FC2ブログ

    自分がとっているリスクを計算してみた、分散投資こそがリスクヘッジの王様 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング » 自分がとっているリスクを計算してみた、分散投資こそがリスクヘッジの王様

    自分がとっているリスクを計算してみた、分散投資こそがリスクヘッジの王様


     私はこのブログでもたびたび述べていますが、ソーシャルレンディングの投資額のうち3分の1(約33%)を高リスク(高利回り)案件に、残り3分の2(約66%)を低リスク(中利回り)案件に充てるようにしています。

     着実に運用したい、失いたくない分を全体の3分の2で運用する、リスクを取れる分を3分の1と定め高利回りを狙いにいく。

     このルールを定めることにより、リスクを抑えて投資する、過度にリスクを取ることを抑える、そのような戦略です。

    参考
    2017/12/13 ソーシャルレンディングがYen SPA!2018年冬号で取り上げられています。

    ソーシャルレンディングで確実に稼ぐ――利回りバランスの妙技とは?(2018/1/29 ハーバービジネスオンライン)

    Yen SPA!2018年冬号_ソーシャルレンディング特集投資資金分別

     2018年4月時点での高利回り案件運用会社、中利回り案件運用会社、投資金額は以下の表のようになっています。

    ソーシャルレンディング投資額リスト

     だいたい8~9%より高い利回り案件が日常的に組成されているところを「高利回り案件運営会社」、それ以下を「中利回り案件運営会社」と定義しています。

    ソーシャルレンディング投資額比率
    円グラフにするとこのようになります。

    上記を4月に報告して以来、報告を怠っていたのでまとめてこの記事で報告します。


    2018年5月時点投資金額割合


    ソーシャルレンディング2018年5月時点リスク配分

    上記が5月分

    2018年6月時点投資金額割合


    ソーシャルレンディング2018年6月時点リスク配分

    上記が6月分


    2018年7月時点投資金額割合


    ソーシャルレンディング2018年7月時点リスク配分

     そしてこれが直近の7月時点です。中利回り運営会社の比率は約62%です。もっと上げて70%以上にしたいのですが、なかなか上がりません。私が高利回りのファンドに投資してしまうせいもありますが、AQUSH、ラッキーバンク、グリーンインフラレンディングで総額320万円あまりを拘束されており、動かせない状態にあるためでもあります。

     ただし、分散投せず高利回りの案件だけに投資していたらもっと痛い目にあっていたでしょう。200時間勉強しようが、いくら調査能力に自信があろうが、分散投資をしていないと、1撃をくらっただけで退場です。たとえその後、元本が無事償還されたとしても、不安で眠れない日をそれまで送ることになります。

     分散投資を馬鹿にしてどん詰まりになってまで、ブログを続けて生き恥を晒していられるほど私は図太くありません。

     現状のソーシャルレンディングの情報開示状態ではいくら案件を吟味しようが限界があります。いくら運営会社が誠実でも遅延、デフォルトするときはします。

    分散投資がリスクヘッジの王様であることを肝に銘ずるべきです。

    ※上記図ではデポジット金は投資予備金として計算にいれています。ただしエメラダ・エクイティのデポジット金35万円だけは、行き先を決めかねているので、勘定していません。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年7月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1. maneo:約464万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3. クラウドバンク: 約233万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約82万円
    5.クラウドクレジット:約269万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:228万円
    8.LCレンディング : 約59万円
    9.ガイアファンディング : 約211万円
    10.トラストレンディング : 約180万円
    11.クラウドリース : 約171万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約223万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15. TATERU Funding:50万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:約63万円
    18.アメリカンファンディング:約53万円
    19.キャッシュフローファイナンス:約53万円
    20.アップルバンク:約52万円
    21.プレリートファンド:約82万円
    22.エメラダ・エクイティ:70万円
    23.SAMURAI: 65万円
    24.LENDEX:50万円
    (総額:約2,887万円)

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1460-a981f0d6