FC2ブログ

    グリーンインフラレンディングに関する、通りすがりさんの質問に対する回答 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » グリーンインフラレンディング » グリーンインフラレンディングに関する、通りすがりさんの質問に対する回答

    グリーンインフラレンディングに関する、通りすがりさんの質問に対する回答


    ※この記事を書いている間にグリーンインフラレンディングで募集した資金が不適切に運用されて「疑いがある」というNHKのニュースが報道されました。

    「ソーシャルレンディング」最大手 監視委不適切運用で調査(2018/6/20 NHKNEWSWEB)

    「明日私がコメントをするまでに、(グリーンインフラレンディングの姿勢が確固たるものであるという)私の考えを改めるに足る新事実が明らかにならなければの話ですが。 」と昨日のコメントでは書きましたが現段階では「疑い」とのことでそのまま掲載いたします。

    以下本文

     昨日の記事「グリーンインフラレンディングの募集停止のお知らせ(続報)発表、新事実はわずかだけ」に対して「通りすがり」さん、から質問のコメントをいただけました。(コメント原文を読むには上記リンクをクリックしてください)。

    グリーンインフラレンディングに関する通りすがりさんのコメント

    回答が長くなったので1つの記事にしました。以下回答となります。

    アウトサイダーズレポートはれっきとしたメディアではないと私が評価していることが主な理由です。


    通りすがりさん、お待たせしました。昨日いただいた

     確かにグリーンインフラレンディングは疑惑に対する質問に答えているが、投資家に求められていない限り答えていない。これでは確固たる姿勢とは言えないのでは?

    といった通りすがりさんのご意見に対して、ご回答いたします。

     昨日申し上げたとおり、私はグリーンインフラレンディングの姿勢は十分確固たるものだと思います。確かにグリーンインフラレンディングの反論は投資家からの質問を受けてからです、しかし私はそれで良いと思います。

    なぜならば

    「アウトサイダーズレポートはれっきとしたメディアではないから」

     です。報道元が日経新聞社系、ダイヤモンド、東洋経済、そこまでいかなくともテレビ局、全国紙、地方紙、れっきとした出版社といったメディアが報道した疑惑でしたら、グリーンインフラレンディングは主体的に疑惑に答える必要があると思います。今回のように投資家からの質問を受けてやっと答えるようでは、「確固たる姿勢」として評価できません。

     しかし「アウトサイダーズレポート」は、当ブログのような個人ブログよりは”まし”、といった程度のWEBメディアです。責任者が本当に実名か、情報源はちゃんとしているか、報道姿勢はしっかりしているのか、いろいろな疑問が残ります。文章に間違いが多く校正がしっかりされていません。小規模体制、あるいは個人運営であるようです。

     当ブログのような個人ブログ、身元がしっかりしていないWEBメディアが掲載する記事に、いちいち企業が自主的に反応するのは、「してはいけない」とまでは申し上げませんが、あまりまともな行動とは思えません。鼎の軽重を問われるので、軽々しくするべきではないと、私は考えます。

     れっきとしたものではないメディア、個人ブログには軽々しく対応しない。しかし疑惑が報じられ質問を受けたのならば、真摯に、理路整然と回答する。

     これくらいが適切な対応であり、「確固たる姿勢」と私がグリーンインフラレンディングを評価する次第です。


    アウトサイダーズレポートのメディアとしての姿勢も疑問


     もちろん個人ブログ、またアウトサイダーズレポートのような「独立系」WEBメディアが、グリーンインフラレンディング自らが対処に当たるべき新事実を持ってくることも、大手メディアに匹敵する記事を掲載すること、報道体制を整えることも、このWEB全盛の時代ありえないことではないでしょう。

     そうした事態がもし起こりえたら、グリーンインフラレンディングに限らず、いずれの企業も反論、ないし謝罪の姿勢で自主的に対応すべきだと思います(取るに足らない報道でも「炎上」という事態がありますので、それも同様です)。

     しかしそれでもなお、アウトサイダーズレポートのメディアとしての姿勢はまだまだであり、れっきとした一企業が主体的に相手をするべきものとは思えません。

     アウトサイダーズレポートは私が知る限り3回グリーンインフラレンディングの記事を掲載していますが、いずれも理にのっとった反論をグリーンインフラレンディングにされています。しかしそれに再反論することなく、新たな疑惑を持ち出して、嫌がらせのような報道を行っています。

    参考
    2018/6/20 グリーンインフラレンディングの募集停止のお知らせ(続報)発表、新事実はわずかだけ
    (グリーンインフラレンディングの反論へのをリンクを貼ってあります)

     正直上記のような報道のやりかたは、「たかり」、「総会屋の所業」に感じ、まともなメディアの行動と思えません。

     れっきとしたメディア(週刊文春・新潮など)でも、「出版社Vs出版社 or報道先」の論争が繰り広げられることがあります。その際には相手の反論にはしっかり答えて、論争が行われます。アウトサイダーズレポートのように単発式に疑惑を掲載するのは、都合よく相手の反論を無視して、「それでもなお怪しい」という疑念を読者に植え付けるレトリックです。れっきとしたメディアの行動ではありません。

     私からの回答は以上となります。今一度、私がグリーンインフラレンディングの姿勢を「確固たるもの」と評価する理由を述べさせていただくと
    1. アウトサイダーズレポートはれっきとしたメディアではない
    2. そのようなメディアが報じる疑惑に対しての態度は、グリーンインフラレンディングくらいの姿勢が適切であり評価できる
    となります。

    ご理解をいただければ幸いです。

     最後に逆にお聞かせいただきたいのですが、通りすがりさんはアウトサイダーズレポートをれっきとしたメディアと考えていらっしゃるのでしょうか?またそうお考えになる根拠はなんなのでしょうか?、またあるいは怪しいメディアに対してもいちいち、企業がリソースを割いて対処するべきというお考えをお持ちなのでしょうか?お聞かせいただければ幸いです。

    追記
     上記のとおり、アウトサイダーズレポートはれっきとした「メディアではないから」という理由で積極的に対応する必要はないと私は述べました。しかしNHKの報道となれば話は別です。ぜひグリーンインフラレンディングはNHKの報道について、投資家に真摯に説明をしてくれることを希望したいと思います。



    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年5月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約459万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3. クラウドバンク: 約231万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約83万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:226万円
    8.LCレンディング : 約219万円
    9.ガイアファンディング : 約209万円
    10.トラストレンディング : 約180万円
    11.クラウドリース : 約169万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約221万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約63万円
    17.アメリカンファンディング:約52万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約52万円
    20.プレリートファンド:約82万円
    21.エメラダ・エクイティ:70万円
    22.SAMURAI: 35万円
    (総額:約2,893万円)

    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!【PocketFunding】




    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    1万円からの不動産投資が可能、上場会社が提供する実績のクラウドファンディング
    TATERU FUNDING
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    通りすがりさんは私のブログにもいつも現れます。

    グリフラネタがよっぽど好きなんですね

    2018-06-20 23:05 │ from たくたくURL

    グリフラ、貸金業免許が無いのでは?

    NHKは、maneoマーケットが募集していた、グリーンインフラレンディングが融資で運用するファンドの資金について、事前の説明と異なる不適切な運用をしていた、と報じました。グリーンインフラレンディングが、融資をしているとされているわけですが、以前にも指摘、グリーンインフラレンディングは貸金業免許を取得している、ことが確認できません。これも、問題化するのではないでしょうか。

    2018-06-20 23:06 │ from かもめURL

    No title

    いつもブログ拝見しております。
    現在、ラッキーバンクでの遅延、そしてグリーンインフラレンディングの今回の件で、心配事が増えております。

    ただ、どちらも担保があるため、そこまで大きな損失になることはないのかな!?と思いつつやはり心配です。

    ソーシャルレンディングの担保についてはどのようにお考えでしょうか。

    2018-06-20 23:25 │ from tomoURL

    No title

    たくたくさん、かもめさん、tomoさん、コメントをどうもありがとうございます。

    早速お答えしたいのですが、大変申し訳無いのですが、明日のご回答とさせてよろしいでしょうか

    昨日の通りすがりさんのコメントも「明日回答します」とお答えした挙げ句、この様なので、明日の回答を伸ばすことは正直不吉なものを感じるのですが、そうした事態だからこそ、しっかり寝て明日に備えたく存じます。

    誠に申し訳ありません。

    2018-06-20 23:38 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    通りすがりです。まず、丁寧にご説明いただき、ありがとうございます。
    ご説明いただいた以上、こちらも誠意ある対応をすべきと思い、ご質問にお答えします。

    僕はアウトサイダーズレポートをれっきとしたメディアなどとは、ミトコンドリアの爪の先ほども思っていません。
    むしろ怪しげと思っています。
    しかし、そんなメディアに対しても、時として企業はリソースを割いて対処するべきというお考えをお持ちです。
    なぜならば、投資家の不安を解消する責任とまでは申しませんが、その努力を企業は果たすべきと思うからです。

    ORの記事がブログ、ツイッターなどで少なからぬ範囲で広がり、GILや当該案件に出資した投資家が不安を抱いたことは貴殿も否定できないでしょう。
    僕が問題とするのは、この状況をGILが放置したことです。

    疑義が生じている。そのことに少なからぬ投資家が不安を抱いている。
    そして実際に、一部の(ブロガーを含む)投資家から質問が来ている。
    にもかかわらず、質問をした投資家にだけ回答し、それ以外の投資家に説明をしなかった。つまり、彼らの不安を解消しようとしなかった。
    これが果たして、自社に投資してくれている投資家に対する(確固たるかは分かりませんが)誠意ある対応と言えるでしょうか?
    僕はそうは思いません。

    貴殿はORがまともなメディアであるかを論じてらっしゃいます。
    これに対し、僕はどのメディアが発したかではなく、その発した内容の影響度を論じています。
    発したのが如何わしいクソメディアであろうとも、その内容が投資家に不安を与えるものであるならば、事業者は全力を以ってその不安を解消する努力を費やすべきと僕は考えます。
    したがって僕は、やはり今回のGILの対応は不適切であったと判断します。
    以上が貴殿のご質問に対する僕の回答です。

    それはひとまず横に置いといて。
    GILへのスタンスは僕と貴殿で180度違いますが、NHKの報道が想定外であったことと、いささか歓迎したくない報道内容であったことについては同じかと思います。
    また、NHKが報じたことで他のメディアが「第2のコインチェックカモ~ン!」と大喜びで報じ、世論がソーシャルレンディングに対してネガティブに動くことを懸念する点においても同じかと想います。
    GILへの立場は異なりますが、ソーシャルレンディングの灯火を守るべく、共に戦っていく所存です。
    人様のコメ欄で長々と失礼しました。

    最後に、たくたくさん。
    あなたのブログは知っていますが人違いです。
    コメントしたくなるほどの記事がイマイチ見当たりませんので。
    人違いでごめんあぞばせ~

    2018-06-21 00:32 │ from 通りすがりURL

    No title

    21日に行われる?マネオマーケットの主体的な説明に期待したいですね。
    さすがに12日、19日のような事実上のゼロ説明ではないでしょう。
    その際にも、詳しい記事期待してます。

    2018-06-21 02:48 │ from 別の通りすがりURL

    No title

    また横から失礼します。
    「ただ、どちらも担保があるため、そこまで大きな損失になることはないのかな!?と思いつつやはり心配です。」
    いいですね、この言葉。グリフラはまだ真相がわかりませんが、ラキバンの方はかなり諦めています。せめて半分でも戻って来てくれたらうれしいですが。このグリフラ騒ぎに隠れてラキバンがへんなことしなければいいですが。
    ラキバンのことについても、たまには記事にして頂けるとうれしいです。

    2018-06-21 03:48 │ from 別の通りすがりURL

    No title

    >>通りすがり様

    失礼しました。
    別の方と勘違いしておりました。

    2018-06-21 06:30 │ from たくたくURL

    別人の「通りすがり」さんとのことでした。

    おまたせしました。皆様にコメントをお返しします。

    たくたくさんへ

    他のブログにグリフラネタを書き込まれている通りすがりさんとは別の方とのことです。確かにしっかりお答えをされている、当記事の通りすがりさんは別人のように私も感じます。お気遣いいただき、まことにありがとうございます。

    2018-06-21 20:55 │ from ファイアフェレットURL Edit

    はい貸金業免許は無いはずです。

    かもめさんへ
    はい、JCサービスは貸金業の登録は行っていないはずです(けにごろうさんのインタビューで将来取得すると述べたことはあります)
    http://kennygorou931.blog84.fc2.com/blog-entry-786.html

    お金の流れとしては、グリーンインフラレンディングがmaneoマーケットの第二種金融業の登録でお金で集めたお金をエスクロー社に融資し、さらにグリーンインフラレンディングに融資するという流れだったと思います。

    ※グリーンインフラレンディングのスキーム図でエスクロー社は事業者A、グリーンインフラレンディングは事業者C社と表されています。

    私がNHKのニュースで聞いた限りはグリーンインフラレンディングからさらに別の企業に融資されているような感じはしませんでした。「投資家から集めた資金の一部を再生可能エネルギー事業以外に使う」をを行ったのは、JCサービスであると私は認識しています。なお、エクスロー社は貸金業の登録を行っているはずです。

    上記理由で私は貸金業の登録については問題がなく、かもめさんが心配されている「問題化」はないと、考えています。

    2018-06-21 20:56 │ from ファイアフェレットURL Edit

    正直当てにできないな、と感じています。

    tomoさんへ

    ソーシャルレンディングの担保ですが、正直当てにできないな、と感じています。正確には「当てにできた事例が現状存在しない」です。
    みんなのクレジットの担保は全く当てになりませんでした、これは経営者の姿勢も担保そのものも論外だった事例です。しかしそれなりに真面目な業者であり、しっかりとした土地担保を設定していたはずのラッキーバンクも動きが鈍いです。かつて、流動性の高い、すぐに売れる土地を担保にしていると聞いたのですが・・・。もっとも土地は売れるのにそれなりに時間がかかるのは当たり前ですから、まだ期待は捨てていません。

     正直担保そのものよりも「営業者の営業手腕と姿勢」、つまりどれだけ財産を生み出す事業を行っており、投資家へお金を返す姿勢で営業をしているか、そのように感じます。

    肝心のグリーンインフラレンディングについて話をしたいと思います。グリーンインフラレンディングの担保は①土地、もしくは②融資先の企業の“持ち分”、いわゆる財産が担保になっているものが半々といった感じです(金額比率はわかりなせんが)。

    セミナーで聞いた限りは開発先の発電所全体(土地・その他営業利益すべて)が実質的な担保であり、これがうまく売却できれば万々歳であり、その場合は担保価値があると考えています。

    私がセミナーなどに参加して調べた限り、他の皆様のブログをは拝読した限りJCサービスは大変真面目な会社です。少なくとも投資家を害するようなことはしないとは考えています。ですから後は投資家が落ち着いて、融資先事業である自然エネルギー発電所が売れるのを持つのが、得策ではないかと考えています。

    2018-06-21 20:57 │ from ファイアフェレットURL Edit

    ORについての価値観を共有できたことを嬉しく存じます。

    通りすがりさん

    丁寧なご回答をどうもありがとうございます。

    ORについての価値観を共有できたことを嬉しく存じます。

    ただORが報道したことについて、グリーンインフラレンディング(GIF)が質問をしてきた投資家だけにしか回答しなかったこ、全投資家に分かる形で報道しなかったことを、通りすがりさんは非難されています。これは私の価値観とは違います。

    やはりORはまっとうなメディアではなく、そのようなところが騒ぎ立てたことにいちいちGIFは騒ぎ立てるべきではない、それでもなお不安に思い、質問をしてきた投資家がいるらば真摯に回答する、それくらいが企業のあるべき姿というのが、私の価値観です。

     「投資家が不安に思って質問をしてきたのに、無視した」、これならば確かに問題です。しかし5chのような便所の落書き掲示板、個人ブログ、怪しいメディア、全てにグリーンインフラレンディングが「投資家の心配」を前もって懸念して、いちいち自主的に対応しなければいけないのでしょうか?私はそうは考えません。

    あと現時点でORが報じたGIFはの疑惑は
    ①自転車操業
    ②太陽光発電所売買における詐欺
    ③自己株式取得罪

    です。これらについてはいずれもJCサービスから筋の通った反論がなされています。
    加えてNHKが報道したのは

    投資家から集めた資金の一部を再生可能エネルギー事業以外に使う

    です。①~③にかすってもいません。ORの報道が嘘だと確定したわけではありませんが、やはり怪しいメディアと考えざるをえません。

    もちろん炎上が起きてGIF、JCサービスにガンガン電話やメールが殺到するような事態になったら、対応する必要があったと思いますが、見た感じはそこまで投資家は不安をいだいていなかったように感じます(これも通りすがりさんと私との主観との違いですね)。

    ①内容がウソっぽいこと
    ②投資家の騒ぎ、心配はそれほどでもなかった

    ことから私は通りすがりさんのいう「内容の影響度」は私の主観では通りすがりさんほど大きくなく、GIFが大げさに対応するべきでなかったと考えます。


    あと、これは悲しんで良いのか、喜んでよいのかわかりませんが、ソーシャルレンディングはコインチェク(仮想通貨)ほどメジャーな存在ではなく、「第2のコインチェックカモ~ン!」とういような状態ではないようです。

    NHKの夜7時のニュースでは報じましたが、9時台のニュースでも、その他局の報道でもされていません。
    思えばみんなのクレジットの時もそうでした。ラッキーバンクのときはテレビニュースになりませんでした。

    毎日、日経が次の日(21日)に後追い記事をだしましたが、ベタ記事です。


    最後に「ソーシャルレンディングの灯火を守るべく、共に戦っていく所存です、とのお言葉大変うれしく存じます。NHKが報じたことは「内容の影響度」は大変大きなものです。これでもしグリーンインフラレンディングがしっかり対応しなければいけないこと、価値観をまさに共有できると思います。

    もしGILがしっかり対応しなかったら、決して喜ぶべきことではないかもしれませんが通りすがりさんと、私のGILに対する立場は全く同じになると思います。

    これからもご愛読いただければ幸いです。

    2018-06-21 21:02 │ from ファイアフェレットURL Edit

    別の楽観記事を書こうと思います

    別の通りすがりさん

    コメントをどうもありがとうございます。maneoから21日に発表があったようですが

    1.証券取引等監視委員会による検査との報道は、当社が発表したものではない
    2.資金使途の一部の確認を実施しており、当該ファンドに係る募集を停止している

    の2点のようですね。

    1はこうした報道があった時のお決まりの企業の発表、2は既知のものです。特に記事で取り上げることもないので、別の楽観記事を書こうと思います。1日、2日で詳しい説明は無理なのかもしれませんが、なるべく早くの発表を期待したいです。

    正直私はみんクレのような決定的なことが起きるまで「諦めきれない」というのが本当のところです。ラッキーバンクもGIFもそれなりの担保があるはずですから、焦らずにしっかり売ってもらい、投資家に対して最大限のお金を返してくれればと思っています。

    ラキバンは正直現状、「マイページに運用資金情報」が正常、と延滞に分けて表示されるようになった、くらいしかネタがありません。でも当ブログはソーシャルレンディングの歴史記録の役割も兼ねていると自負しているので、短く記事にしてみたいと思います。もうすでに他の方が記事にされていますが、お許しください。

    2018-06-21 21:05 │ from ファイアフェレットURL Edit

    ファイアフェレットさん

    コメントありがとうございます。
    ラッキーバンクは意思決定、通常担保権を行使して、売却先を探し、契約、決済と考えると最短半年はかかるかと思っております。
    なので希望を捨てていません。

    むしろグリーンインフラの地方にある担保の方がむしろ心配してます。

    みんなのクレジットは論外。
    今回これらの担保付き案件で担保がしっかりとした役割をきたせないと、もう信用もあったもんではないですね。

    担保があることをウリにしておること自体も詐欺になりますね。

    2018-06-21 22:35 │ from tomoURL

    No title

    コメント、ありがとうございます。
    しかし、私はグリーンインフラレンディングの貸金業免許であって、JCサービスのことではありません。
    たしかに、URLを掲載いただいた、けにごろう様のインタビューでは、子会社化したと書いてありますが、JCサービスの会社概要の、グループ会社には、エスクローファイナンスは掲載されていません。
    http://jcservice.co.jp/company/
    それに、グリーンインフラレンディングの、財務諸表には、子会社の株式にあたるような、有価証券は計上されていません。(通常、固定資産に計上されるはず)
    https://www.greeninfra.jp/company/Ir
    ということは、グリーンインフラレンディングと、エスクローファイナンスは、グループ会社ではないので、グリーンインフラレンディングがエスクローファイナンスへの融資は、貸金業免許が必要ではないでしょうか。
    もちろん、子会社であれば問題ないと思いますが、そうではなかったら、マネオが集めていた運営会社は無免許であったというのは、問題化するのでは?と考えた次第です。
    推測ですし、中久保社長が言いきっているので、邪推かもしれません。

    2018-06-21 22:44 │ from かもめURL

    No title

    別ではない方の通りすがりです。
    真摯なご返答、ありがとうございます。

    金本が好きでも嫌いでも阪神ファンは阪神ファンです。
    貴殿のブログを今後とも愛読するとともに、僕は僕なりにソーシャルレンディングを盛りたてていきます。
    では、これにて失礼。アディオ~ス!

    2018-06-21 22:54 │ from 通りすがりURL

    じっくり待ちたいと思います。

    みんなのクレジット、ラッキーバンク、グリーンインフラレンディングいずれとも、「担保」を設定して案件を募集したのならば、それなりに元本を保証できるものを設定するのが投資家との「信義則」と私は考えています。

    みんなのクレジットは論外でした。ラッキーバンクとグリーンインフラレンディングには頑張って欲しいものです。グリーンインフラレンディングではまだ遅延は生じて無いので、ちょっと気が早いかもしれませんが。

    2018-06-22 12:19 │ from ファイアフェレットURL Edit

    すみません。私の手にはあまります

    かもめさんへ

    申し訳ありません。質問の意味を取り違えていたようです。

    すみません。私の手には余る質問のようです。
    他のmaneoファミリーのでも貸金業の登録を行っていない運営会社が、他の会社Aにまず融資して、さらに別の会社Bに融資している例があります。さすがにこんな初歩的なこでを辣腕のmaneoマーケットがミスをするとも思えないので(当局の監査を受けたらあっというまに問題かしてしまいます)、「大丈夫なからくりになっているのでしょう」としか申し上げられません。

    大変恐縮ですが、グリーンインフラレンディングのWEBサイトにある問い合わせ口から問い合わせしていただいてよろしいでしょうか。お力になれず、申し訳ありません。

    2018-06-22 12:19 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    ラッキーバンクの遅延案件で売却に成功して満額償還が決まった案件があるとか、本当ですかね?
    本当なら少し希望がよみがえって来ました。
    あるブロガーの記事では、6月18日付の現状説明とかも。
    これも本当ならいいですね。
    私の持ってる遅延案件の「現況説明」は5月31日が最後です。
    まあ個別にちゃんと対応してるいうことでしょうか?

    2018-06-23 17:25 │ from 別の通りすがりURL

    現状ではなんともいえません。

    別の通りすがりさん、コメントをどうもありがとうございます。

    5chで394号が償還されたとの情報が書き込まれていますが、ツイッターやブログなどでは報告が無いようですね。本当だったらおめでとうございますですが、現状ではなんともいえません。

    私が投資しているファンドは213号ですが、同じく最後の現状報告は5月31日です。

    お力になれなくて、すみません。

    2018-06-23 22:42 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1404-8c6086c4