FC2ブログ

    なぜソーシャルレンディング会社の社員は自社案件に投資できないのか? - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング » なぜソーシャルレンディング会社の社員は自社案件に投資できないのか?

    なぜソーシャルレンディング会社の社員は自社案件に投資できないのか?

    岩野社長が自社の「貸付型案件」には投資できないとSNSで発言


    さて昨日(2018/8/9)の記事

    2018/9/9 オーナーズブックエクイティ型案件には岩野社長も投資!

    において、ロードスターキャピタル岩野社長の

    06_オーナーズブックエクティ型フィード

    岩野 達志
    貸付型はロードスターの役職員は出資できませんでしたが、エクイティ型は大丈夫なので、久々の参加です。皆様よろしくお願いします。
    2018/08/15 09:22



    という投稿を紹介しました。

     なぜ貸付型案件にオーナーズブック(ロードスターキャピタル)の役職員(社員)は出資(投資)できないのか?

     実はこれはソーシャルレンディング運営会社においては一般的なことです。ロードスターキャピタルだけではありません。

     ソーシャルレンディングにおいて、自社案件に投資することは内規で禁じられていることが多いとのことです。他社案件に投資するのはOKであるとのことです。

    ※あくまで「一般的」なことで全ての会社に確認したわけではありません。

     なお、他社(ライバル)の社員である場合、口座開設は丁寧に「お断り」されることもあるらしく、ソーシャルレンディング会社の社員が、ソーシャルレンディングに投資することはなかなかハードルが高そうです。


    社員と一般投資家では情報量に差があるから


    なぜ自社案件にソーシャルレンディング社員は投資できないのか?

    ソーシャルレンディング社員と一般投資家では情報量に差があり不公平だから

    が一番明確な回答かと思います。

     間もなく緩和が予想されていますが、ソーシャルレンディングにおいては、融資先情報の詳細な投資家への公開が金融庁により禁じられています。

     しかし…、ソーシャルレンディングの社員でしたら自社案件をより詳しく知ることができ、リスクとリターンの割合がどうであるかを、一般投資家より詳細に計算することができます。

     ですから、その不公平を起こさないために、一般的に自社案件に投資することは内規で禁じられているのです。いわゆる「コンプライアンス」の問題といってもよいでしょう。

     規制緩和により、上記自社案件に投資できないという内規はどうなるか?緩和がどのようになるかがまだ不明ですからなんとも言えません。でも将来的には社員も投資できるものを、投資家にも自信を持っておすすめします!ということが当たりまえになるのかもしれません。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年8月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo:約466万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3.クラウドバンク: 約234万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約82万円
    5.クラウドクレジット:約263万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:329万円
    8.LCレンディング : 約59万円
    9.ガイアファンディング : 約173万円
    10.トラストレンディング : 約200万円
    11.クラウドリース : 約85万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15.TATERU Funding:50万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:約64万円
    18.アメリカンファンディング:約53万円
    19.キャッシュフローファイナンス:約53万円
    20.アップルバンク:約53万円
    21.プレリートファンド:約83万円
    22.エメラダ・エクイティ:70万円
    23.SAMURAI: 95万円
    24.LENDEX:50万円
    (総額:約2,887万円)

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    メディア掲載多数。プロの投資家が投資するベンチャー企業に、14万円から少額投資。
    エメラダ・エクイティ

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    いつも有益な情報をありがとうございます。

    自社案件に投資ができないという記事を見て思い出したのですが、以前、瀧本社長はブログで自分もmaneoの案件に投資をしていると書いていました。これについてはファイアフェレット様はどのようにお考えでしょうか?コンプライアンスが欠如しているのではないでしょうか?

    2018-09-10 09:42 │ from ななしURL

    No title

    http://www.takimotokenji.com/2017/12/post_399.html

    上記の方と同じになりますが私もブログを読んでおり今回の記事には違和感を覚えました。
    明確に禁止されているわけではないので特に問題ではないのでしょうか?

    瀧本氏のブログには疑問点が他にも多々あります。

    例えば
    http://www.takimotokenji.com/2017/03/
    maneoファミリーの営業者との対話、相互チェックは行っておりますが、
    より一層、私共も気を引き締めて業務のレベルアップを図って参ります。
    もちろん、maneoファミリーに不真面目な営業者は居りません。

    とありましたがグリーンインフラレンディングのあの体たらく。
    これについては虚偽の記載や流用はマネオでは不真面目でないのかと電話にて問い合わせましたがお答えできませんと言われました。

    コンプライアンス意識にかけた会社なのかもしれませんね。

    2018-09-10 12:28 │ from URL

    コンプライアンス違反にならないと思うのですが

    ななしさん、コメントをどうもありがとうございます。

     瀧本社長がmaneoの案件に投資しているというのは、私もかつてセミナーで直接聞いたことがあります。また、瀧本社長の著作かブログでも読んだ記憶があります。

    ただし、それは金融庁により情報開示が禁じられる2014年後半以前の話ではないでしょうか?

    それならばコンプライアンス違反にならないと思うのですがいかがでしょうか?

    もし投資家への情報開示が禁じられた後、瀧本社長がmaneoの案件に投資しているというエビデンスがあったらお寄せください。

    2018-09-10 17:46 │ from ファイアフェレットURL Edit

    プレリートファンドは情報開示されています

    2018-09-10 12:28にコメントを頂いた方へ

    ご提示いただいたのは瀧本社長がプレリートファンドへ投資した、とのブログ記事ですね。

    プレリートファンドの案件は、グループ企業への融資です。私が伝え聞くところによるとグループ企業への融資の際には情報開示禁止はかなり緩和されています。

    そしてプレリートファンドにおいては融資先は明確でありホテル、ヘルスケア施設の名前、キャッシュフロー、IR情報まで開示されています。オーナーズブックのエクイティ型案件と同程度、それ以上かと思われます。

    以上情報を総合すると、オーナーズブック社員のエクイティ型案件への投資が問題ないのならば、プレリートファンドへのmaneo関係者の投資も問題ないと考えます。

    2018-09-10 17:47 │ from ファイアフェレットURL Edit

    あなた自身は、不誠実ではないでしょうか?

    2018-09-10 12:28にコメントを頂いた方へ
    瀧本社長へのmaneoファミリーの営業者との対話、相互チェック

    についてコメントをお返しします。

    「虚偽の記載や流用が不真面目」

    とおっしゃいますが、「虚偽の記載や流用が問題か」という質問ならともかく「不真面目」というあやふあやな価値観を持ち出す、また過去のブログ記事をほじくり返す、陰湿な営業妨害みたいな問いかけには、そのようにしか答えられないのではないでしょうか?

    そのような陰湿な質問に対して、丁重にお答えを返す企業がコンプライアンスに欠けるとは断定できません。

    真面目な人でも意図せずに虚偽の記載、流用はしてしまうことはあるでしょう。「不真面目」というのは上記を行動を非難するのにあまりに不適当ではないでしょうか?

    そもそも「真面目・不真面目」というのは普段の態度に対する全般的な評価かと思います。

    難癖のような質問に回答をもらえなかったからといって「コンプライアンス違反」とはあまりに低レベルではないでしょうか?

    ところで、あなたは先日のコメント

    私も誠実に対応してのデフォルトはある程度許容するつもりです。
    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1481.html#comment1254

    を書かれた方ですね。ホストで丸わかりです。私はあなたのコメントに丁寧にお答えをしました。そして質問をしましたが、それに対する回答を頂いていません。私はこれを不誠実と捉えます。

    中久保社長が不誠実、maneoがコンプライアンス違反とおっしゃるあなた自身は、不誠実ではないでしょうか?

    失礼ながらお尋ねいたします。

    2018-09-10 17:49 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    2018-09-10 12:28
    にコメントをしたものです
    まず以前のコメントにお礼をしていなかったことにお詫びを申し上げます。
    申し訳ございません。
    結局今回のマネオ者のコメントも含め、納得がいかず当方はマネオの訴訟に参加することにいたしました。

    ご意見参考になりました。
    また当方が不誠実だった点もお詫び申し上げます。

    ところで管理人様は
    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1480.html
    記事において
    体感として7から8割は返済される
    とかいてありましたがこれがいつの間にか消えています。
    これについて改変された理由を教えてください。

    2018-09-10 19:01 │ from URL

    あなたのようなゴミは死んでください。

    殊勝なふりをして、心にもない謝罪を行い

    「マネオの訴訟に参加することにいたしました」

    などとも書けば、私が精神的ダメージを受けるとでも?
    本当に安っぽく幼稚な人の様子ですね。
    せいぜい弁護士費用を無駄遣いすることをお祈り申し上げます。


    あと、

    体感として7から8割は返済される

    と私の上記記事であなたは実際に読んだのですか?

    個人的には70~80%程度は返ってくるのではないかという感覚を持っている

    という情報を掴み、ブログに書かれたのはけにごろうさんであり、
    下記記事で述べられています。

    グリーンインフラレンディングの返済遅延の今後の見通しについて
    http://kennygorou931.blog84.fc2.com/blog-entry-1027.html

    私はその情報を掴んでいなかったので、最初から書いていません。
    改変などしようがありません。

    便所の落書き掲示板に書かれたことを鵜呑みにしているのですか?
    それとも実際に責任のある形で証言をしてくれる人がいるのですか?

    言い負かされて、悔しいから全く別のことを持ち出して、
    挽回を図ろうとでも?子供の喧嘩レベルですね。


    「体感として7から8割は返済される」を私のブログで
    見ても、読んでもないくせに、私が改変したなど言いがかりを
    つけるあなたは本物の嘘つきのクズですね。

    訴訟するというのも嘘でしょう。

    あなたのようなゴミは死んでください。

    2018-09-10 20:02 │ from ファイアフェレットURL Edit

    瀧本さんも投資してますよ。

    http://www.takimotokenji.com/2017/12/post_399.html

    2018-09-12 12:39 │ from 森山URL

    ご説明いただけないでしょうか

    森山さんへ

    質問の主旨を理解してからご回答したいのですが、

    具体的に瀧本社長がどういった案件に投資しているのか、
    ご説明いただけないでしょうか。

    URLを貼るだけでなく

    2018-09-12 13:11 │ from ファイアフェレットURL Edit

    瀧本さんのブログを読むと

    事業性資金支援ローンファンド528号等の一連の売却先Aの案件に投資しているのは間違いないでしょう。

    情報開示が禁じられた後も瀧本さんは投資してますよという事です。

    私もフェレットさんに喧嘩売ってるわけじゃないですから。

    2018-09-12 13:29 │ from 森山URL

    理解しました

    森山さんへ

    質問主旨を理解できました。

    回答をなるべく早くお返しするので、
    しばらくお待ち下さい。

    2018-09-12 14:38 │ from ファイアフェレットURL Edit

    お答えを書き上げたのですが、それを記す前にこちらから一つ条件があります

    森山さん

    お答えを書き上げたのですが、それを記す前にこちらから一つ条件があります。容易ことです。

    「書き込んだのと同じデバイス(PCスマートフォン)・同じ回線からもう一度書き込みを行ってください」

    内容はなんでも結構です。同じホストから書き込んでいただければ、たとえ「森山」と名前をいれていただかなくとも、こちらにはわかります。

    さてなぜこのようなお願いをするのかを説明したします。

    かつて私がクラウドクレジットについて、実際にセミナー、運用報告会にも出席しないのに、こたつ記事でクラウドクレジットの運用状況が危ないと書くのは問題ではないか?と問題提起したことがありました。

    そうしたところ5chにファイアフェレットが特定のブロガーを馬鹿にしている、言いつけてやるという書き込みがありました。

    このスレの831レス目です。
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/money/1515287805/

    脱税やら、みんなのクレジットやら不正アフィリエイトリンクやら
    散々やってきて、全く自分の非を認めず他のブログの非難までする厚顔無恥のフェレットを許しません。

    ただ私が本人のブログにコメントしようにもブロックされるのがオチです。
    そこで考えました、クラウドクレジットに批判的なブログに
    コタツ記事って書かれてますよ!と書き込みしてきます。

    書き込むブログはsallow、ロドスタ、slinvestorの三名です。


    と書かれています。


     その書き込みの主は同一ワッチョイでわかりますが、私を不正フェレット、脱税野郎、三橋と同じロリコンだよ~みんなのクレジット取締役営業本部長ペドフェレットなど、相手を特定できれば名誉毀損で訴えられるレベルの中傷を私に行っています。

    そしてその中傷した人物が予告したとおり、SALLOWさん、ロドスタさんの下記記事に、「ご注進」を行う者が現れました。

    https://key-factors.com/my-investment-stance/crowdcredit-gaia#comment-81

    http://fanblogs.jp/sallowsl/archive/369/0#comment

    突然のコメント失礼します
    いつもブログ参考にさせてもらってます。
    一点お伝えしたい事があります
    ファイアフェレットと名乗る、みんなのクレジットの取締役営業本部長が
    貴ブログを愚弄しています。
    コタツ記事って馬鹿にしてます!


    と書かれています。その者が名乗っていたハンドルネームが「森山」でした。この森山こそが、日頃から5chで書き込みを行っている人物と見て間違いはないでしょう。

    奇しくもあなたも「森山」を名乗られています。文体もそっくりです。

    これは偶然でしょうか?そもそもこちらが尋ねていないのになぜ「私もフェレットさんに喧嘩売ってるわけじゃないですから。」なんておっしゃるのですか?
    あなたが私に喧嘩を売っている・敵意を持っていると言っているようなものです。

    はっきり言って、森山さんと、上記SALLOWさんとロドスタさんのブログへご注進した「森山」は同一人物、つまり私を日頃5chで中傷していている人物とも同一人物であると、私は疑っています。

    期限は一週間です。上記証拠をすぐに挙げられたように、卑劣な5chの中傷者が行った書き込みの記録は膨大なものとなります。相手を特定できれば名誉毀損で訴えられます。

    上記期限内に回答、つまり同じホストからの書き込みがなかった場合、警察と弁護士に相談しに行く予定です。実は弁護士には何度も足を運んでいます。

    あなたの1回、2回目の書き込みホストはすでにこちらは把握していることを忘れないでください。

    あと、あなたの書き込みが確認できるまで、他の方から同じ質問を受けたとしても、回答は「決して」しません。

    別の人(ホスト)から、「卑怯者」、「回答しろ」とのコメントがあった場合はその「ホスト」も「容疑者」として、リストに加えます。

    以上です。繰り返しますが、あなたの1回、2回目の書き込みホストはすでにこちらは把握していることを忘れないでください。

    2018-09-12 21:49 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1499-f5800350