FC2ブログ

    自分がとっているリスクを計算してみた 運のない人は高利回り案件投資は控えよう - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング収益報告 » 自分がとっているリスクを計算してみた 運のない人は高利回り案件投資は控えよう

    自分がとっているリスクを計算してみた 運のない人は高利回り案件投資は控えよう


     私はソーシャルレンディングの投資額のうち約30%を高リスク(高利回り)案件に、70%を低リスク(中利回り)案件に充てるようにしています。

     着実に運用したい、失いたくない分を全体の7割で運用する。残りのリスクを取れる3割で積極的に高利回り案件を狙う。

     このルールを定めることにより、リスクを抑えて投資する、過度にリスクを取ることを抑える、そのような戦略です。

    参考
    2017/12/13 ソーシャルレンディングがYen SPA!2018年冬号で取り上げられています。
    ※上記Yen SPA!2018年冬号で取り上げられた頃は、安全資産を全体の3分の2(66%)としていましたが、ラッキーバンク、グリーンインフラレンディング、ガイアファンディング、キャッシュフローファイナンスの相次ぐ被弾を受けて、7割(70%)に変更しました。

    ソーシャルレンディング2018年9月期高利回り中利回り

    ソーシャルレンディング2018年9月期高利回り中利回り円グラフ

     総投資額2,776万円のうち、高利回りの運用会社に投資しているのは全体の32.3%、中利回りは67.7%でした。

    先月の同33.7%、66.3%よりは「改善」されたものの、全然目標に至っていません。

     2018年10月にSBIソーシャルレンディングへの投資額を約170万円、SAMURAIへの投資額を125万円に増やしましたので、来月こそは目標達成していることを祈りたいと思います。

     さて、高利回り案件への投資額を全体の3分の1に控えていた私ですが、現在それでも高利回り案件投資額895万円中約390万円(43.5%)が被弾するという憂き目にあっています。

     かつて高利回り案件には最大約1,078万円投資していたので、そのうちの36.1%とも言えますが、それでも私ほど高利回り案件における被弾率が大きいボンクラは少ないのではないかと考えています。

    上記約遅延390万円において1円も損失は確定しておりませんが、正直心穏やかではありません。

     高利回り案件に投資するリスク。それを私が身をもって示すことで、これからソーシャルレンディング投資を始める方の参考になれば幸いです。

     株でもFXでもポジションを取ったら、その反対に相場が動いてしまう運がない人。私などまさにそうですが、そういう方は積極的に高利回り案件を狙わない方がよいのかもしれません。

     これはその人本人のためだけではなく、一緒に投資する (巻き添えになる)人に対する思いやりであると、考える次第です。

    ソーシャルレンディング2018年9月期高利回り中利回り円グラフ内訳

    こんな運がない私でも、中利回り案件に投資した分ならば、被弾率は0%なのですから。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年9月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約467万円
    2.AQUSH : 約47万円
    3.クラウドバンク: 約260万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約81万円
    5.クラウドクレジット:約263万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:329万円
    8.LCレンディング : 約60万円
    9.ガイアファンディング : 約174万円
    10.トラストレンディング : 約199万円
    11.クラウドリース : 約43万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約65万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約64万円
    17.アメリカンファンディング:約53万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約24万円
    19.アップルバンク:約53万円
    20.プレリートファンド:約83万円
    21.エメラダ・エクイティ:70万円
    22.SAMURAI: 95万円
    23.LENDEX:50万円
    (総額:約2,812万円)


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額380億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    SAMURAIがQUOカードを最大3,500円もらえるキャンペーンを開始!

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1534-72a60ef5