FC2ブログ

    maneoへ行政処分勧告、メディアの報道を検証しました - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » グリーンインフラレンディング » maneoへ行政処分勧告、メディアの報道を検証しました

    maneoへ行政処分勧告、メディアの報道を検証しました


    今日にも証券取引等監視委員会から処分勧告、その理由の詳しい発表があるだろう


     証券取引等監視委員会がmaneoマーケットへ行政処分勧告を出すことを日経新聞とNHKが報じました。過去の例からして今日中にも勧告は出されるでしょう。その詳しい理由もその際に発表されると思います。

    maneoマーケットへ行政処分勧告_日経新聞

    「maneo」、集めた融資資金を流用 100億円規模か 投資家に虚偽説明、監視委処分勧告へ(2018/7/6 日経新聞)

    ネットで資金集める国内最大手 不適切な資金利用で勧告へ(2018/7/6 NHK NEWS WEB)

    maneoマーケット金融商品取引法に違反(2018/7/6 NHK NEWS WEB)

     日経新聞の記事では、見出しこそmaneoが主体的に融資資金を流用、投資家に虚偽説明を行ったようです。しかし記事本文ではmaneoマーケットはグリーンインフラレンディングから資金募集を依頼された立場、あくまで流用を行ったのはグリーンインフラレンディング社(JCサービス)。maneoマーケットは証券取引等監視委員会の調査によりそれが発覚した後は資金募集を停止したと書かれています。

    監視委の監査権限はmaneoマーケットには及ばないがグリーンインフラレンディング社には及ばないため、全容解明は難航している


    という主旨のことが記事には書かれており、
    1. 監査が十分に行えなくソーシャルレンディングの法整備が不十分であること
    2. グリーンインフラレンディング(JCサービス)が捜査に非協力的であること
    であることが懸念されます。

     NHKの報道ではmaneoマーケットが主体的に「投資家から集めた事前の説明とは違う不適切な形で使った」となっています。

     私はそうではなく、現状、あくまで不適切な形で使ったのはグリーンインフラレンディング側であり、maneoマーケットは監督の不備がある立場と考えています。

     日経新聞の記事で100億円規模の流用があったかのように書かれていますが、NHKの報道で救いがあるのは「10億円以上」と書かれていることです。
     仮に不適切な流用が10億円とします。JC証券の増資に使われたのが2億5千万円、そのうち5千万円が細野豪志へ渡ったことはこれまでの報道が伝えています。

    残りの7億5千万円の「不適切な流用」はなにか?JCサービスがかつて発表したとおり

    「以前支払いを済ませた支出に使ってしまったが、あくまで自然再生エネルギーの開発に用いたのだ」

     であればありがたいと思います。それならば「収益を生む使いみち」であり、投資家の資金が戻る可能性が高まるからです。

     なお、JCサービスはNHKが先日報じた
    1. 投資家からの募集資金がJC証券に渡ったこと、
    2. やはりJCサービス社長の中久保正己氏に渡ったこと
     を否定しています。しかし監視委が上記を認定したのならば、それは「されたことであり」、JC側の言い分を聞くつもりは、私はありません。監視委は公正無私に調査を行う機関だと考えているからです。

     詳細は今日にでも発表される監視委からの発表を待とうと思います。みんなのクレジット、ラッキーバンクの際には詳しく処分理由が書かれていました。今回もそうなるでしょう。


    私が運用中の金額は217万円、全てが「期限の利益喪失ローン」に


    グリーンインフラレンディング投資額

     ここからは私事です。現在私がグリーンインフラレンディングで運用中の金額は217万円です。

    グリーンインフラレンディング期限の利益損失ローン
    (クリックすれば大きくなります)

     9ファンドで運用中ですが、その全てが「期限の利益喪失ローン」になったことが確認できました。これは遅延の発生ではなく、JCサービスが用意した返済資金約7億4千800万円をmaneoマーケットが受領を拒否したためと、JCサービスから発表がありました。

     受け取りを拒否されたお金は「法務局に供託した」と書いてあるので、7月11日分配の分は投資家にいずれ返されることは確実でしょう。法務局に委託されたのならば返却と同じ効果が生じるはずですので「期失」よりは「遅延」かとは思いますが、このことについては考察は、もう少し情報が揃うまで留保します。

    JCサービスの返却をmaneoマーケットが拒絶

    グリーンインフラレンディングによるファンド資金の返済について(2018/7/6 JCサービス PDFファイル)

    資金の受領を拒否したため遅延が発生する。これは初のケースであり、正直驚いています。

    以下、今後の投資家への償還に対する所感です。

     事業の実態がなく、自転車操業(ポンジ・スキーム)を行ったのならばともかく、JCサービスの事業は硬いものであり、開発した自然エネルギー施設(発電所、燃料工場)の売却という出口まで到達できれば、投資家への償還は可能であると考えています。

     もちろん、満額帰って来ることは期待せずある程度の損失は覚悟しています。投資は自己責任であり、「損失は起きるものだ」の覚悟ぐらいは一介の投資家として持っています。

    上記は昨日

    2018/7/5 グリーンインフラレンディングで遅延発生!私は気を強く持つ!

    で述べたことと、だいたい同じです。

     投資家は訴訟などを行うなどの手段で下手に動かず、maneoマーケットには事業に専念してもらうのが得策だと考えています。

     maneoマーケットがしっかりJCサービスににらみを利かせ、投資家への償還に鋭意奮戦している限りは...。

     証券取引等監視委員会からの勧告があったら、それを熟読し、明日にもブログを更新したいと思います。さて、どうなるやらです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約462万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3. クラウドバンク: 約232万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約83万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:227万円
    8.LCレンディング : 約59万円
    9.ガイアファンディング : 約210万円
    10.トラストレンディング : 約180万円
    11.クラウドリース : 約171万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約223万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15. TATERU Funding:50万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:約63万円
    18.アメリカンファンディング:約52万円
    19.キャッシュフローファイナンス:約52万円
    20.アップルバンク:約52万円
    21.プレリートファンド:約82万円
    22.エメラダ・エクイティ:70万円
    23.SAMURAI: 35万円
    24.LENDEX:50万円
    (総額:約2,842万円)

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、、募集額1,200億円の実績あり


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    1万円からの不動産投資が可能、上場会社が提供する実績のクラウドファンディング
    TATERU FUNDING

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    maneoもめんどくさいのをファミリーに入れてしまいましたね。
    法的責任がある以上しっかり対処する必要があると思いますが。

    2018-07-06 22:48 │ from たくたくURL

    No title

    いつもお世話様です。

    細かい話ですが、maneoマーケット側の判断では「期限の利益喪失ではなくて遅延のようです。」

    説明メールの方では、表示は「期失」でも「返金の見込期日到来により延滞として取り扱う。」と記されています。
    まあ事ここに及んでは、「期失」でも「遅延」でもあまり関係ないですが。
    とにかく、JCサービスとmaneoマーケットが喧嘩している限り、返金の見通しはつかないですね。
    しかも、この書かれた記事の後またmaneoから、喧嘩を助長するような、JCサービス側の発表を否定する内容の発表が。



    2018-07-07 06:05 │ from 別の通りすがりURL

    はい、同感です。

    たくたくさん

    はい、同感です。事情により遅延が起きるくらいならしょうがありません。しかしmaneoマーケットと「己のプライドと我を通して」諍いを起こす、当局の操作に非協力的となると、本当に勘弁してくださいと言いたくなります。

    法的責任がmaneoマーケットにあることに同意です。
    しっかりと金融商品取引法業者としての義務を果たして欲しいです。

    2018-07-07 08:53 │ from ファイアフェレットURL Edit

    私には確認が行なえませんでした。

    通りすがりさん
    コメントをどうもありがとうございます。

    コメント中にある「説明メール」とは7月6日にmaneoマーケットから送られてきた「グリーンインフラレンディング】償還及び分配の留保に関するご報告」のことかと思います。

    各案件が【遅延】である、【期失】と表示される、との文面は確認できましたが、

    表示は「期失」でも「返金の見込期日到来により延滞として取り扱う。」

    との文面は私には確認できませんでした。
    ただ「法務局に供託した」が事実ならば、遅延として扱われるのが適当と思われますので、そのようにブログ本文を修正いたします。考察は情報がもっと揃うまで留保します。

    2018-07-07 08:55 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    私のコメントの書き方が言葉足らずでした。
    ただmaneoは遅延と判断しているようですね。
    JCサービス側は当然「遅延」も「期失」も納得してませんが。
    これは両者法廷闘争まで行くような気がして、
    とっても心配してます。

    2018-07-07 18:01 │ from 別の通りすがりURL

    maneoマーケットとJCサービスは紛争状態にありません

    別の通りすがりさんへ

    情報がいろいろ集まりつつあります。

    メディアを始めとする各関係者から情報を収集した結果、
    maneoマーケットとJCサービスは決して紛争状態に陥っておらず、
    提携して投資家保護に最大限の努力を払っていることが確認できました。

    仲違いをしているように見えるのは様々な圧力が介在しているためと判明しました。

    なるべく早く記事にしますので、いましばらくお待ちいただければ幸いです。

    2018-07-07 19:22 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    両者が協力関係にある?
    それは楽しみにです、その記事。

    2018-07-07 22:01 │ from 別の通りすがりURL

    最初から現在まで両社は協力関係にあります

    別の通りすがりさんへ

    両社は仲違いなどしておらず、最初から現在まで協力関係にあります。どこまで詳しく記事にできるのかはまだわからないのですが、そのことだけは保証できます。

    ご期待いただければ幸いです。

    2018-07-07 22:17 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1423-23236817