グリーンインフラレンディング 環境省補助金返還命令に対する所感 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » グリーンインフラレンディング » グリーンインフラレンディング 環境省補助金返還命令に対する所感

    グリーンインフラレンディング 環境省補助金返還命令に対する所感


    環境省がJCサービスに約3億円の補助金返還命令


    グリーンインフラレンディング_環境省がJCサービスに補助金返還命令

    「再生可能エネルギー導入のための蓄電池制御等モデル事業」における補助金返還命令について(2018/7/11 環境省)

     グリーンインフラレンディングの親会社であり融資先であるJCサービスに対して、環境省が補助金返還命令を行ったことが発表されました。

    再生エネルギーの補助金返還命令 子会社は細野豪志氏に資金提供(2018/7/11 西日本新聞)

    再生エネルギーの補助金返還命令(2018/7/11共同通信)

    再生エネ関連会社に環境省が補助金返還命令(2018/7/11 徳島新聞)

    再生エネルギーの補助金返還命令 子会社は細野豪志氏に資金提供(2018/7/11 北海道新聞)

    環境省発表の主旨ですが
    1. .2013年、環境省は鹿児島県太陽光発電事業に対して補助金約2億7,900万円を支給した
    2. 2018年7月における調査において建物はあるが、蓄電池の活動実態がないことが判明した
    3. 環境省はJCサービスに対して補助金全額の返還を命じた
     となります。残念な報道です。メディア各社はいずれも先日の細野豪志議員への資金提供疑惑と絡めた報道をしています。いくつかのメディアは

    補助金の交付が2014年で時期が離れていることなどから「補助金と、証券会社から細野氏への資金提供を直接結び付けるのは無理がある」


     との環境省の見解を伝えています。無理があるとの主張は確かにそのとおりですが、これを期に、たとえ政界のフィクサーに頼まれようが「常に襟を正す」ことをJCサービスは肝に銘じるべきだと思います。

     また上記環境省からの発表ページには記載がありませんが、補助金役3億円に加えて「加算金」を約1億3,600万円支払いを命じたと報道しているメディアもあり、利息としては痛い「罰金(違約金)」となっています。

    各社ともベタ記事ですが、グリーンインフラレンディングの投資家にはショックだったと思います。
    もちろん私もです。蓄電池まで作ったのになぜ稼働させなかったか?

     不可解ですが、JCサービスの発表を待ちたいと思います。詐欺的な要素は現状なさそうです。一般企業ならば補助金を返還して加算金を支払えば済む話。特に対外的な発表を行うことはないのかもしれません。しかしJCサービスは投資家のお金の多くを預かっている立場です。投資家の不安を払拭して欲しいです。

    正直どのような発表をしてもらえば不安が払拭されるかはわかりかねますが。

     補助金返還と加算金支払いで約4億4,000万円のキャッシュの流出となります。グリーンインフラレンディングの償還にどの程度影響を与えるか?悪影響であることは間違いないでしょうが、その程度については分かりかねます。ですから安直な発言は控えたいと思います。一括払いではなく分割払いかもしれませんし。

    2018/7/12時点でJCサービスの発表はまだありませんが、さてどうなることやらです。


    償還及び分配の実施留保のお知らせについて


     maneoマーケットがグリーンインフラレンディングのWEBサイトで2018/7/11に行った発表についても、簡単に触れたいと思います。

    償還及び分配の実施留保のお知らせ (続報2)(maneoマーケット PDFファイル)

     特に新事実がなくコメントのしようがないというのが、正直なところです。ただ行政処分勧告後初の発表ですので、そのことについての言及がありました。

    また、弊社では、証券取引等監視委員会による「取得勧誘を行ったファンドのウェブサイト上の資金使途の表示と実際の資金使途が同一となっているかについて確認せず、事実と異なる表示のまま取得勧誘を継続している」との 7 月 6 日付の処分勧告を厳粛に受け止めております。同様の事態が二度と発生することのないよう、早期に発生原因を究明するとともに、これを踏まえた態勢整備などの再発防止策を速やかに策定し、実施して参ります。


    これについては、発生原因の究明、体制整備、再発防止策を期待するとしか述べようがありません。

     情報発信を当局に制限されている状況で、「週刊」で情報を出すのはそれなりに大変かと思います。発表を行うごとに当局にお伺いを立てて、チェックを受けなければいけないのですから。

     "【グリーンインフラレンディング】償還及び分配の留保に関するご報告"と題するメールも7月5日、11日とマメに投資家に対して配信しています。

     この労力を惜しんでいないところにmaneoマーケット、JCサービス、グリーンインフラレンディングの誠意を認めたいと思います。

    最後に


     ちょうど1週間前の7月6日(金)に金融庁からmaneoマーケットに対して行政処分勧告が出されました。流石に今日には関東財務局から処分が発表されるでしょう。私は過去処分勧告を受けた会社の処分理由と照らし合わせて「業務改善命令」と予想します。

    業務停止命令はありえません。

    ※記事記載内容に間違いがあるとのご指摘のコメントがあったので内容を修正しました。申し訳ありませんでした。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約462万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3. クラウドバンク: 約232万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約83万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:227万円
    8.LCレンディング : 約59万円
    9.ガイアファンディング : 約210万円
    10.トラストレンディング : 約180万円
    11.クラウドリース : 約171万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約223万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15. TATERU Funding:50万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:約63万円
    18.アメリカンファンディング:約52万円
    19.キャッシュフローファイナンス:約52万円
    20.アップルバンク:約52万円
    21.プレリートファンド:約82万円
    22.エメラダ・エクイティ:70万円
    23.SAMURAI: 35万円
    24.LENDEX:50万円
    (総額:約2,842万円)

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!【PocketFunding】




    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額300億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    投資家各位
    2018 年 7 月 11 日
    maneoマーケット株式会社
    「グリーンインフラレンディング」における
    償還及び分配の実施留保のお知らせ(続報 2)
    表題の件につきまして下記の通りお知らせ致します。

    2018 年 7 月 5 日付の「償還及び分配の実施留保のお知らせ」においてお伝えいたし
    ましたとおり、「グリーンインフラレンディング」におけるファンド(以下「本件ファ
    ンド」といいます。)については、当面の間、ファンドの営業者であるグリーンインフ
    ラレンディング社が本日予定しておりました元金及び利息の分配を含め、本件ファンド
    の投資家の皆様に対するグリーンインフラレンディング社からの償還及び分配の実施
    をやむを得ず留保させていただいております。
    弊社は、「グリーンインフラレンディング」におけるファンドについて、6 月 29 日付
    のお知らせにありますように、最終資金需要者の認識や見解について説明を受け、事実関係
    の確認を実施いたしましたが、投資家の皆様にご説明申し上げていた事業とは異なる事
    業等に一部資金が使用されたものと評価せざるを得ないとの判断に至っております。
    このような状況を踏まえた対応策として、弊社は、鋭意グリーンインフラレンディング社
    及び最終貸付先企業に対する要請や指導等を行い、投資家間の公平等の観点から返済原資
    についての確認を実施しております。一刻も速く、投資家の皆様に償還・分配を実施できま
    すよう、グリーンインフラレンディング社と協力して、確認作業を行って参ります。
    投資家の皆様をはじめ、関係者の皆様に多大なるご心配とご迷惑をお掛け致しており
    ますこと、心よりお詫び申し上げます。
    また、弊社では、証券取引等監視委員会による「取得勧誘を行ったファンドのウェブサイ
    ト上の資金使途の表示と実際の資金使途が同一となっているかについて確認せず、事実と
    異なる表示のまま取得勧誘を継続している」との 7 月 6 日付の処分勧告を厳粛に受け止め
    ております。同様の事態が二度と発生することのないよう、早期に発生原因を究明するとと
    もに、これを踏まえた態勢整備などの再発防止策を速やかに策定し、実施して参ります。
    以上


    【償還及び分配の留保に関するご報告】

    投資家の皆様へ

    いつもグリーンインフラレンディングをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

    下記融資案件における、2018年7月2日の元利金の償還及び分配の留保について、7月5日にご報告をさせて頂きましたが、改めて以下の通りご報告させて頂きます。
    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。


    1.融資案件の概要
    (1)元金の償還を留保する案件の概要

    ファンドID件数 33本
    延滞元本総額   571,920,000円

    (2)元金の償還を保留する案件の詳細

    ファンドID 697 698 699 701 726 727 728 757 758 759 760 
    貸付実行日  2017年12月7日,14日
    ファンド名  【第4弾】100億円突破記念ローンファンド(第1~11次募集)
    融資金総額  250,490,000円
    最終返済日  2018年7月2日
    URL    https://www.greeninfra.jp/fund/detail?fund_id=697 他
    残高     250,490,000円


    ファンドID 642 645 646 653 654 675 696 717 720 769
    貸付実行日  2017年11月17日,28日 12月6日,13日18日
    ファンド名  【第5弾】海外水力発電ローンファンド(第1~10次募集)
    融資金総額  120,930,000円
    最終返済日  2018年7月2日
    URL    https://www.greeninfra.jp/fund/detail?fund_id=642 他
    残高     120,930,000円


    ファンドID   157 159 160 161 162 163 164 165 166 167 184 185
    貸付実行日  2017年2月28日 3月7日,15日
    ファンド名  第1号海外水力発電所完成記念ローンファンド(第1~12次募集)
    融資金総額  200,500,000円
    最終返済日  2018年7月2日
    URL    https://www.greeninfra.jp/fund/detail?fund_id=157 他
    残高     200,500,000円

    (3)受け取り利息の分配の留保について

    7月2日を支払日とするすべてのローンIDの受け取り利息の分配について、留保させて頂きます。

    ローンID件数 1,436本
    利息金額合計  190,149,076円


    2.経過

    2018年7月5日に「グリーンインフラレンディング」のホームページに掲載致しました「償還及び分配の実施留保のお知らせ」(※1)においてお伝えいたしましたとおり、「グリーンインフラレンディング」におけるファンド(以下「本件ファンド」といいます。)については、当面の間、ファンドの営業者であるグリーンインフラレンディング社が本日予定しておりました元金及び利息の分配を含め、本件ファンドの投資家の皆様に対するグリーンインフラレンディング社からの償還及び分配の実施をやむを得ず留保させていただいております。
     弊社は、「グリーンインフラレンディング」におけるファンドについて、6月29日付のお知らせにありますように、最終資金需要者の認識や見解について説明を受け、事実関係の確認を実施いたしましたが、投資家の皆様にご説明申し上げていた事業とは異なる事業等に一部資金が使用されたものと評価せざるを得ないとの判断に至っております。
     このような状況を踏まえた対応策として、弊社は、鋭意グリーンインフラレンディング社及び最終貸付先企業に対する要請や指導等を行い、投資家間の公平等の観点から返済原資についての確認を実施しております。一刻も速く、投資家の皆様に償還・分配を実施できますよう、グリーンインフラレンディング社と協力して、確認作業を行って参ります。
     投資家の皆様をはじめ、関係者の皆様に多大なるご心配とご迷惑をお掛け致しておりますこと、心よりお詫び申し上げます。

    また、弊社では、証券取引等監視委員会による「取得勧誘を行ったファンドのウェブサイト上の資金使途の表示と実際の資金使途が同一となっているかについて確認せず、事実と異なる表示のまま取得勧誘を継続している」との7月6日付の処分勧告(※2)を厳粛に受け止めております。同様の事態が二度と発生することのないよう、早期に発生原因を究明するとともに、これを踏まえた態勢整備などの再発防止策を速やかに策定し、実施して参ります。


    ※1「償還及び分配の実施留保のお知らせ」(2018年7月5日)
    https://www.greeninfra.jp/material/fund/news/grrenninfralending_info_20180705.pdf

    ※2「maneoマーケット株式会社に対する検査結果に基づく勧告について」
      (2018年7月6日 証券取引等監視委員会)
    https://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2018/2018/20180706-1.htm


    3.今後の状況報告について

    該当投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、定期的にメールにてご報告いたします。
    該当しない投資家の皆様には、「マーケット情報」ページの「事業性ローンデフォルト発生金額 推移」にて状況報告をさせていただく予定です。また、回収の進捗についても、不定期で「お知らせ」にてお伝えさせていただく予定です。


    4.その他

    該当投資家の皆様の「MyPage」内の「運用予定表」には2018年7月6日以降は「期失」と表示されております。
    「返済実績一覧」ページの「ローンファンド運用状況」の該当ページも、2018年7月6日以降は「期失」と表示されております。
    上記「1.融資案件の概要」の1436件につきましては、償還及び分配を留保いたしますので、本日の分配は行われません。
     本件につきましては「ヘルプ」内の「ファンド募集停止について」もあわせてご確認くださいますようお願い申し上げます。
    https://www.greeninfra.jp/help/?id=fund


    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    今後、適時に状況をご報告いたします。


    2018年7月11日
    maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者)

    関連記事
    ここは記事下のフリースペースです
    コメント
    非公開コメント

    何だ、このコタツ記事。新聞記者が足で稼いだ情報に変な推測でモノを言うじゃないよ。

    北海道さん以外もJCの言い分乗せてるし、間違った情報流すな。

    2018-07-13 11:02 │ from URL

    申し訳ありませんでした。

    2018-07-13 11:02 にコメントをいただいた方へ

    間違いのご指摘、まことにありがとうございます。
    内容を修正しました。

    コタツ記事で足を使った記者さんを侮辱するとのご指摘
    まことにそのとおりです。

    今後もご指摘をいただければ幸いです。

    2018-07-13 11:12 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    『補助金の交付が2014年で時期が離れていることなどから「補助金と、証券会社から細野氏への資金提供を直接結び付けるのは無理がある」』というのは「JCサービスの言い分」ではなく「環境省の見解」です。新聞記事にもその旨明記されています。

    あなたが関係者から聞いた話とかだと適当な事を書いてもバレませんが、新聞記事の内容をご都合主義で捻じ曲げてもすぐにバレますよ!

    2018-07-13 16:11 │ from URL

    感謝の言葉に堪えません

    間違いを修正しました。

    当記事を精読いただき、間違いをご指摘いただき、
    当ブログが恥を撒き散らすことを阻止して頂いたこと
    感謝の言葉に堪えません。

    かの醜悪な老人slinvestorはイエスマンしか周りに置いていませんからこのように読者様の校閲は期待できないでしょう。

    かの醜悪な老人slinvestorの応援者は全員匿名です。
    奴のブログコメント欄だけにしかいません。


    一方私にはブロガーの応援者がいます。
    コメント欄にも応援の言葉をいただけています。

    https://www.blog-zilsan.com/entry/2018/07/11/083550

    http://social7lending.blog.fc2.com/blog-entry-193.html

    校閲者様ももちろん、私の応援者と認識しております。

    今後共よろしくお願いします。

    2018-07-13 16:26 │ from ファイアフェレットURL Edit

    あなたが醜悪な老害と罵っているブロガーさんの記事もいつも読ませて頂いております。
    確かにアフィカスという言葉は使われていましたが、特定のブログを想起すものではありませんでしたし、あなたのブログがそうであるとも思えません。
    特定のブロガーさんを支持するつもりはありませんし、一読者として静観しようと思っていましたが、あなたの最近のコメントなどを拝見していると、個人的な感想としては、あなたが他人を罵り、自身を正当化しようとするほどにあなたの印象が悪くなる一方だと思いますので、そろそろ鉾を納めてはいかがでしょうか。
    あなたのブログも、あなたが罵っている方のブログも、いつも楽しく拝見させていただいている一読者の率直な感想でした。

    2018-07-13 22:24 │ from 一投資家URL

    あなたが中立な立場とは思えません

    一投資家さんへ
    slinvestorは確かに特定のブログの特定は行っていませんが、あの書き方ではほとんどのアフィリエイトブログを罵っているのと同じです。

    あなたのように中立を装って書き込みをしてくる人の、共通点を見出しました。

    1.中立を装うくせにslinveostorの他のブログへの誹謗、嘘つき発言に言及しない
    2.そのくせ、私の評判が悪くなるという脅しをかけ、中立性にかける
    3.私のブログがslinveostorのアフィカス非難対象と明らかなのに、それを否定する

    です。一投資家さんも含めて上記のような書き込みを行う人はただ中立を装い、私に殴られっぱなしになれと工作しているようにしか思えまsん。

    slinveostorは

    http://megalodon.jp/2018-0714-0442-21/slinvestor.jp/blog-entry-126.html

    の記事で、私に再び攻撃を加えてきました。

    一投資家さんはslinveostorに自重を求めたのでしょうか。私ばかりに一方的に殴られろというのはとてもご同意できません。上記醜悪な老人には近いうちにやり返してやろうと思っています。

    2018-07-14 10:04 │ from ファイアフェレットURL Edit

    世間はこれを補助金詐欺と呼びます。

    「詐欺的な要素は現状なさそうです」とありますが、補助金を受けた事業が行われていないのは詐欺的と思います。
    私も相当な額をGILに投資していますが、半分も返ってきたら御の字という諦めモードです。

    2018-07-14 19:45 │ from 投資家KURL

    詐欺罪ではないという意味で申し上げました

    投資家Kさんへ

    一般的に詐欺と言われるかどうかはわかりかねます。

    ただ、本当の詐欺ならば当局から詐欺罪として扱われるでしょう。その意味で詐欺的な要素はないと申し上げました。

    意図的に騙す気があれば詐欺罪になると思いますが、その要素はあったのでしょうか。

    ご理解をいただければ幸いです。

    2018-07-14 20:16 │ from ファイアフェレットURL Edit

    Higurashi

    この件に関しては、
    環境省を騙して助成金を得ています。

    表に出ていない部分がありますが、
    サイトが完成していないにもかかわらず、助成金の申請をしています。
    また、パネルも無かった為、パネル一枚一枚に付随するシリアルナンバーも他で使うパネルのシリアルナンバーを提出しています。
    現地で一枚一枚パネルのシリアルナンバーを付け合わせれば書類の偽造が明らかになると思います。

    またこの会社の前身の会社では、ラース契約書に、偽造したハンコを押して融資を受けていたことも判明しています。

    2018-07-16 01:08 │ from これは詐欺です!URL

    表にでていない情報提供どうもありがとうございます

    完成前の助成金申請については、違法かどうかわかりかねます。
    シリアルナンバーにつきましては「他で使うパネルのシリアルナンバー」とのご指摘ですが「シリアル」ですから、「他ですでに使われている」シリアルナンバーで申請したという、意味ではないかと思います。

    とりあえずで仮申請したシリアルナンバーを、他の先に完成したパネルのシリアルナンバーとして用いた。
    本申請では改めて取得したシリアルナンバーで申請すれば良い、という仕組みなのかもしれません。

    正直、詐欺性(騙す意図)があったかわかりかねますが、環境省が調査したのならば詐欺性を見逃すはずもないかと思います。

    当局、もしくはメディアからの続報を待ちたいと思います。

    前身の会社が「偽造したはんこ~」というのは、事件化したのでしょうか、WEBでそれを確認できるソースがあったら教えていただければ幸いです。

    2018-07-16 09:49 │ from ファイアフェレットURL Edit

    全損かも

    はじめまして、いつもブログ拝見しています有益な情報ありがとうございます。
    資金の20%ほど出資してます今回の供託金が返って来るかも不安です。
    maneoにも投資してますし、GILにも投資してます。両方が転ける事だけは避けて欲しいですね
    18日の説明会に何か有益な情報が出て来ることを期待しています。私は参加出来ませんので参加されましたら情報の発信よろしくお願い致します。

    2018-07-16 12:37 │ from 駄目かもURL Edit

    両方コケるだけは本当に避けて欲しいです

    駄目かもさん、応援の言葉をどうもありがとうございます。

    私もそれなりの金額を投資しているので不安です。maneoにはGIL以上のお金を投資しているので、両方コケるのだけは本当に避けて欲しいです。

    7月18日の説明会ですが、私は別の用事があり参加できそうにありません。

    お力になれずに、本当に申し訳ありません。

    2018-07-16 12:48 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1433-2a523b04