ソーシャルレンディングの何を信じて私たちは投資しているのか?① - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング » ソーシャルレンディングの何を信じて私たちは投資しているのか?①

ソーシャルレンディングの何を信じて私たちは投資しているのか?①


 先日「好奇心をくすぐるブログ」の管理人であるpicoloさんと有意義なやりとりをすることができました。

 picoloさんは現在24歳、仮想通貨(代表例はビットコイン)に思いを馳せ、来るべきスマートコントラクトに対応するためプログラミング勉強中の青年です。

 話のきっかけはpicoloさんのBitLendingClubについての記事です。

 BitLendingClubは名前が示す通り、ビットコインを取引通貨としたソーシャルレンディングです。picoloさんはその記事でBitLendingClubを取り上げる際、話の枕として「日本の」ソーシャルレンディングに対し批判を投げかけています。

 その批判に対して、私が実際に投資している人間として再考を求め、picoloさんはそれに答える形の記事を投稿していただいたという流れとなります。

詳しくはリンク先の記事とそのコメントを参照していただきたいのですが、簡単に流れを書くと

picoloさん「(日本の)ソーシャルレンディングは只のハイリスクなファンドだ」

ファイアフェレット「よく調べた上で再評価をお願いしたい」

picoloさん「1.投資対象の詳細がまったく解らない」、
picoloさん「2.<ソーシャル>レンディングではなくただの投資ファンドだ」


ファイアフェレット「納得した」

という流れとなります。

 まずは「1.投資対象の詳細がまったく解らない」について述べたいと思います。投資をする際にその投資先を吟味するのは当然のことです。私もかつて株を購入する足はその会社のROEやPERやら、事業内容、ビジョンまた、その株価のチャートの形などをいろいろ吟味しました。

ほとんどが全くの徒労に終わりましたが・・・

 また不動産資産だったら購入する前に、その土地や賃貸物件の資産価値、利便性などを実際に調べるのは当然のことです。

私は不動産投資をしたことがありませんが・・・。

 世の中の多くの人はそうして投資をする際にはその投資対象の仔細を知るべきなのです。

 それをしない人が詐欺に引っかかり、二束三文のクズ株や原野を購入して損を被るのです

 (まあ、まともな株投資や投資信託、先物、FXでも結局は儲ける人よりも多くの人が損を被るのですが、特に資産力を持たない個人が……)。

 そのように投資対象を吟味する人からみたら、確かに日本のソーシャルレンディングに投資している人は異質で、理解を超える存在でしょう。普通の投資をしている人を連れてきて、ソーシャルレンディングへの投資を促すとします。その人達は聞くでしょう、

その融資先の企業名は?、何をする企業なの?、BSやPLは?、担保は何なの?……。

 現状日本のソーシャルレンディングではそれに全く答えることができません

 それ故に如何に日本のソーシャルレンディングが実績を挙げていようが、picoloさんのようなまともな投資家から見たら、「詳細を知ることができない投資先のリスクは測れない=ハイリスク」の判断は止むを得ないことなのです。

 上記の問答において私が反論せず「納得した」と回答したのはそのためです。常識の投資の世界においてはpicoloさんの考え方こそが正しいのです。

 ではなぜ日本のソーシャルレンディングは投資家に投資先の情報を開示できないのでしょうか?もう語り尽くされたことなのかもしれませんが私の切り口で次回論じてみます。

 「私達は何を信じてソーシャルレンディングに投資しているのか?」についてもその時に言及したいと思います。

次回記事
私達は何を信じてソーシャルレンディングに投資しているのか?②

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
ラッキーバンク

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額820億円は伊達じゃない


ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/149-b83d5d6f