FC2ブログ

    グリーンインフラレンディングNHK報道における希望をいくつか - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » グリーンインフラレンディング » グリーンインフラレンディングNHK報道における希望をいくつか

    グリーンインフラレンディングNHK報道における希望をいくつか

     2018年6月20日に報道されたNHKのグリーンインフラレンディングに関するニュースを私なりに検証しました。

     他のブログでは不安を訴える記事が多いので、私は逆張りで報道の中に見出した楽観論だけをこの記事で書いていこうと思います。

    目次
    1.アウトサイダーズレポートの記事はやっぱりガセ!
    2.maneoマーケットが不適切な資金の運用を行ったわけではない
    3.maneoマーケットは報道前から募集を停止して投資家の保護に努めた
    4.JCサービスは真面目な会社、資金の流用先もちゃんとした事業だろう
    5.最後に

    となります。

    クリックしていただければそこに飛びます。

    1.アウトサイダーズレポートの記事はやっぱりガセ!


     これまでアウトサイダーズレポート(OR)は3回私が知る限りグリーンインフラレンディングのことを取り上げています。その際取り上げられた疑惑は順番に

    ①自転車操業
    ②太陽光発電所売買における詐欺
    ③自己株式取得罪


     でした。いずれもグリーンインフラレンディングにより論破されており、ORから再反論されていません。やり込められた、返り討ちにあったと表現してよいでしょう。今回NHKが報道したことは

    ④投資家から集めた資金の一部を再生可能エネルギー事業以外に使う

     です。①~③の疑惑にかすってもいません。ORが信頼できるメディアだったら、ちゃんとした情報源を持っているのならば④を報道するべきでした。やはりORのメディアとしての姿勢、体制は疑問視せざるをえません(今更ですが)。

     楽観論とは少し違うかもしれませんが、ORを怪しいメディアと断罪できたことは、それなりの収穫と考えています。これ以上煩わされることはありませんから。

     これまで当ブログは、ORを「当ブログのような個人ブログよりはまし」と評価してきましたが、「当ブログの方がまし」と改めます。与太記事を掲載するようでは、メディアの価値はありません。


    2.maneoマーケットが不適切な資金の運用を行ったわけではない


    NHKの報道によると

    関係者によりますと、融資先の企業が投資家から集めた資金の一部を再生可能エネルギー事業以外に使うなど、事前の説明とは違う不適切な形で運用されていた疑いがあることです。


     とのことです。あくまで投資家から集めたお金を他の事業に流用したのは「融資先」です。maneoマーケットではありません。

     グリーンインフラレンディングにおいては、グリーンインフラレンディングがmaneoマーケットの第二種金融業の登録でお金で集めたお金をエスクローファイナンス社に融資し、さらにJCサービスに融資するという流れだったと思います(下図参照)。つまり流用したのはJCサービスです。

    グリーンインフラレンディング_スキーム図

     maneoマーケットはもちろんJCサービスに対する監督責任はありますが、主体的に「不適切な運用を行った、虚偽の説明を行った」とはNHKも捉えていないと、私は考えます。

     しかし残念なことに下記の日経新聞記事ではそのことが伝わりにくく、maneoマーケットが主体的に虚偽を説明をしたような書き方になっています。

    投資会社が虚偽説明疑い ネットで仲介、監視委調査 (2018/6/21 日経新聞)

     日経ファーストを逃した後追い記事における「情報のクーウォリティー」はそのようなものなのかもしれませんが。


    3.maneoマーケットは報道前から募集を停止して投資家の保護に努めた


     今回のNHKの報道があったのは2018年6月20日、maneoマーケットは6月1日にはグリーンインフラレンディングにおける募集を停止しています。6月13日に【第1弾】200億円突破記念ローンファンドがありましたが、これはキャンセルとなりました。

    報道される約3週間前には事態を察知し、投資家保護のために募集を取りやめたと考えられます。

     それに対してみんなのクレジットは2017年3月24日にNHKに報道され証券取引等監視委員会に行政処分勧告を受けた後も、3月30日に処分がくだされるまで募集を継続していました。

     ラッキーバンクへの行政処分勧告が行われたのは2018年2月20日です。その直前の2月17日、2月19日に多額の募集(約4億3千万円)を行い、そのためその2月の募集額は過去最高の約10億円を募集しています。

    私は「駆け込み募集」を疑っています。

    参考
    2018/5/9 ラッキーバンク問い合わせ回答に対する疑問

     みんなのクレジット、ラッキーバンクと比較すればmaneoマーケットがいち早く募集を停止したことは「投資家保護のためにいち早く動いた」と映ります。このたびのことは残念ですが、この点についてはmaneoマーケットを評価したいと思います。

    4.JCサービスは真面目な会社、資金の流用先もちゃんとした事業だろう


     NHKの報道、私のグリーンインフラレンディングに関する知識から、「投資家から集めた資金の一部を再生可能エネルギー事業以外に使う」、つまり流用を行ったのはJCサービスだと推測されます。さて何に使ったかというと、私はれっきとした事業に使われたと考えています(再生可能エネルギーではないようですが)。

     「JCサービス」でニュース検索すればいくつも、自然エネルギー関係の記事がヒットします。特にタイで開発中のバイオマス事業は大きなプロジェクトであり、タイ政府とタッグを組み、日本に安定したバイオマス発電燃料となるペレットを輸出する計画を立てています。

     グリーンインフラレンディングとJCサービスの代表はともに中久保正己氏ですが、兵庫県庁という実に硬い経歴の持ち主です。またJCサービスの社員も真面目な人が多いと聞いています。

    参考
    2016/10/19 グリーンインフラレンディング代表者インタビュー(1)

    2016/10/22 グリーンインフラレンディング代表者インタビュー(2)

    ともにけにごろうさんが管理されている「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」へのリンクです。

     資金募集の際に投資家に伝えた事以外の事業にお金を使ったことは事実かもしれませんが、きっちりとした事業に使用し、投資家の資金を損なう用途ではないと信じています。

    5.最後に


    maneoマーケットは報道直後6月21日以降に見解をお伝えする準備を進めていると発表しました。

    6月21日に早速1報がでましたが、
    1. 証券取引等監視委員会による検査との報道は、当社が発表したものではない
    2. 資金使途の一部の確認を実施しており、当該ファンドに係る募集を停止している
    との内容であり、明確な説明にはまだまだのようです。

    一部報道に関するお知らせ (2018/06/21 maneo WEBサイト)

     JCサービスの事業は客観的に見ても大変価値のあるものと私は考えます。急がずとも着実に、投資家へ最大限の説明、最大限の元本が戻るように努力していただければ、幸いと考えています。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年5月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約459万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3. クラウドバンク: 約231万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約83万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:226万円
    8.LCレンディング : 約219万円
    9.ガイアファンディング : 約209万円
    10.トラストレンディング : 約180万円
    11.クラウドリース : 約169万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約221万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約63万円
    17.アメリカンファンディング:約52万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約52万円
    20.プレリートファンド:約82万円
    21.エメラダ・エクイティ:70万円
    22.SAMURAI: 35万円
    (総額:約2,893万円)

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    将来のためにIoTアパート経営TATERUで資産形成を
    TATERU

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    手数料無料でいつでも解約可、投資家が最大限守られるTATERU Fundingで安定の資産運用を
    TATERU Funding

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    私も同意見です。

    ただ一点だけ異なるのはグリフラの脇の甘さ。

    突っ込まれることを自ら回答しているわけではすからね。

    とはいえ他の方は騒ぎすぎだと思います

    2018-06-22 07:26 │ from たくたくURL Edit

    No title

    1)のアウトサイダーズの記事検証は、目から鱗です。
    冷静に検証すると現状の、グリフラ報道には、何一つアウトサイダーズは関係してないのが、ハッキリ分かりました。報道記者は誰もアウトサイダーズネタを取り上げない=使えるレベルでない。と考えているですね。

    2018-06-22 08:55 │ from レトログラートURL

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2018-06-22 20:55 │ from URL

    私が指摘できる「脇が甘い」ことは・・・

    たくたくさん、コメントをどうもありがとうございます。

    たくたくさんが「脇が甘い回答」おっしゃっているのは、他のブログで報じられていた「子会社が親会社の株式を保有していた」とのことかと思います(すみませんどこのブログかは失念しました)。

    正直私はその点について、知見をもっていないのでコメントは差し控えます。

    私が指摘できる「脇が甘い」ことは

    JCサービス(グリーンインフラレンディングと代表は同じです)が、募集時に投資家に伝えていた事業とは別の事業にお金を使ってしまったこと

    です。現段階では「疑惑」ですが、この大騒ぎの原因となってしまったのですからもし本当のことだとしたら残念なことです。決して投資家を意図的に騙してやろうと思ってではないと思いますが、「脇が甘い」と評価されても仕方がないと思います。

    2018-06-22 22:05 │ from ファイアフェレットURL Edit

    ORは今回のNHK報道のネタをつかめませんでした

    レトログラートさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    はい現段階ではグリーンインフラレンディング、JCサービスに関してORが報じたネタはどこのメディアも取り上げていません。ORの報道が嘘ときまったわけではありませんが、GIFに反論されて再反論できてないことから、やはり「ガセ」ではないかと私は考えています。

    あと私がORを「まっとうなメディアではない」と取り上げた最大の理由は

    今回のNHKの報道にあった「投資家から集めた資金の一部を再生可能エネルギー事業以外に使う」を掴めなかったことが最大の理由です。

    「当局が何やら動いている」くらいは掴んでいたのかもしれませんが、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」で適当なネタを掲載していたのではないか?と私は疑っています。

    2018-06-22 22:07 │ from ファイアフェレットURL Edit

    予想もつきません

    鍵コメをいただいた方へ

    コメントをどうもありがとうございます。

    しかし残念ながらご質問をいただいた内容につきましては、私も先方の発表を待つしかない状況です。予想もつかないというのが正直なところです。

    あと、たとえ私でもお答えできる質問だとしても、公開コメントにしていただかないと、安易に答えて良いのか判断が付きかねます。次回からご配慮いただければ幸いです。

    2018-06-22 22:08 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1405-1e9db1d6