グリーインフラレンディングの親会社JCサービスがmaneoマーケットに反論!救いがあるとすれば・・・ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » グリーンインフラレンディング » グリーインフラレンディングの親会社JCサービスがmaneoマーケットに反論!救いがあるとすれば・・・

    グリーインフラレンディングの親会社JCサービスがmaneoマーケットに反論!救いがあるとすれば・・・


     7月1日にJCサービスから、突如6月29日にmaneoマーケットが行った発表に反論する形の「お知らせ」がありました。本来ならば休業日である日曜日に突如発表されたことに、驚きを禁じえません。なにがあったのでしょうか?

    JCサービスからのmaneoマーケットへの反論

    弊社の子会社である株式会社グリーンインフラレンディングによるファンド募集につきまして、以下の通りお知らせ致します。(2017/7/1 JCサービス PDFファイル)

    6/29の発表でmaneoマーケットは

    投資家に説明していた使途とは異なる使途に一部資金が使用された

    と発表しましたが、JCサービスは今回の発表でそれに反論し、

     案件募集以前の支出に資金を充当してしまったが、「開発資金」とは、案件開発に係る開発着手から開発完了に至る一切の資金を指しているとの認識だったので問題ないと考えている。

    今後は適切に対応する

    しかし「投資家に説明していた使途とは異なる使途に一部資金が使用された」は遺憾である


    と発表しました。

    双方言い分はあるでしょうから、これ以上はとやかく言わず、事態を見守らせていただきます。

     maneoマーケットとJCサービスがしっかり連携して投資家の保護に努めていただきたいと考えていたのですが、残念です。

    今回のJCサービスの発表で救いがあるとしたら

    また、一部報道において、ファンドで募集した資金の一部が投資家への事前の説明と異なり融資先の企業から弊社の関係会社または関係者に渡ったかのような記載がありますが、そのような事実はありません。


     と名言されていることです。JCサービスからJC証券、また中久保正己氏へ資金が渡ったというNHKの報道が虚報であるとしたら、いくらかは事態が沈静化するかもしれません(渡ったのは事実だが「ファンドの資金の一部ではない」という主張なのかもしれませんが)。

    JCサービスの上記発表は

    ファンドに応募して頂きました投資家の皆様に対しましてはご迷惑をお掛けすることのないように致します。皆様には多大なるご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます。何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


    と結ばれています。

     諍いを起こした挙げ句、上記の「迷惑をかけないようにする」の宣言が破られたら、流石に私とてキレざるを得ません。有言実行を願います。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約462万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3. クラウドバンク: 約232万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約83万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:227万円
    8.LCレンディング : 約59万円
    9.ガイアファンディング : 約210万円
    10.トラストレンディング : 約180万円
    11.クラウドリース : 約171万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約223万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15. TATERU Funding:50万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:約63万円
    18.アメリカンファンディング:約52万円
    19.キャッシュフローファイナンス:約52万円
    20.アップルバンク:約52万円
    21.プレリートファンド:約82万円
    22.エメラダ・エクイティ:70万円
    23.SAMURAI: 35万円
    24.LENDEX:50万円
    (総額:約2,842万円)


    メディア掲載多数。プロの投資家が投資するベンチャー企業に、14万円から少額投資。
    エメラダ・エクイティ

    手数料無料でいつでも解約可、投資家が最大限守られるTATERU Fundingで安定の資産運用を
    TATERU Funding

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意


    2018年7月1日
    お客さま各位

    株式会社JCサービス
    グリーンインフラレンディングについて
    弊社の子会社である株式会社グリーンインフラレンディングによるファンド募集につき
    まして、以下の通りお知らせ致します。
    株式会社グリーンインフラレンディングは、maneoマーケット株式会社より、募集中
    のファンドにおける「開発資金」として募集された資金が最終貸付先企業における募集対象
    案件に対して募集に先行して自己資金により支出を済ませた資金に充当されており、この
    ままファンドの募集を継続することが適切でないとの指導を受けましたので、かかる指導
    に基づき、対象ファンドに関しては募集を停止するとともに、他のファンドについても資金
    の使途に関する同社の確認が完了するまでの間、新規の募集を一時見合わせることとさせ
    て頂いていました。
    株式会社グリーンインフラレンディングは、「開発資金」とは、案件開発に係る開発着手か
    ら開発完了に至る一切の資金を指し、対象ファンドにおける対象事業に対する支出済みの
    資金を含めて案件開発のための全ての資金との認識の下、ファンド募集の際の内容の表示
    に「開発資金」との文言を用いて参りましたが、今回のmaneoマーケット株式会社から
    のご指導を踏まえ、今後適切な対応を行っていきたく考えていたところです。
    このような状況の中、株式会社グリーンインフラレンディングの HP において、6月29
    日、maneoマーケット株式会社により、株式会社グリーンインフラレンディング及び弊
    社に対して事前の説明等もなく、一方的に、「ファンド募集停止等のお知らせ」を掲載し、「投
    資家の皆様にご説明申し上げていた使途とは異なる使途に一部資金が使用されたものと評
    価せざるを得ない」とし、「今後のファンドの募集」を停止するとの「お知らせ」が掲載されま
    した。
    株式会社グリーンインフラレンディング及び弊社としては、maneoマーケット株式
    会社に対しまして「資金の使途に関する同社の確認」のための作業に協力してまいりました
    が、同社が事実関係の十分な精査確認もないまま、一方的に、自社の見解をもとにこのよう
    な対応をされたことは大変遺憾であります。
    また、一部報道において、ファンドで募集した資金の一部が投資家への事前の説明と異なり
    融資先の企業から弊社の関係会社または関係者に渡ったかのような記載がありますが、そ
    のような事実はありません。
    ファンドに応募して頂きました投資家の皆様に対しましてはご迷惑をお掛けすることの
    ないように致します。皆様には多大なるご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます。
    何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
    以 上
    関連記事
    ここは記事下のフリースペースです
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1416-731026ed