FC2ブログ

    TATERU Fundingが最新4ファンドの運用と今後の募集中止を発表。何が起こった? - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » TATERU Funding » TATERU Fundingが最新4ファンドの運用と今後の募集中止を発表。何が起こった?

    TATERU Fundingが最新4ファンドの運用と今後の募集中止を発表。何が起こった?


    運用、募集中止の理由を付記してほしかった


    親会社のTATERUの様々な不祥事が伝えられているTATERU Fundingにも影響が出ました。

    TATERU Fudingファンド運用、募集中止

    本日(2018/9/4)21時過ぎに配信されたメールで、
    1. 現在運用中のファンド(47号以前)は運用を継続
    2. 中途解約をするならばメールではなく、解約通知書に捺印して送付して欲しい
    3. 直近募集した48、49、50号ファンドは運用中止(即返金)
    4. 新規ファンドの募集停止
    をTATERU Fundingは通達しました。

     1,2は理解できますが、3,4における「中止」の理由は記されていません。「やむを得ないものとして」だけ書かれています。なぜ最新3ファンドの運用中止、新規ファンドの募集を停止するのか、なにが「やむを得ない」のかの説明してほしかったです。

    余計な推測(邪推ともいいます)をしてしまいます。


    やはり私は分散投資できておまかせのソーシャルレンディングが向いている


     さて、週刊ダイヤモンド最新号(2018年9月8日号)の特集は「”まだまだあった”不動産投資の罠」です。

     ”まだまだあった”とあるとおり同誌2017年6月24日号では「不動産投資の甘い罠」という特集が組まれています。


    20170624 週刊ダイヤモンド_不動産投資の甘い罠
    週刊ダイヤモンド2017年6月24日号 不動産投資の甘い罠

    週刊ダイヤモンド最新号(2018年9月8日号)の特集は「”まだまだあった”不動産投資の罠」
    週刊ダイヤモンド2018年9月8日号「”まだまだあった”不動産投資の罠

     決して不動産投資を全面否定するものではありませんが、不動産、仲介業者がなにも知らない「カモの一般投資家」相手に様々な罠を仕掛けてくることの注意喚起がされています。

     すでに問題が発覚しているスルガ銀行、スマートデイズは名指しされていますが、「氷山の一角」に過ぎない、ということを伺うことができます。特集の企画、執筆、制作が行われたのはTATERUの問題が発覚する前でしょう。しかしもし特集が組まれるのがもう少し後でしたらTATERUの名前も出ていたのかもしれません。

     不動産投資をやるのならば「副業」ではなく、徹底的に「本業」としてやれ、ということがよく分かる内容でした。

     やはり私のような無能な投資家は少額から投資できるため分散投資でき、かつ(信頼できる業者ならば)おまかせできるソーシャルレンディングが向いているようです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年8月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo:約466万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3.クラウドバンク: 約234万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約82万円
    5.クラウドクレジット:約263万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:329万円
    8.LCレンディング : 約59万円
    9.ガイアファンディング : 約173万円
    10.トラストレンディング : 約200万円
    11.クラウドリース : 約85万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15.TATERU Funding:50万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:約64万円
    18.アメリカンファンディング:約53万円
    19.キャッシュフローファイナンス:約53万円
    20.アップルバンク:約53万円
    21.プレリートファンド:約83万円
    22.エメラダ・エクイティ:70万円
    23.SAMURAI: 95万円
    24.LENDEX:50万円

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします
    TATERU Funding会員の皆様

    平成30年8月31日付弊社発表にあるように、
    弊社社員による顧客預金データの改ざん問題について
    皆さまには多大なるご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
    この件につきましては引き続き調査中であり、詳細が判明次第、速やかにお知らせいたします。


    (問題への対応に関しましてはこちらをご参照願います。
    URL:http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02693/46eef65a/963f/43a6/8f8c/99c256dec8c6/140120180904403823.pdf)


    今回の不祥事を受け、現在ご出資いただいております弊社ファンドについては、
    下記の通りお取扱いさせていただく所存です。
    何卒、ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


    1.現在運用中のファンドについて
    平成30年9月1日時点までに運用がすでに開始し、現在運用中のファンド
    (以下「運用中ファンド」といいます。)につきましては、原則としてファンドの運用を継続させていただきます。
    ただし、多数の中途解約等によりファンドの運用が不能となった場合には、
    運用期間中でもお客様との匿名組合契約が終了する場合がございます。
    なお、9月1日現在までに運用期間が終了しているファンドにつきましては、
    匿名組合契約に従って清算させていただきます。


    2.中途解約について
    運用中ファンドの匿名組合契約について中途解約をご希望されるお客様は、
    大変おそれいりますが、添付の解約通知書を当社宛にお送りいただきますようお願いいたします。
    すでに解約通知書を送付いただいているお客様につきましては再送いただく必要はございません。
    (なお、電話、Eメールのみによる解約のご連絡についてはお受け致しかねます)。


    3.10月より運用開始予定のファンドについて
    平成30年8月31日までに募集が完了し、来月10月より運用を開始する予定であった
    以下のファンドにつきましては、運用開始前ではございますが、やむを得ないものとして、運用を中止いたします。
    すでに当該ファンドの出資金をお振込みいただきましたお客様につきましては、
    速やかに分配金口座に返金させていただきます。
    また、クーリングオフ・中途解約の手続きをいただいたお客様につきましても同様の対応をとらせていただきます。
    (運用を中止するファンド)
    ・キャピタル重視型第48号TATERU APファンド
    ・キャピタル重視型第49号TATERU APファンド
    ・キャピタル重視型第50号TATERU APファンド


    4.新規ファンドの募集について
    新規のファンドの募集については、当面の間、実施いたしません。
    募集開始の目途がつきましたら、改めてTATERU Funding会員の皆様にはご連絡申し上げます。


    【本件に関する問い合わせ】
    TATERU Funding事務局
    メールアドレス:info@tateru-funding.jp
    電話番号:03-6721-0722
    受付時間:平日(月-金)10:00-17:00


    平成30年9月4日

    株式会社TATERU
    代表取締役 古木 大咲


    ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
    (運営会社)
    株式会社TATERU
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-8-20F / 21F(受付21F)
    [TEL] 03-6721-0722(直通) [FAX] 03-6434-0104
    [WEB] https://corp.tateru.co/
    ※株式会社インベスターズクラウドは、2018年4月1日付で商号変更および住所移転をしました。

    不動産特定共同事業許可番号 東京都知事 第100号
    建設業許可番号 国土交通省(般-26)第23374号
    宅建業免許番号 国土交通省(3)第7533号
    関連記事
    ここは記事下のフリースペースです
    コメント
    非公開コメント

    オーナーズブックも不動産投資ですが、大丈夫?

    今回の記事を拝読しまして、不動産投資に不安を抱きました。
    とりわけオーナーズブックスに投資をしておりますので、影響が懸念されます。

    2018-09-05 00:31 │ from 匿名希望URL

    オーナーズブックの不動産ビジネスモデルとはまったく違うことをまずご理解ください

    匿名希望さん

    コメントをどうもありがとうございます。

    今回の週刊ダイヤモンドの記事で触れている・注意喚起されているのは、あくまで「個人が賃貸物件で不動産投資」が主体ですので、オーナーズブックの不動産ビジネスモデルとはまったく違うことをまずご理解ください。ぜひお読みになることをお薦めします。

    オーナーズブックもTATERUの影響で株価が下落しているので、確かに間接的な影響はありました。

    ただ直接的な影響がどれだけあるかは疑問です。

    2018-09-05 11:47 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1496-68e46540