FC2ブログ

    グリーンインフラレンディング事件、溝口敦氏の調査不足な日刊ゲンダイ記事に失笑 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » グリーンインフラレンディング » グリーンインフラレンディング事件、溝口敦氏の調査不足な日刊ゲンダイ記事に失笑

    グリーンインフラレンディング事件、溝口敦氏の調査不足な日刊ゲンダイ記事に失笑


     日刊ゲンダイにおいて溝口敦氏がグリーンインフラレンディングの親会社、JCサービスから細野豪志議員への資金提供について、明らかな調査不足な記事を書いています。

    グリーンインフラレンディング_溝口敦氏勘違い記

    貸しをつくっておけばいずれ…“儲かる銘柄”だった細野豪志(2018/7/31 日刊ゲンダイ 溝口敦氏著)

    (魚拓123)

    上記記事によると
    1. maneoマーケットが主体的に細野豪志に見返りを求めて資金提供を行った
    2. maneoマーケットは投資家への融資先匿名化をいいことに、細野に金を「投げてやった」
    3. ソーシャルレンディング投資家は儲かりさえすれば、融資先に無関心
    となります。

     もちろん、証券取引等監視委員会が発表したとおり、投資家へ説明した以外のことに使用した、つまり細野に資金提供を行った主体はJCサービスです。maneoマーケットではありません。maneoマーケットに監督責任はありますが、決して細野に金を流した主体ではありません。

     また、上記溝口敦氏の検証には政界のフィクサー矢島義成大樹総研会長について全く触れられていません。細野が矢島氏に無心して、矢島氏がJCサービス社長の中久保正己氏にその金の融通を依頼したというのが正しい真相です。中久保氏が断れない立場であったのは下記ハンターの記事が示すとおりです。

    細野豪志 裏金5,000万円の真相(2018/7/4 ニュースサイトハンター)

     いくばくかの下心が中久保氏になかったとはいえませんが、細野のような落ち目の不倫政治家を「儲かる政治家」などとは考えていなかったでしょう。

     細野氏はカネを掴みそうだ。原則なしの融通無碍。彼に貸しをつくっておけば、いずれ2倍、3倍にして返してくれそうではないか。(中略) 細野氏は儲かりそうな優良投資物件だった。担保や抵当、借用書を取らなくても、返済計画や利率、返済期間などを決めなくとも、戻りはバッチリ。儲かりそうと期待できる


    など、溝口氏の細野への過大評価でしょう。

     maneoマーケットが細野への資金提供の主体と書くことこそ、考え違いもはなはだしいですが、他にも

    カネを何に使うのか、ほとんどカネの出し手には伝えられない

    ※匿名化の規制はあるが、投資家はそれなりに教えてもらった上で投資している

    (カネを何に使うのか)事情をある程度知っているのはSL会社

    ※ソーシャルレンディング運営会社は融資審査を行い、金の使いみちをしっかり把握している。maneoマーケットはそれが不十分だったことが処分に繋がった

    など、下衆な勘ぐりとソーシャルレンディングにおける勉強不足が満ち溢れた内容となっています。

    投資家として一番許しがたいのは溝口氏がソーシャルレンディング投資家を

    ソーシャルレンディング投資家は儲かりさえすれば、融資先に無関心

     と評していることです。私はソーシャルレンディングの匿名化の問題を愚策としてずっと以前から非難していました。融資先の情報開示ができるように金融庁に求めてきました。またみんなのクレジット事件、ラッキーバンク事件においては、融資先の匿名化が遅延、デフォルト発生の大きな要因となりました。

    以前ならばともかく、融資先に無関心な投資家などほとんどいないはずです。

    マスコミよりも私のような一般人が「真実」を書ける時代。本当に時代が変わってきたと感じます。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約462万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3. クラウドバンク: 約232万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約83万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:227万円
    8.LCレンディング : 約59万円
    9.ガイアファンディング : 約210万円
    10.トラストレンディング : 約180万円
    11.クラウドリース : 約171万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約223万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15. TATERU Funding:50万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:約63万円
    18.アメリカンファンディング:約52万円
    19.キャッシュフローファイナンス:約52万円
    20.アップルバンク:約52万円
    21.プレリートファンド:約82万円
    22.エメラダ・エクイティ:70万円
    23.SAMURAI: 35万円
    24.LENDEX:50万円
    (総額:約2,842万円)

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額300億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意


    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    やっぱり

    内容もわからない人間が書くより
    投資しているに人間が本当の事知ってる
    わたくしも投資者ですから
    とりあえず早く解決してね

    2018-08-03 01:45 │ from tosiURL Edit

    「邪悪な構図」が前提で書かれています。

    toshiさんへ、
    コメントをどうもありがとうございます。グリーンインフラレンディングに投資をしている人間が溝口氏の記事の内容に疑問を感じるのは当然です。

    溝口敦氏の記事はたとえ投資をしていなくとも、すでに報道されたことを少し調べればわかることさえも反映していません。

    ソーシャルレンディングという投資家からお金を集め融資を行う投資サービスがあり、そのシステムを利用して利益供与を期待して政治家に金を流した

    という、サヨクジャーナリストが思いつきそうな、「邪悪な構図」が前提で書かれています。

    もちろんこの構図はなんら裏付けがないものです。サヨクゲンダイの記事はかねてから読んでいて疑問を感じることが多かったです。今回、自分が内情をいくらか知るJCサービスについてののゲンダイの報道を読んで、このゲンダイ、講談社のレベルがよく分かりました。今後このメディアの報道は今まで以上に、疑念を持って読むことにします。

    2018-08-03 13:00 │ from ファイアフェレットURL Edit

    enjinで

    訴訟に 参加しようかと思ってます。
    最後の一歩が出ないのですよね。
    ファイアさんはどの様なお考えでしょうか?

    2018-08-19 03:11 │ from こんばんは、グラフラにて300ほどやっちまってます。URL

    現時点では訴訟は悪手だと考えています。

    こんばんは、グラフラにて300ほどやっちまってます。さんコメントをどうもありがとうございます。

    現時点での私の考えは

    グリーンインフラレンディング徹底追求、関係者から仕入れたマル秘ネタを一気放出!
    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-1426.html

    で述べたとおり、訴訟に訴えるのは悪手だと考えています。

    ただ上記はあくまでmaneoマーケットとJCサービスに誠意が認められる限りです。現時点ではJCサービスの態度は不誠実ですが、maneoマーケットにおいては投資家への誠意がそれなりに認められると考えています。

    ですから、訴訟に訴えるのは早計であるというのが、現時点での私の考えです。

    こんばんは、グラフラにて300ほどやっちまってます。さんのご意見にご同意できなく、申し訳ありません。

    みんなのクレジット、ラッキーバンクは私の主観ではありますが、グリーンインフラレンディングよりも悪質な事例だと考えています。すでに訴訟の動きがあるようですが、悪質性を認めさせるのはともかく、賠償金を取り立てるのはなかなか難しいように感じています。となるとグリーンインフラレンディングではなお一層難しいのでは?弁護士費用の分より被害を広げてしまうのでは?という懸念もあります。

     私も自分のお金が大事ですから、グリーンインフラレンディングを訴えてペイするならば、真っ先にそちらに転ぶと思います。ただ、現時点ではどうもその確信が持てないので、その気にはなれません。

    2018-08-19 03:39 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1456-37023164