンリコースローンであることから、
    10月29日を期日とするmaneo社への利息の支払いを履行しない意向をmaneo社に対して示しました。

    事業者C社及びmaneo社は、引き続き、担保不動産の競売・任意売却による回収に尽力してまいります。

    個別のファンドの回収状況につきましては、改めて担保不動産ごとにご報告させていただきます。
    その後の回収の進捗状況につきましては、「3.今後の状況報告について」に記載のとおり、定期的にご報告させていただきます。


    3.今後の状況報告について

    該当投資家の皆様には、
    (1)11月6日を目途に、再度、状況のご報告をさせていただきます。
    (2)回収の進捗状況等につきまして、(1)以降、定期的にメールにてご報告いたします。


    4.その他

    該当投資家の皆様の「my maneo」内の「運用予定表」には2018年11月1日までは「正常」と表示されます。2018年11月2日以降は「期失」と表示されます。
    「返済実績一覧」ページの「ローンファンド運用状況」の該当ページも、2018年11月1日までは「運用中」と表示されます。2018年11月2日以降は「期失」と表示されます。
    上記「1.融資案件の概要」の計181件につきましては、2018年10月29日の債務者からの約定利息の未回収が発生し、
    期限の利益を喪失しましたので、2018年11月7日の分配日には、分配は行われません。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    今後、全力で回収に努め、進捗をご報告いたします。


    2018年11月1日
    maneo株式会社(営業者)
    maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者)
    関連記事
    ここは記事下のフリースペースです
    コメント
    非公開コメント

    同日付で他にもマネオで募集したガイア案件や太陽光案件が遅延のようですね。同時に3件、、、って感じです。

    2018-11-02 07:36 │ from URL

    本来、遅延発生は五月雨のように起きるもの

    2018-11-02 07:36にコメントを頂いた方へ

    情報提供をどうもありがとうございます。
    maneoのWEBサイトを参考にして表を作り直しました。

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1553.html

    本来、遅延発生は五月雨のように起きるもの、
    それを一気に発表するのはどうも悪手であるような気がしてなりません。

    私とすれば一気に運用中金額の約20%以上が遅延したわけであり、
    決して気分はよくありません。

    回収を頑張ることにより、maneoには誠意を見せてほしいと願っています。

    2018-11-03 01:03 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1552-0bc4ba7e