FC2ブログ

    オーナーズブック本日募集開始エクイティ型1号案件秋葉原オフィスビルに投資します! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » オーナーズブック » オーナーズブック本日募集開始エクイティ型1号案件秋葉原オフィスビルに投資します!

    オーナーズブック本日募集開始エクイティ型1号案件秋葉原オフィスビルに投資します!


    エクイティ型は1号案件名は秋葉原オフィスビル


     オーナーズブックが本日(2018/8/10)、かねてから予告していたキャピタル型1号案件の募集を開始します。私も5口(50万円)を申し込む予定です。

    オーナーズブックエクイティ型案件_秋葉原オフィスビル_案件募集

     案件名は「秋葉原オフィスビル」、募集額2億6千500万円の大型案件です。予定利回りは7%、運用期間は2年11ヶ月です。最低投資額は50万円、最高投資額は1千万円です。従来のオーナーズブックの案件のように1万円から投資できるわけではありません。ご注意ください。

    エクイティ投資型商品の第1号案件に関するお知らせ(2018/8/8 ロードスターキャピタルWEBサイト)

    エクイティ型案件とは(オーナーズブックWEBサイト)

    エクイティ型はこれまでオーナーズブックの案件とどこが違うのか?簡単に言うと
    1. 不動産担保による保証が小さいが、より高利回り
    2. 融資ではなく、あくまで出資者として投資家とオーナーズブックがともにリスクを負う
    3. 投資対象が明確に投資家に開示される
    となります。

    オーナーズブックのエクイティ型は当ブログも注目しており何回も取り上げてきました。下記記事をご参照ください。

    不動産テックに長けた上場企業が運営するオーナーズブック、その魅力を徹底解説

    オーナーズブック エクイティ型クラウドファンディング続報

    オーナーズブック、エクイティ型案件をロードスターキャピタル決算報告から読み解く

    オーナーズブックが月刊プロパティマネジメントで紹介されました。

    オーナーズブック、エクイティ型案件に申し込む際の注意

    オーナーズブックが月刊BOSS2018年6月号で取り上げられています。


    注目ポイントは好立地とアセットマネージャー


    私なりの、注目ポイントを挙げたいと思います。

     これまでも案件にビルなどの写真は用いられていましたが「イメージ図」と書いてあり、投資対象の不動産ではありませんでした。本エクイティ型案件はイメージ図ではありません。投資対象不動産そのものの写真が使用されているものと思われます。

    オーナーズブックエクイティ型案件

    住所も「東京都千代田区神田須田町一丁目7番地8」と明記されています。JR神田駅徒歩2分という好立地です。

    オーナーズブックエクイティ型案件_秋葉原オフィスビル_リスク

     物件リスク分析ですが、既存の案件と比べて決して高くありません。あくまで留意するポイントは「万が一の時の不動産担保保証」ということかと思います。

     なお、リスク分析における「アセットマネージャー」はこれまで「設立3年超の総合不動産会社」と表示されていることが多く、リスクは「中」でした。本案件ではアセットマネージャーは「ロードスターキャピタル」と明記され、リスクは「小」です。

    ※アセットマネージャー:資産運用者、ごくまれに「設立3年未満」があるがこの場合リスクは「大」となる

     オーナーズブックの運営会社であり上場しているロードスターキャピタルが自信と自負を持って送りだす本案件、投資しない手はありません。

     募集開始時間は18時からです。私の場合モバイルからの申込みとなりますが、気合を入れたいと思います。

    次回記事
    2018/8/19 オーナ-ズブック エクイティ型案件1号に50万円を投資しました。

    オーナーズブック公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    ビルの評価額が開示されていないように見えますが、投資されたのですか。

    エクイティ型になっても、ビル情報の開示とかされようがされまいが、投資判断にはあまり実質的な意味がないという感じでしょうか。

    2018-08-11 02:14 │ from みっつURL

    意味がないとは考えません。

    みっつさん、コメントをどうもありがとうございます。

    正直にお答えすると、不動産ファンドに投資する際に評価額を調べるという思考が私にはありません。
    不動産ファンドに投資する際にはそれを調べないといけない、しないで投資するにはあまりに非常識とご教授いただけるならば、以後気をつけたいと思います。

    確かに今回の案件はオーナーズブックのブランドに惹かれて、投資したことは歪めません。

    ただ投資先の情報の開示は投資家が投資判断を行えるのに十分なまでに開示されるべきと思いますし、意味がないとは考えません。

    2018-08-11 04:06 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1469-5cf68c96